接骨院という奇妙なもの

しばらく前に腰を痛め、接骨院というものに行ってみた。3軒ほど行ってみた。
どうもおかしい。この接骨院(整骨院)という業界は。

とにかく異様に愛想が良い。
院に入った瞬間「こんにちわ!」と従業員全員が大声で迎える。奥のベッドで施術中の人さえも大声を出す。帰る時は「お大事に!」とまたいっせいに声を出す。店を挙げての送り迎えである。その他の受け答えも、全て愛想が良い。そして元気がいい。
つまり病院と逆だ。病院では患者は金を払う方=つまり客でありながら、基本的に低姿勢。医者や看護婦は、まあ別に「治してやる」というような傲慢な意識を持った人が多いとは思わないが、それにしても患者に対してへりくだるようなことはない。

その愛想の良さは、施術中も続く。とにかく、ずっと話しかけてくる。そのうち気がついた。これは治療のためではなく、客(患者)と人間関係を作るために話しかけているのだと。なぜそう思ったかというと、話が治療のことではなく脇にそれても、話がはずみさえすれば喜んでその話を続けるからである。医者と患者の会話という雰囲気ではない。
ベッド同士は薄いカーテンで仕切られているだけなので、他の施術中の人々の話はよく聞こえてくる。極めて和やかな雑談ばかり聞こえてきたような気がする。ある日僕の横で施術していた二人は、90年代アイドルについての話がものすごく盛り上がっていた。

この事だけで、すでに不信感を持った。治療する所(病院ではないし、何と呼んでいいか分からん)がなぜ、本来の職務、つまり関節痛などを治す能力以外の部分で患者を引きつけようとする必要があるのか。それは、つまり治療する能力が低いことの証ではないのか。
こっちは痛いから来ているわけで、それさえ治してくれればいくら愛想良くされても別にもう来たくない。患者と人間関係を作り、リピーターにしようとすること自体がおかしい。何回も来てくれということは、早く治すということと完全に正反対ではないか。

おかしいと思うことはもう一つある。こういう所を一番必要としているはずの、爺ちゃんと婆ちゃんがいない。

これらの事を考え合わせ、以下のような推測をするに至った。
接骨院というのは患者の疾病を完全に治そうとはせず、むしろ引き延ばしながら、患者がずるずると何回も来院することを目的にしているのではないか……と。

そしてそのメインターゲットになっているのは、中年女性である。
施術師(柔道整復師という)は9割方男。20代〜30代前半の男性が多いようだ。そしてどうも医者らしからぬ、といっても医者ではないが、そういう感じのチャラい人がちらほらいる。一度、茶髪でロン毛の男性整復師に当たった。
上で書いたように院内の会話は、ほとんど筒抜けで聞こえてくる。中年女性の組だけ、会話の雰囲気が違う。何というか、女性の声に常に「ウフ……」という感じの喜びが混じるのである。
接骨院のマッサージは微妙な所を触るわけではないが、お尻や脚はしょっちゅう触る。それを嫌がる女性がいてもおかしくない程度に触る。従って、2回以上行っている女性は間違いなく、それを承知で行っているのである。
皆が皆そうだとは言わないが、若い男に触られたり話したりすることを主目的に、あるいは主目的ではなくてもそれを楽しみに接骨院に行く女性は間違いなくいる、と思う。

下の会話は、ネットで検索して出てきた知らない方のブログより。無断引用すいません。

そこで治療を受けていた私の隣のベッドから何やらおかしな会話が聞こえて来ました。
先生「僕、来週の木曜日、誕生日なんですよ。だから来て下さいね!」
患者「プレゼントは何がいいの?」
先生「会いに来てくれれば、それでいいですよ!」
患者「え~!本当にそれだけでいいのぉ~ん(甘い声)」


ホストクラブの会話である。施術師の誕生日が、なんで客に関係あるんじゃという話。
それから、整骨院のホームページでこのようなものがあった。
b0054053_18243463.jpg
(目線は左吉が入れた)
完全に、「僕らイケメンが奥様をお待ちしています」という構図。ここはさすがに、行く気が起きなかった。入った瞬間、「なぜ来たんだ」というような空気になってはたまったものではない。

