「社交的な、明るいブログ」を目指すべきか?

bergerさんの「つれづれなるままに雑記」の記事
雑記: セキララ凹日記(其の一)
へトラックバック。

笑った。しかし耳が痛い。

果たしてブロガーは、ブログ管理人は、他のブログに積極的にコメントを書いたりトラックバックを送ったりして、「社交的な、明るいブログ」になるよう努力するべきなのだろうか?
それもひとつのあり方だと思う。
双方向性が、インターネットと他のメディアを根本的に差別化している要素だしね。

しかし、そうする「べき」かというと、ワタシャそうは思わん。

そもそも 「ブロガー」とはどういう人々か?
自分もブログ管理人だから、少し自虐的に書いてみよう。
ブロガーというのはそのほとんどが、
自分の書いたものを他人に読んでもらいたいという自己顕示欲の持ち主であり、しかもそれは他の掲示板に書くだけでは満足できないほどの大きさの欲であり、その表現欲がネット以外の実生活で満たされていないという恒常的なストレスがあり、パソコンの前に長時間座っても苦にならない程度の引きこもり傾向がある。
実際にそうであるかどうかは別として、一般的にはそう見られると思うんですわ。
それはブロガーも心理下では分かっている。
ぶっちゃけネット外で 「ブログやってます」とは言いにくい。

交流だけがやりたいんであれば、通常のサイトを作って掲示板を設置すればいいんです。
その方が 「交流」そのものには向いている。
ブログっつーのは、とにかく管理人が何か書かなければ始まらん。
管理人の表現欲が基盤なんすよ。
ぼくはブログというのはそういうもんだと思う。

だから、
「ブログなんかやってんの? 暗い趣味だね」
「いやいや、最近はトラックバックとかで他のブログとしょっちゅうやりとりしてるしね、社交的にやってるよ」

ネット内で他のブログを評する時に言うならいいとして、ネット外から見ればこういう言い分は片腹痛いと思うんですよね。僕は。

それより恐いのは、ネット内の関係を実生活の人間関係と同じレベルで考えること。
友人は少ないが、ネット内での知り合いは多いからいい――といった発想をすること。
このことの方が、「地味で自己満足なブログ」(←うちのブログか)をやっていることより、よほど恐い。

ブロガーの基本は、自己満足。
少なくとも実際にそうであれば、そういう人は開き直っていいと思うねワタシャ。
トラックバックもコメントも、必要な時、書きたい時に書けばよし。

ちなみにbergerさんの記事は冗談半分で書かれているので、こんなマジレスされて(´д`)nハァ?だと思います。
[PR]
by SAKICHI_I | 2004-12-15 01:56 | その他 | Comments(5)
Commented by berger at 2004-12-15 18:21 x
佐吉さん、こんにちわ。
まさかこのエントリーにトラックバックされるとは思っていなかったので、少々狼狽ぎみ。ヽ('Д`;≡;'Д`)丿

双方向性。
かれこれ10年近く片方向ネットライフを続けてきた私には、今尚憧れの言葉です。(´Д`;)
実はBlog始めた当初、双方向性に憧れて結構トラバしてたのですよ、ウチも。(しかし実際に縁も所縁もない記事からトラバされるようになると、トラックバックする難しさについては考えざるを得ませんね)
ただ、やっぱり人間時間が経つと本性が明らかになってしまうようで、今やそういったかりそめの社交性というか外向性はすっかり影を潜め、本来の内向性が炸裂しちゃってますね、ウチのBlog。
Blogというスタイルに助けられ幾ばくかの「双方向性」らしきものがかろうじて残っているだけという現状でも満足していますし、無理して外向性を高めるのはシンドイですし、自己満足大好きだし。
ま、自分にとってあるべき相応の姿に近づきつつあると思います。(リアルの自分を知る人からすれば、それが「相変わらず」と映るわけですがね)
おっしゃるとおり、ブロガーの基本は自己満足。
これは永遠不変の真理といっていいでしょうw
Commented by 佐吉(管理人) at 2004-12-16 01:31 x
bergerさん、こんばんわ(^O^)ノ
ぶしつけなTBをしまして、お困りになっただろうと思います(^_^;)
ブログのあり方……難しいところではありますが、双方向性を一義的に重視するならブログという形は必ずしも最適ではないかな、という気はしています。必要性ではなく、トラックバックそのものが目的と化しますと、自分の言及できる話題を探して何十ものブログをチェックすることになりますしね。
ブログが完全な自己満足に陥らない要件は、カウンターを設置しアクセスがあまりにも少なくなったらやめようという意志だと思っておりまして、見る人が0人でも書くよとなるとこれは手帳に書く日記と変わりません。読者を念頭に置いている、という時点で自己満足ではないと思っています。※自分の記事で「自己満足」と書いたのと矛盾しますが、これは「自己表現」と書き換えた方がよかったかもしれません。
Commented by 佐吉(管理人) at 2004-12-16 01:32 x
(続き)
例えばある小説を買ったとして、読者はその本がおもしろければよいのであり、作者が他の読者や出版社とどういう交流をしていようがあまり興味がありません。ブログにも共通する面があります。bergerさんのブログは、読み物としておもしろい。これだけで価値があると思っております。

※このコメントではbergerさんのブログにも言及しましたが、もともとの記事はご友人の言葉を自分が言われたらどうだろう?という設問をしてその答を書いたものです。
Commented by れっず at 2004-12-16 02:31 x
どうもひさしぶりです
さてブログがネットの双方向性をより実現させやすくしてるのはまあそうだと思うんですが
僕みたいにほとんど読むだけっつーもっと片方向な人間を作り出してるのも事実なわけなんですよね(w
ってわけでコメントなくても読んでる人はいるわけだから重荷にならない程度に適当に書き続けて下さいな。

ちなみに僕の知り合いはブログをアドもほとんど誰にも教えずマジ日記がわりにしてて
「それブログにする意味あんの?」って聞いたら
「だってブログの方が写真とか簡単に付けられるしいいじゃん」って言ってましたよ。
まぁ物の使い方なんて人によって千差万別いろいろあるってことですな。
Commented by SAKICHI_I at 2004-12-16 10:27
れっずさん、お早うございます。
僕が過剰反応をしただけかもしれませんが、だいたい僕もれっずさんと同じように思います。
書きたいものを書いているところに「もっとトラックバックしないと」といった指摘をされると、うーん、別にいいじゃないの(笑)という感じがします。
もっともTB自体は非常に便利で、有益な機能だと思っているんですけどね。僕も有効に活用したいと思います。


<< キャヴズ-ブレイザーズ戦のレポ... 壮大なる悪ふざけ >>