前から気になっていたこと:個人サイトの著作権表記

僕は日頃かなりキツいことも書いているが、さすがにこれは生意気すぎるんでやめようかと思った。
1年以上前から思っていたのだが、ずっと書こうか書くまいかと迷っていた。

どうでもいいと言えばどうでもいいことなんすが……
個人サイト、特に趣味のサイトで、以下のような表記をしてあるサイトがある。

著作権は○○に属する
無断転載を禁ず


一見当たり前のことのようだが、僕は時々違和感を感じることがあった。
まあ端的に言いますと、
内容がともなわないと恥ずかしい
ということなんすよね。

無断転載を禁ず、てのはコピペすんな、てことですわな。
それが「オイオイだれもこんなもん持ってかねーよ」という文章だと恥ずかしい、と思うんすよね……。

いやもちろん、無断複製自体は違法だし、マナー違反でもある。
やっちゃいけません。
それと、堂々と著作権を守るべき立派なサイトも多くある。
ですが、例えばあまり出来の良くない物を並べておいて 「取るなゴルァー」と四六時中目を光らせているみたいな……そういうのはどうも気恥ずかしさを感じてしまう。

で、まあ仮にそういう著作権表記を 「恥ずかしいもの」であるとして……あえてそれでも著作権を守る必要があるかというと。
僕はあまり無い場合が多いと思うんですわ。

例えば有料で配布しているものなら、その内容を勝手に流されると購読者が減るから、当然損害が出る。
企業のサイトは、どんなものであれ経済活動の一部としてやっている。
だが趣味のサイトっつーのは、もともと利益目的にやっていない。
利益が上がってないんだから、当然損もしない。
チラシをただで配布しているのに、通行人が箱から勝手に持って行くのに対しては「何すんじゃコルァ――」てか?
そらちょっとおかしいような気がするなあ。

次のような例は考えられる。
サイトの内容を書籍・雑誌などに無断で転載し、それが販売された場合。
この場合は明らかに経済的利害のからむ著作権侵害だ。
こうなったらこうなったで、出版社に賠償を請求すればいい。
「著作権あり」と明記してなくても、自分の書いたものなら著作権は発生してます。
ただし最初に作成したのは自分だという証明しなければならないが、これは著作権表記をしていても同じ。
著作権表記をするかどうかは、実は著作権には関係ないんですわ。

それとですな。
どんな分野のサイトであれ、情報なしにはやっていけない。
その情報を、各ニュースサイトから文章を借用してるサイトは非常に多いと思う。
当ブログでよく記載しているような、英文の直訳も厳密に言えば著作権侵害らしい。
なにより写真。
こりゃもう、明白な著作権侵害ですから。
ぶっちゃけ、NBAサイトの写真は99%ぐらいは大手メディアの写真の無断転載でしょ。
(「無断転載でしょ」とすましている場合ではない。当ブログもそうなのだから)

とすると、そもそも著作権侵害をとがめる資格が無いわけですよ。
多くのサイトが。

僕は別に、コピペ天国、無断転載万歳の状態を望んでいるわけではない。
だが「無断転載を禁ず」の文字は上のような状況をふまえた上で書かないと、やっぱり恥ずかしいような気がするのであった。

[PR]
by SAKICHI_I | 2005-03-07 02:35 | その他 | Comments(0)


<< ネギマニア(ただの日記) スカパーでSacrament ... >>