柔道の、判定がくつがえったやつ

どうやら「ジュリー」とかいうものを置くようになったのは、かつてあった篠原大誤審事件のようなあやまちを二度とおかさないため、という「良心」かららしい。それにしても現システムはまずすぎる。

今回の柔道の試合を見てて、ジュリーという耳慣れない言葉をよく聞くなーとは思ってた。そしてこの「ジュリー」の指示により、いったん下されたジャッジがしょっちゅう変わる。試合を止めるし、選手に動揺を与えるし、見てるこっちも何を信じていいのか分からないし……と非常に不快に思ってたら、決定的な奴が来た。皮肉にも日本の海老原選手の試合の時に。

確かに誤審は、少ない方がいい。しかしビデオ判定を役立てようとするなら、それを徹底した方がいいのではないか? 畳の上に「仮の」審判を3人置く必要はないだろう。いったんジャッジをしておいて、それを取り消すという手順と時間が無駄だ。さらに、不快だ。最初から、例えば3人のビデオ判定員が3方向から見ればいい。畳の上の主審は、いわば試合の進行をするだけ。
しかしこれは、柔道の全レベルでやることは不可能。五輪のような大きな大会でなければ、何台ものカメラを用意できないからある。そうなると、例えば地域の小中学生大会でと大きな大会では審判システムが違うという、二重構造ができることになる。

大相撲では、ビデオ判定を以前からやっている。土俵上の行司さんは審判のように見えることをやっているだけで、審判ではない。勝敗の決定は、土俵の脇にいる審判委員がおこなう。僕が思うにこれは、相撲だから成り立つと思う。それぞれの取組につき一回しかジャッジをおこなわない。従って審判が協議をおこなうのは取組の後であって、プレイを止めるわけではない。

技術が発達して試合中にすぐに映像を見られるようになったことは、スポーツ界にやや混乱をもたらしていると思う。ビデオ判定の導入を全否定はしないが、上手いやり方で導入してほしい。
個人的にはジャッジは従来通り審判が自分の目でおこない、カメラの映像は審判技術の向上に役立てるのがいいと思う。
[PR]
by SAKICHI_I | 2012-07-30 16:19 | その他 | Comments(0)


<< とうてい前作には及びません 突進するベビーカー >>