さて、接骨院にこういう「プチホストクラブ」の実態があるとしても、それだけで声高に非難するのは難しい。男性向けにはもっと前から、そういう店がある。それから、体を触っていると言ってもさすがに性的サービスをしているわけではないから、違法でもない。
困るのはそれに、保険が適用されることである。つまり平日の午後、時間の空いた奥様がそんなに腰が痛くもないのにマッサージで気持ちよくなることに、血税が使われている。

実はそれは、国が禁止している。

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
単なる肩こり、腰痛などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
(厚労省のホームページより)

明確な疾病がなければ、保険を適用してはいけないのである。ところが現実には、「なんとなく腰が痛い」という患者に対するマッサージにも全て保険が適用されている。なぜそう言えるかというと、僕自身がそうだったからだ。すべての通院時にそういう状況で、そして常に保険の適用を受けた。初診で1000円を超えたのみで、あとは数百円の請求しかされなかった。
ただでさえ、とんでもない巨額となっている医療費。ここに「ただのマッサージ」が加わり、さらに問題は深刻化する。
接骨院は、気をつけて歩いてみると驚くほど多い。一刻も早く、社会問題化した方がいいと思う。

ちなみに似たような名前の「整体」は、保険がきかない。間違えて行くと、数千円をとられることになる。
[PR]
by sakichi_i | 2011-07-12 18:33 | その他 | Comments(16)
Commented at 2012-12-27 00:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2013-01-19 13:51
鍵コメさん、コメントありがとうございます。レスが非常に遅くなってしまい、申し訳ありません。正直言いまして、今日気付きました。

さてコメントの方ですが、内容的には鍵にして隠されるような事は何もないと思いますよ。鍵にすると手紙のような個人的やりとりになるわけですが、正直なところ整骨院程度の話題について個人的にやりとりしたいという気持ちはありません。
鍵を外していただければ、その時またレスしようと思います。

ちょっと気になったのは、慢性の腰痛で整骨院に行った時に、一回につき4~5千円払っておられますか? そうでなく千円前後しか払っていなければ、違法です。慢性の腰痛に、保険は適用されません。
Commented by スマイル柔整師 at 2014-01-05 11:23 x
興味深く読ませていただきました。昨年度は当業界の不正が頻繁に報道されました。当地方でも同様の接骨院があろうかと推察できます。昔から保険を使ったサロンだとも言われていますが、まじめに限定された保険扱いをしている院もあります。当院でも、「過去のケガに関しては、療養費の取り扱いができないので自費施術になります。」と答えて帰られた事例はたびたびあります。
Commented by SAKICHI_I at 2014-01-06 22:51
おお、本物の柔道整復師さんからコメントをいただけるとは思っていませんでした。ありがとうございます。
やはり整骨院業界でも問題になっているんですね。

ちゃんと法律にのっとっているスマイル柔整師さんのような方が損をするのは、どう考えてもおかしい事です。

腰痛の人は、ぜひそういう整骨院に行ってもらいたい。サロンと化している場では、何回行っても治りませんと言いたいです。
Commented by とおりすがり at 2016-01-22 12:49 x
こんにちは。ぎっくり腰の治療中で現在同様な経験をしておりまして、冒頭での違和感の部分に多いに共感いたしております、、、不気味ですよね、あの明るさ、、、。
意識しておらず気づいてなかったんですが、いざ治療が必要になり探してみると整骨院の多さのまあ異様なこと。なんと、同じ商店街の中に4軒、、と思っていたら本日5軒目があることに気がつきました。
なんだろうこの業界、と思って「整骨院 多い」で検索してこちらのブログがヒットしまして、同じ違和感を持つ人がやはりいるのだなあと思った次第です。
ちなみに私が今いっているところはじじばばも来てますので、まだマシなのかもですが無駄な愛想トークがやたら多いところとか、居酒屋並みのご挨拶は同じです。そして、腕前もイマイチで身体がピンと来ておりません。
保険が効かず割高ですが、以前に世話になった信頼できる個人経営の整体の方に診てもらおうと整骨院の予約はキャンセルしました、、。
ながながすいません、感じていた違和感がすでに言葉になって書かれており非常にすっきりしましたので思わず長文になってしまいました。ではでは。
Commented by sakich_i at 2016-01-23 14:12 x
とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
上のエントリーを書いてから接骨院にはまったく行ってないので分かりませんでしたが、やっぱり変わってないですか。
その後は自分でストレッチをしたりしていますが、腰痛は特に悪化するきざしはなく、むしろ良くなっています。全部がそうだとはいいませんが、結局接骨院ってのはその程度じゃないかという気がします。
Commented by 通りすがりの患者 at 2016-10-07 21:03 x
半年くらい前から通っている整骨院がありますが、通ううちに通院先の柔整師さん達がおかしいなと思いまして、ネットで色々見ていたらここに辿りつきました。読んでいて共感しました。
全国的にそのように異様な業界になっているのでしょうね。
治療者と患者は線引きするものだと思いますが、通っているある柔整師さんはプライベートまで関わっている話を堂々とされる、それも何人もいる様子で、、患者と友達になるなど、医療者はふつうしませんよね。医療者という自覚もないレベルの人なのだろうな、と。
患者さんから誕生日にプレゼント買ってもらうとも話してました。
ほんとに水商売と同じだと思いました。院長も忙しい時間しかあらわれません。
最近、柔道整復師さんの相談ホームページというものもあるそうで、そちらで話してみようかとも思ったり、、。
嫌なら通わなければ、という方法もあるのですが運動した後すぐ寄れて場所的に便利なので、まだ迷っています。他に良いところが見つかれば変えようかなと。共感者が沢山いるようですね。
長々と愚痴のように語ってしまいました、、。
Commented by SAKICHI_I at 2016-10-08 15:05
通りすがりの患者さん、コメントありがとうございます。
プレゼントをもらったり、プライベートでつきあったり、ですか。正直言いまして気持ちが悪いですね。やっぱりやってるのは医療行為ではなく、実態はただのマッサージ屋でしょう。

