関係ないんです

映像を見てないのでどんな雰囲気だったのかは知らないが、マツダスタジアムで不気味な事があったらしい。

金本、古巣に“恩返し”!広島の粋な計らいで特別セレモニー
試合前には広島サイドの計らいで、特別セレモニーが実施された。オーロラビジョンには入団会見や、史上7人目となったトリプルスリー達成時の瞬間、1000本安打など、懐かしの映像が次々に流れた。最後に「21年間 偉大な記録と夢をありがとう」のメッセージ。続けて東出、石原から花束を受け取った。金本の登場曲が流れる。広島の町全体が、地元英雄の引退を惜しんでいた。


この選手はうち(カープ)の選手ではないのだから、ねぎらってやる必要はない。ただの、敵のチームの一選手である。
まあ球団の方は礼儀を重んじるという建前もあるだろうから、多少の配慮をするのは分かる。分からないのは、記事によると「球場全体から『カネモトコール』が湧き起こった。」ことだ。ファンは球団の職員では無いのだから、別にセレモニーに同調する義務はない。

このことも含めて思うのは、カープファンは少々優しすぎるのではないか、ということだ。
CS争いの最も重要な時期に、8連敗するようなチームだ。しかも負け方が、ことごとく無惨。先発ピッチャーが1点とか2点で頑張っても、打線がまったく点を取れない。今季大して勝ってないピッチャーに、抑えられ続ける。ランナー二三塁になろうが満塁になろうが、いやむしろそういう時だけ、三振三振また三振。わざとやってんじゃないかと疑う。
応援団は応援をボイコットし、他のファンは球場に行かずスタンドをガラガラにするぐらい怒っていい。
まだCS争いが白熱していた時、ヤクルトの外野の選手が「抜けたら負けていたかも」という打球に飛びついて捕るのを、何回も見た。CSには、死にものぐるいになっているチームが出るべきだ。ヤクルトがふさわしい。
[PR]
by SAKICHI_I | 2012-10-01 11:57 | その他 | Comments(0)


<< 濡れ衣 この忌々しい、恐るべき貧打 >>