不買運動をしたい

もともと僕はこの漫画家の漫画が嫌いなので買ったことがないが、できれば他の人にも買ってほしくない(笑)と思うような話である。
Yahoo!ニュースとその元ネタのネタりか記事より(一部略)

佐藤秀峰、出版社にブチギレ!! 『ブラよろ』カバーイラストをボイコット

『海猿』『ブラックジャックによろしく』で知られるマンガ家・佐藤秀峰。『ブラックジャックによろしく』が「モーニング」(講談社)から「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)への移籍するてん末などを公式サイトで暴露してきた彼がまたしても出版社との確執を暴露。今度は、現在「スピリッツ」に連載中の『新ブラックジャックによろしく』のコミックス第9巻の表紙であるカバーイラストを描くことをボイコットしたという。佐藤は公式サイトの日記でその理由を次のような点だと指摘した。

「担当の編集者に『○月○日に、デザイナーとアートディレクターのスケジュールを押さえてあるので、その日にイラストがないと単行本の発売が遅れる』と言われたこと。約束の日にイラストを仕上げたけど、編集者が自分で言ったスケジュールを覚えておらず、デザイナーさんとアートディレクターさんのスケジュールを押さえていないばかりか、原稿も受け取らなかったこと。その結果、原稿を描く気が起こらず、雑誌の連載原稿の締め切りまでも落としてしまったこと。そもそもカバーイラストは原稿料がもらえず、仕事ではないこと、だからカバーはもう描かないこと...」

 宿年のわだかまりに加え、締め切りを自ら忘れる編集者のズサンさに辟易してしまった佐藤。さらに「カバーイラストは描いても原稿料は出ないし、単行本は出版社の商品であって、僕の商品じゃないので、なぜ他社の商品のために無償で絵を描かなくてはいけないか理解できません」と綴り、単行本のカバーイラストは描いてもギャランティーが発生しないことを暴露。

 出版社は表紙として雑誌掲載時に扉絵にカラーを付けて、カバーとしての流用を提案するも、佐藤は、「カバーイラストとしての原稿料を欲しい」としてこれも拒絶した。単行本を"他社の商品"と断言し、切り捨てようとしている様子だ。さらに彼のこの決断は"家庭不和"にも発展し、『ムショ医』などの作品で知られるマンガ家で佐藤の妻である佐藤智美と大喧嘩が勃発したという。佐藤は日記で以下のようなバトルを繰り広げたことを明かした。

妻「編集さんへの当てつけとは言わないけど、読者のことを考えたら、そんな判断にはならないよ。読者と編集者と、どっちを向いてるのよ?」
佐藤「読者に決まってんだろ...。そこがどうでもいいんなら、講談社から連載を移籍した時点で、とっくに漫画なんて、描くのをやめてるよ...。最後まで、読者に物語りを届けなければいけないと思ったから、見苦しくても描き続けてんだろ...? 小学館も講談社も変わりなんかないよ。あいつら、レ○プしといて、『オレが女にしてやった』って言うような奴らだぜ...」
妻「イラストの1枚くらい描きなよ。」
佐藤「1枚くらいって思ってるんでしょ? 編集者と同じことを言うんだね...。」
妻「他の漫画家さんだって、全員、タダでカバーを描いているじゃない...。あなたのやってることは、その漫画家さん達の行為を否定することでしょ? タダで絵を描くヤツはバカだって、言ってるのと同じよ。皆に嫌われて、お金の亡者だと思われるだけじゃない...。」
佐藤「じゃあ、どうすれば描けるんだよ...? 無理矢理、カバーを描くことは出来るかもしれないけど、そしたら、オレはもう、漫画は1枚も描けないよ...。 『たかが、イラスト1枚くらい』って言われることが、どんなに傷つくか想像できないの...? 『減るもんじゃないんだから、一発くらいやらせろ』って言われて、股を開ける? 濡れるの!? オレはせめて、お金をもらってやりたいね!」

 長年連れ添い、同じマンガ家として互いの心情を理解し、苦楽を共にしてきた夫婦が故に、双方涙を流し、慟哭しながらの激論となった二人。最終的には、佐藤がボイコットに至った真相をすべて記すことで、妻も引き下がったという。カバーのギャラが出ないことに佐藤は「新人はお金の交渉は出来ないし、売れた漫画家はカバー代なんてもらえなくても、儲かってるから出版社とケンカしないし、『お金が発生しないのはおかしい』って、誰が大声で言えるんだよ...?」と問題提起。


表紙イラストにギャラがないのが事実だとすれば問題だし、同情するが、それをこのような形で糾弾するのは間抜けだし、反感を買うだけだ。
この記事ではちょっと分かりにくいが、どうやら佐藤氏はいったん第9巻の表紙を描いたらしい。それを編集者が手違いにより受け取らなかったことに激怒し、その後も絵を渡すことはしなかったのだろう。最初の段落で「第9巻の表紙であるカバーイラストを描くことをボイコットした」と書いてある。
さらには連載原稿まで(多分途中から)描かなかった。その理由は、原稿を描く気が起こらなかったこと(笑)である。
従って結果として、佐藤氏は短期間の間に二つの製品を自らの意志で作らなかったことになる。

どんな業種でも、製造工程が長く多くの人が関われば関わるほど、多くのミスが発生する。仮にそれが、他の担当者を激怒させるような致命的なミスだったとしても、生産を止めることは普通はない。なぜかといえば、最終消費者に対する責任があるからだ。生産者の間にどのような軋轢があろうと、消費者には関係がない。
例えば料理人であれば、ウェイターのものの言い方が気に入らないから料理を作らない、というようなもの。
あり得ない。自分で言うのもなんだが真面目に仕事をしている者から見れば、言語道断である。

表紙にギャラが発生しないなら、それには不満があっても仕方なかろう。しかし多分、コミックス8巻までは表紙絵を描いてきたのだろう。9巻作成の折に編集者がミスをしたことに腹を立て、あらためてギャラの件を持ち出すのは卑怯だ。文句があるなら表紙絵作成のはるか前に出版社と話し合い、解決しておけばいいのだ。解決を怠った点については、漫画家・出版社の双方に責任があると思う。

「カバーイラストは描いても原稿料は出ないし、単行本は出版社の商品であって、僕の商品じゃないので、なぜ他社の商品のために無償で絵を描かなくてはいけないか理解できません」
意味が分からない。単行本が売れるたびに印税が発生すると思うが。

奥さんとのやりとりも噴飯者。漫画を描くことと対価がある/なしの関係を、これだけ性行為とレイプにたとえる神経が分からん。これが女性にとってどういう印象を与えるか僕は分からないが、奥さんが旦那の恥になるかもしれないのにこれを日記(ブログ?)で公開したことからすると、相当なショックを受けたという推測もできる。

後に佐藤氏が評価されることがあるとすれば、世間で知られていなかったことを明るみに出したことと、漫画家の権利を主張したことだ。それが認められるためには、佐藤氏は他の多くの漫画家と団結し、さらにはそれを読者への義務を果たしつつやらなければならない。それができないなら奥さんの言うとおり、「漫画家さん達の行為を否定すること」でしかない。
[PR]
by sakichi_i | 2010-04-26 21:29 | その他 | Comments(0)


<< お知らせ 4/18、雑記 >>