松本とかいう奴の件

朝のニュースを見て仰天。宮城県庁にヤクザが乗り込み、多くの職員やカメラが注視するなかで知事を脅していた……!
と思ったら、松本とかいう現役の大臣だという。絶句。

【J-CASTニュース 7月4日(月)20時2分配信】
松本氏は、2011年7月3日に就任後初めて岩手・宮城両県を訪れた。
 東北放送のニュース番組によると、宮城県庁を訪れた松本氏は、村井嘉浩知事が自分を応接室で待たせたことに腹を立てた。数分後に村井知事が笑顔で現れて握手を求めると、松本氏は、「終わってから」と言って拒否。村井知事が水産特区を要望すると、県がコンセンサスを得ないと国は何もしないと突っぱね
(補足。松本氏の発言は「県でそれコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。ちゃんとやれ」)、応接室で待たせたことをこう非難したのだ。
 「お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか、長幼の序が分かっている自衛隊なら、そんなことやるぞ!」
(最後の「そんなことやるぞ」は意味不明だが、多分「そうはいかんぞ」というような意味だろう)
 村井知事が自衛隊出身なのを指して言ったらしい。松本氏が身を乗り出して同意を迫ると、村井知事は、年下であることを意識したのか、「はい」と答えた。しかし、顔は引きつり、苦笑いを浮かべていた。
 さらに、松本氏は、最後の言葉をオフレコとして、報道陣を見渡しながら、「書いたら、もうその社は終わりだから」と威嚇した。東北放送は、この場面さえ流しており、脅しには安易に屈しなかったわけだ。
 その後、次々に他のマスコミが報道し始め、松本氏は、岩手県庁訪問でもきわどい発言をしていたことが分かった。
 達増拓也知事が仮設住宅を要望したのに対し、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」と指摘。さらに、「知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないヤツは助けない」「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」と放言を繰り返した。


人間として間違っている点が多すぎて発狂しそうだ。マジに殴りてえコイツ。

この暴言は、東北放送がニュースで流して初めておおやけになったらしい。ということは他の放送局は、松本の恫喝に屈したのか? 松本がやろうとしたのは報道規制。憲法違反じゃないか。全メディアが真っ先に取り上げ、糾弾すべきだろうが。

それと総理大臣。こんな奴、辞職させてどうするよ。絶っっっ対更迭。クビにするしかない。

この国の政府、メディアともこのレベルなのかよしかし……。
久々に、暗澹とした気分になった。
[PR]
by sakichi_i | 2011-07-05 15:37 | その他 | Comments(0)


<< 何が真実なのか ベストセラー、何冊か >>