朝日新聞文化部?の竹田さをりという記者 2

相変わらず、うざい。
腹が立つのは、こういうものを書くために新聞を毎日チェックし、該当記事があれば切り抜いておかなければならないことだ。まったくの話、アンチもファンもやることに大差はない。
いつものことではあるが、叩くことさえ馬鹿馬鹿しくなるような気色悪い記事が多かった。引用部分に比べて、僕自身の文章は短めである。

2009.4.5 テレビ欄
フジテレビ系ドラマ「アタシんちの男子」評
「イケメンドラマファンは、もはやきれいな顔にうっとりするだけでは許されないのだ。本作では、貧困、ひきこもりなど若者をめぐる諸問題も扱う。(中略)
 ただ、ちゃんと男子のコスプレやサウナの場面もあり、安心。社会派にし過ぎて、これまで築き上げた女性視聴者の癒やしを壊してほしくないからね」

社会派ドラマじゃなくて、サウナのシーンで美少年の裸も見られてよかったね。

2009.7.7 テレビ欄
フジテレビ系ドラマ「恋して悪魔」評
「おおおー。中山優馬の、黒く強烈な瞳。これには思想信条や年齢、立場を超え、女性陣はまいってしまうぞ。なぜかイケメンドラマ枠が減った今夏、週に一度の楽しみはこれだ」
週に一度の楽しみがイケメンドラマ、てどんな生活だよ……。あと「女性陣」とか「女性視聴者」とか、他の女性を勝手に仲間扱いするのはやめた方がいい。

2009.7.13 テレビ欄
フジテレビ系ドラマ「ブザー・ビート」評
「かわいい色の入浴剤も好き。女手ひとつで育ててくれたママに朝食を作ってあげる。直輝の描写は誇張じゃなく、こういう子はホントにいる。いい世の中になったものだ。がんばれ直輝、女の子は待ってるよ」
だとしても、直輝はあんたの所にだけは絶対行かない。
フジテレビ御用達だなしかし。

2009.7.19 テレビ欄
NHKスペシャル「マネー資本主義」評
「小難しそうな題だが、恐れることはない」
イケメンドラマが枯渇した結果、ついに小難しそうな番組を渋々担当である。多少難癖気味に言うならば、マネー資本主義というタイトルは小難しくもなければ恐れる者もいない。

2009.8.8 テレビ欄
フジテレビ系ドラマ「オトメン」評
「今度は乙女の心を持つイケメンの登場だ。武道に通じながら料理も裁縫も得意。カワイイものが好きで、控えめな気配りの人。日本男児と大和撫子の美点をミックスしたような男子だ。(中略)真の男とは、こんな子」
イケメンかどうかという一点しか評価基準がないくせに、カッコつけやがって(笑)

2009.9.4 テレビ欄
フジテレビ系ドラマ「ホストの女房」評
「ホストクラブは、何も知らないのに他者にレッテルを貼る人、つまり、自分のことしか知らない人に攻撃されてきた。『米粒ひとつも女性のお客様にいただいたお金』が信条の事業家なのに、女相手の商売だ、と軽くみられる。一部の悪質店を例にされて日陰者扱い」
日本語として破綻しているような妙な文章だが、内容の方もそれに劣らず奇怪だ。ホストクラブに悪質というレッテルを貼るのは間違いで、そういう人は真実を知らない、と言っているらしい。要は、ホストクラブを全力で支持・擁護している。
まあ僕はホストクラブの実態を知らないから、反論する材料はない。竹田氏がどんな経験を元に「ホストクラブは善である」と断言し、そう思わない人を「自分のことしか知らない」とレッテル貼りするに至ったのか。推測はできるが、真相は分からない。

2009.9.22 テレビ欄
テレビ朝日系「たけしの本当は怖い家庭の医学」評 ★全文
「母が『血管若返りには塩分抑制だ。しょうゆの代わりに』と酢を置いていったが、酸っぱいのは苦手なので無理だった。妹には歯医者に拉致されそうになったが保険証を忘れたふりをして逃走。腹がつかえて甥の三輪車に乗れない私。
 今回のテーマ、血管・歯・内臓・筋肉の若返りに興味しんしんだが、ゲストたちの健康法はハードル高し。この人たちは見られるのが商売だからがんばるでしょう、とイジイジ。ラー油の容器を使えばしょうゆは少なくてすむ、とか。歯磨きは下手でも野菜たっぷりの食事なら自然に歯が磨かれる効果がある、という話にホッとする。この種の番組に定番『イスを使っての簡単な運動』も、今度こそ続けたいもの。3歳の甥が成人するまでは生きたいからね」

あんたがデブで三輪車に乗れないという話を読み誰が喜ぶのか、ということを、一度真剣に考えた方がいい。公共の場で私生活の些事をグダグダ書くことが許されるのは、筆者が人気者の場合のみ。テレビ欄の責任者の人、ちゃんと原稿のチェックをして下さい。日記がまぎれ込んでます。

朝日新聞文化部?の竹田さをりという記者1
朝日新聞文化部?の竹田さをりという記者3
[PR]
by sakichi_i | 2009-10-28 00:18 | その他 | Comments(15)
Commented by Koo at 2009-11-01 18:54 x
いやここまで書かんでも・・・・(笑)
Commented by sakichi_i at 2009-11-01 20:01
キツかったでしょうかね(^_^;)
正直途中から、少々アホらしくなってきまして。
Commented by Koo at 2009-11-01 23:03 x
気持ちはひじょーーーにわかります(笑)

