アフリカの子供達は、そもそもクリスマスを祝うのか?

NBAと関係ない話。
キリスト教祖の誕生日が近づき、バンド・エイドの“Do They Know It's Christmas ? ”とそれに引きずられてUSAフォー・アフリカの“We Are the World”がラジオでよくかかる季節になった。
言うまでもなくこの二つは、英米有志のミュージシャンによるアフリカの飢餓難民救済のためのチャリティ・プロジェクトだ。
音楽的な陳腐さもさることながら、曲の雰囲気がかもしだす、どうしようもないうさんくささ。
この二曲がラジオでかかるたびにそれを常に感じながら、どうもうまく言葉にできずにいた。
今日、他の事を調べていて、偶然これに対する解答を見つけた。
jabberwockさんの『HERIKUTSUなる日々』というブログの、こちらの記事。

チャリティーコンサートの限界と可能性

引用させていただくと

1.アフリカ(に限らず)さまざまな不幸の源には、「富の偏在」という問題が背景にある。
2.持てる者と持たざる者、それは決して努力の差ではなく、アンフェアな競争による(どこに生まれたか、誰の子供に生まれたか)。
3.人類が解決しなくてはいけない根本的な問題というのは、この「富の偏在」という問題のはずではないか。
4.ところが、「飢餓」という個別の問題を抜き出して「持てる者」から「持たざる者」に支援し、赤チンを塗るように当座の問題は解決したとしても「富の偏在」は何も解決しない。
それどころか慈悲深い顔をして施しをする「持てる者」たちをより高貴で素晴らしい存在として演出し、より「富の偏在」を固定化することに役立つ。
5.「アフリカの飢餓」という問題一つをとっても、東西、南北、さらには、アフリカ各国内、国内におけるさまざまな犯罪性のある問題があるわけで、「民間の善意」による赤チン療法は、それらの犯罪性を見えなくする。


非常に明快である。
ご本人はあとで「考えを幾分修正した」と述べられているが、チャリティというものの本質をついたすぐれた分析であろうと思う。

jabberwockさんの記事でも少し書かれているが、問題はそっから先だ。
チャリティが嫌いなのはいいとして、じゃあアンタは何ができるの?
善意で問題が解決しないなら、その根本的な問題点を真に解決して「ほどこし」自体が不要になるために、アンタは何かしてんの?
と聞かれると、何もしてないわけだ。

であるから、僕はチャリティは嫌いであるけれども、そのことを大きな声では言えん。
ただまあ、言い訳にはなるが、チャリティというものが結果的に、社会的にマイナスの役割を果たしてしまっている(全面的にではないにしろ、そういう面がある)という認識は広げた方がいいと思う。

さらに本音を言えば――本音を言うことが常に最適であるとは限らないが――勘弁してくれという気持ちもある。
確かに僕はアフリカ難民の人達と違い日々の衣食に困ってはいない。
だが、日本という国の中で比較すれば特に物があり余った生活をしているわけではない。
むしろ俺に募金してくれ。「俺募金」を作ってくれ。
……とまあ、思わないこともない。

ちなみに、現在新潟中越地震での被災者に対して行われているような義援金の場合は、少々事情が異なる。
地震というのはアフリカ飢餓のような「現在進行形」の問題ではなく、すでに起こった過去のことだ。
これへの理解を広げようが広げまいが、地震が起きたという事実は変わらない。
だからこの場合は屁理屈は大して役に立たず、実際に復興に役立つ物・金だけが有用だ。

さてところで、USAフォー・アフリカ等と対照的なプロジェクトに、The Artists United Against Apartheidというものがあった。
これはチャリティではなく、南アフリカで当時おこなわれていた人種隔離政策を糾弾し、それに反対することを世界にアピールするもの。
音楽的にも非常にすぐれていた。
アパルトヘイトに対する怒りがエネルギーとなり、アルバム全体をパワーと鋭さに満ちたものにしていたと思う。
チャリティのような「助けてあげますよ」的ななまぬるさは無かった。
やっぱり僕はこっちの方が好きだ。
[PR]
by SAKICHI_I | 2004-12-02 02:46 | その他 | Comments(2)
Commented by ジャバウォック at 2004-12-02 08:49 x
ご紹介ありがとうございます&SAKICHI_Iさんの葛藤に共感いたします。

結局、良心と偽善を区別するのは「どんな世の中をつくりたいか」というイメージを共有できるかどうか、ということなのかなー、と、最近はよく思います。

しかし、言ってるそばから、私が大好きなU2のボノがバンド・エイドIIをするそうで、やんなっちゃう(笑)

また、来ます。これからも、よろしくお願いします!
Commented by 佐吉(SAKICHI_I) at 2004-12-03 00:40 x
ジャバウォックさん、コメントありがとうございます。トラックバック元がNBAのサイトだったので驚かれただろうと思います(^_^;)
基本的にスポーツのブログなんですが、ジャバウォックさんの記事を偶然見つけてコレダ!と思ったのでTBさせていただきました。
ボノですが、昔から政治的メッセージを発することを遠慮しない人ですが、結構みさかいなく色々参加していますねえ(笑)。果たして深く考えているのだろうかとちょっと思ったりします。


<< 適当書きなぐり Glenn “underdog... >>