ぶしつけながらお願いしたいのは、できれば接骨院に行くこと自体を考え直すことなんです。施術のたびに税金が使われますから。
Commented by ゆき at 2017-01-26 20:35 x
整骨院て変ですよね。私は仕事柄整骨院の人とやり取りする事があるのですが、変な人が多くて、整骨院なんて絶対行かないと思いました。笑
Commented by SAKICHI_I at 2017-01-28 02:23
そうなんですか(笑)
まあ長くやっているほど、業界のおかしさを承知の上ってのはあるのかもしれません。
Commented by 熊野川の河童 at 2017-02-10 15:12 x
正直なところ病状を把握していない接骨院には行きたくないですね。
整形外科の院中には柔道整体師さんが在籍されている所もあるので、医師と連携を図っているような医院に行くべきだと思います。
Commented by SAKICHI_I at 2017-02-12 16:49
もうだいぶ前なので記憶が薄れましたが、僕の行った所でもありました。前回の担当者に言った事が引き継がれてないということが。
Commented by 名無し at 2017-07-13 00:55 x
読ませていただいて…まさに、そうそう、これこれ!と激しく共感いたしました。
こちらは痛みがあるから来てるのに、私は静かに治療を受けたいのに、ずーーっと途切れなく質問してきて、話し疲れました。その雰囲気はまるで、何かのおしゃべりサロン。そんなトークが苦手で黙ってると、しまいには「最近元気ないですね、最近のあなたは負のオーラがすごい」なんて責められ、足が遠のきました。
とても治療してもらえる雰囲気ではないです。また、おしゃべりに付き合わないからって、そんなこと言われる筋合いもない。奇妙すぎます。
Commented by SAKICHI_I at 2017-07-14 23:27
コメントありがとうございます。
「負のオーラがすごい」ですか。正直ちょっと笑ってしまいました。しゃべらないと責められるて、腹立ちますねしかし・・・
Commented by リナ at 2017-08-02 18:47 x
初めまして、コメントを失礼致します。

私も最近知り合った接骨院の受付事務をしている女性の接骨院に行きましたら私の肩こりの話を聞くや否や電気治療をされ、保険を提出させられました。
更に実費負担分(数百円)は無料と言われました。

驚愕したのは、この女性、後に一緒に食事をしている時に「院長は口が上手いから、これからも患者を騙していくんじゃないかな」「接骨院はそういうところが殆どだから」と言い放っていました。

この女性、どうやら院長の恋人のようで、詐欺がまかり通っていると自身も感覚が麻痺してくるんだなと思いました。
Commented by SAKICHI_I at 2017-08-03 12:24
貴重な情報をありがとうございます。経営者だけでなく、従業員まで詐欺的商法であることを承知しているわけですね。
あらためてムカつく話です。さっさと打倒したいですねこんな業界は。


<< 湊かなえ『夜行観覧車』長めの感想文 何が真実なのか >>