僕も和田アキ子の悪口をどこかに無償に書きたくなる日があります。
全然違うかもしれませんが・・・・
Commented by sakichi_i at 2009-11-01 23:56
和田アキ子(笑)
僕自身は和田さんに何も思うところはないですが、多分ストレスのたまるのは脳内の似たような場所なんでしょう。
Commented by ゆきだるま at 2010-01-16 22:40 x
以前から竹田さをりさんの記事には「何?この軽薄な文章…」と不快にさせられ、
ストレスをためていました。
今回、1月15日のドラマ「宿命」の記事を読んで
もう我慢できなくなりました。
同じことを感じていた人がいたことにほっとしています。
朝日はなぜ彼女の記事を載せつづけるんでしょうか。
この人の記事を読むたびに、不愉快でなりません。
Commented by sakichi_i at 2010-01-17 14:20
ゆきだるまさん、初めまして(^_^)ノ
コメントありがとうございます。

あの人、世の中にかなりの数のアンチを生んでいるようですね。著書も出していないような一介の新聞記者がそれほど嫌われるというのは、僕の知っている限りでは他にありません。
あたりさわりの無いものが多い新聞の番組紹介のなかで奇をてらうのも一つの手だとは思いますが、もう少し人材を選ばないとねえ……。僕が思いますに、T女史の自己顕示欲と文章の下手さはもはや直らないです。
Commented by かすみ at 2010-02-17 19:16 x
初めまして。
私も以前からずっと、この人は、なぜ新聞で自分を主張しているのか、不思議でたまりませんでした。書いている内容がアホ過ぎて、
「世の女性陣は~」と、あたかも女性の代表の様な口ぶりが不快でなりません。はじめて、企業にクレームというものを送ってしまいました。辞めてくれたらいいんですが。。
同じことを思っている人がいてくれて、本当に良かったです。この人のせいで、世の中おかしい・・と思ってました!
Commented by sakichi_i at 2010-02-18 00:18
かすみさん、はじめまして。コメントありがとうございます(^_^)ノ
あれだけ脂ぎった事を書きながら女性の代表ののような言い方をするのは、女性読者にとっては嫌なものでしょうね。ああやっぱり、という感じです。
Commented by のぶ at 2010-02-23 17:16 x
私もまず署名を見て、違う人の場合にのみ文章も見るようにしています。はやくやめてほしい。こっちが朝日をやめる方が先な気さえします。
Commented by sakichi_i at 2010-02-23 18:17
のぶさん、初めまして。
朝日をやめたい所まで来ましたか(^_^;)もしかすると朝日新聞の方では、T女史が嫌がられていることに全然気付いてないかもしれません。やめる前に一度苦情を送ってみることをおすすめします。
Commented by おくさま at 2010-04-08 11:11 x
はじめまして。
私もこの人の書く文章に違和感感じてました・・・。
どんな人なのかググってみたらこのブログがヒットしたのですが、同じように考えている人がいてほっとしました。
4月に入ってから、この人の文章掲載されていなかったので、もしかしたら異動?と喜びましたが、今朝の新聞に載っていたので、ぬか喜びでした~。
Commented by わさび at 2010-04-09 22:54 x
まさか同じ考えの人がいるとは・・・ 何歳くらいなんでしょうかねこの人? 結構いい年しているだろうに、女子力とか書いているのを読むと吹き出しそうになります。 朝日やめたいな・・・
Commented by sakichi_i at 2010-04-11 00:50
>おくさまさん
初めまして、コメントありがとうございます(^_^)
基本的には「イケメンドラマ」担当のようですので、そういうドラマが少ないと登場回数が減るようです。そういう時は、不本意そうにきまじめな番組の記事を書いているのを見ることができます。


>わさびさん、コメントありがとうございます(^_^)
あの女史の場合、どさくさにまぎれて自分も「女子」のうちに入れてほしいようです。仮に世の中に「女子力」というものがあるとしても、アンタはその中には入らんよ、と言いたいです。
Commented by 左右田一 at 2011-12-19 17:32 x
僕もこのバカ女のとてもじゃないが全国紙に乗せるレベル達していない妄言珍言の数々に違和感を感じていました
僕が気付いたのが2000代に入ったあたりからですが、このバカ以外にも中村真理子とかいうブス女(予想)や西なんとかとかいうアホ男の文章もひどい物でした
朝日のテレビ欄はどうしちゃったんだろう。
90年代ぐらいまでは冷静な文章で番組を紹介し、最後に物足りなかった部分に苦言を呈すといった定型ができていて、その頃はまともだった気がするが。。。。。
Commented by sakichi_i at 2011-12-20 15:42
左右田一さん、初めまして。コメントありがとうございます。
竹田さんが朝日新聞のテレビ欄から消えて、もう1年半以上。いまだにコメントをいただくことに、あの方が読者に与えた印象の強烈さというものをしみじみ感じます。
中村という人や、西なんとか(笑)という人もいたんですか。竹田さんの印象があまりに強烈だったせいか、気がつきませんでした。


<< NBALPBBI オバマ氏のノーベル平和賞受賞に関し >>