トラックバックの使い方

先日書いたbjリーグに関する記事に、seablogさんの『SEABLOGスポーツ』からトラックバックをしていただいた。
このブログを拝見して、ちょっと気になることがあった。

「トラックバックありがとうございました」という内容のコメントが数十個もついている記事が多くある。
ということは、当然ながら少なくともそれだけの数のブログへ同じ記事からトラックバックを飛ばしたのだろう。

『エキサイトブログ入門』によると、トラックバックの意味するものは以下の通り。
「ある記事を読んだ人がその記事に関する自分の意見や感想を自分のブログで書いたとき、その元の記事に“トラックバック”することで、『あなたのこの記事を読んで、私はこんな新しい記事を書いてみましたよ』とお知らせすることができるんですわ。つまり、ブログ全体にではなく、個々の記事に『これと関係のある記事を書きましたよ』と通知するリンク、とでも言えばええんかいな?」
(関西弁は原文のまま)

だから、その元記事のブログに長々とコメントを書く代わりに自分のブログからTBを飛ばす、とも言える。
一つの記事からあまりにも数多くのブログにTBをすると、誰のブログの記事に関してその記事を書いたのか、よく分からなくなってしまう。
同じテーマの話題でも、書く内容は人によって違う。
30、40もの数のトラックバックをするということは、それだけの数の記事の共通項、最大公約数の内容について書くことになる。
となると結局のところ、個々の意見、主張をそぎ落としたもの、単なる「~~があった」という事実しかほとんど残らない。
それなら、Yahoo!やMSNなどニュースサイトの記事にリンクする方が自然であろう。

それから、同じテーマについて書いている記事を、一つ一つのブログをていねいに読みながら30も40も見つけるのは非常に時間がかかる。
違っていたら大変申し訳ないが、おそらく検索エンジンで拾っておいて、そこからピックアップしたのではないかと思う。
このやり方も、先に挙げた『エキサイトブログ入門』の説明中にある「あなたのこの記事を読んで、私はこんな新しい記事を書いてみましたよ」ということを知らせる、というTBの主旨からすれば、外れていると言わざるをえない。

まあ「トラックバック本来の使い方」といってもそれが宣伝されているわけでもなし、知らない人がいても仕方がない。
『SEABLOGスポーツ』の件も特に悪意はなかろうし、TBされた相手がとくに迷惑をこうむるわけでもない。
しかしああいうTBの使い方はあまり有効ではないな、と僕自身も思ったのでこれを書いた。
[PR]
by SAKICHI_I | 2004-11-30 23:58 | その他 | Comments(2)
Commented by SEABLOG at 2004-12-16 16:41 x
ご意見ありがとうございました。記事を書くのにいろいろな方の意見を参考にさせていただいています。データが詳しかったり、他の方と見方が違ったり。読ませていただいた方の全部が記事に反映しているかどうかはわかりませんが、読ませていただいたことで記事を書く参考になっていますのでお礼の意味も込めて読んだほとんどの方にトラックバックさせていただいています。貴殿にご迷惑をおかけしたとしたら申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願いします。
Commented by SAKICHI_I at 2004-12-16 19:42
SEABLOGさん、コメントをありがとうございます。
まず、記事の中では「検索エンジンで拾っておいて、そこからピックアップした」と書きましたが、そうではなかったとのことで、これを訂正しお詫びいたします。申し訳ありません。
さてトラックバックの使い方についてですが、以前から自分の中にあった「TBとはこういうもの」と少々違うな、と思ったのでこの記事を書きました。私見では、TB先が多ければ多いほど一つ一つのブログに対する関連の濃度は薄まるのではないか、と思っております。
しかしそれはどうするのが正しい、ということではありませんね。TBの使い方はそれぞれ違う、ということでよいのではないかと思います。


<< Glenn “underdog... 命がけのバスケ >>