渋谷駅の出来事と人間の善意

b0054053_1431999.jpg

東京・渋谷駅で女性が線路に飛び込む 乗客らが電車を押して救助

東京・JR渋谷駅の山手線ホームで、力を合わせた乗客らの行動が、1人の女性を救った。
緊迫の証言と画像により、救出劇の全容が明らかになった。
線路に飛び込んだ女性を救うため、その場に居合わせた乗客らは、山手線の車両を横から押し、車両とホームの間に隙間を作り、そこから、駅係員が救助したという。


こういうのに文句つけるってのは性格が悪いとは思いますが……わたしゃ、単に集団心理が作用しただけっていう面も大きいと思いますね。要するに、他の人が押してるから押すだけ。参加しないとヤバい雰囲気があった、っていうね。

というのがつい先日、似たような場面に遭遇したんですよ。
僕が地下鉄に乗ってた時のこと。サラリーマンらしき青年が、発車ベルが鳴ってからあわてて出ようとした。間に合わず、電車のドアとホームドア両方に挟まれる。
その時はラッシュではなく、ちょうど椅子が埋まるぐらいの乗客が電車内にいた。その全員が、ノーリアクションですよ。挟まった時にガンッとデカい音がしたから、気づかなかったことはあり得ない。特にドアの両側の席にいた二人。脚を組んだまま、何も起きてないかのように一切を無視。
あのまま電車が発車してたら、まあ多分セキュリティが作動してそういうことはないんでしょうが、ホームドアと電車に挟まれて大変なことになったかもしれない。少なくとも、そういう想像のできる場面でした。

僕自身も結局彼を押さなかったので、偉そうに物を言える立場ではない。僕は彼が挟まった瞬間にハッとして、見た。そして「押さなきゃまずい」と思って腰を浮かし、躊躇した。その間にドアが開き、彼は去っていきました。
あえて言いますが、僕のように彼を見た人間さえほとんどいなかった。少なくとも、僕は気づかなかった。

いや自分のことが言いたいわけではない。言いたいのは、渋谷駅であったことで人の善意と勇気を過大評価するのはおかしい、ということなんです。誰かが始めなければ、だれもやらないんです。渋谷駅の場合は、駅員がホームにいた客に呼びかけたらしい。
自分も含め、火急の時に本当の勇気を出せるようにしたいですね。美談が本当の美談になるために。
[PR]
by SAKICHI_I | 2013-11-29 14:04 | その他 | Comments(0)


<< これでいいのか「サラダ」 特定秘密保護法案 >>