人を踏みつけて殺した豚と、小倉智昭

9月27日、東京・田端のラーメン屋で、体重120kgの豚が人間を踏みつけて殺すという恐ろしい事件が起きた。被害者は生きながらにして顔や腹を踏まれ、内臓を破裂させられて死んだ。内臓は、簡単には破裂しない。また何かの拍子に腹を軽く打った時さえ、痛さにしゃがみこんでしまうほど痛い。その内臓を死ぬまで踏まれた被害者の激痛、恐怖、死んでいく無念さは想像を絶する。
しかもやったのは人間ではなく豚である。なぜこのような凶悪な豚が今まで放し飼いにされていたのか、まったく理解に苦しむ。土佐犬につけるような首輪を付けて飼われるべき存在だろう。

さて今日もう一つ腹が立ったのは、フジテレビの番組「とくダネ!」の司会・小倉智昭だ。

(豚について)「体の大きな人というのは、それだけで威圧感がある」
これは、威圧感があるだけで実際には悪くない人間についていう言葉だ。ここで、ちょっとおかしいと思った。

「(被害者が豚の)荷物を置いてある椅子を引かなければよかった。引くにしても穏やかに、トラブルにならないようにすべきだった」(一字一句は覚えていないので大意)

被害者の方が悪いかのような言い方である。ありえん。事実上、豚の擁護だ。
別に放送時間を使って、豚を延々と糾弾すべきだというわけではない。それにしても擁護するのはありえん。考えられない。
小倉が豚の事件についてコメントしたのは、以上の2回だけだったと思う。しかしこれだけでも、小倉の人間性を疑うには充分だ。
失言ではない。うっかり言ってしまったわけではない。小倉の思考回路はわからないが、小倉の考え方から発している。何回聞かれても、恐らく小倉は同じ事を言うに違いない。

小倉にアンチが多いことは知っていたが、今まで関心はなかった。今日から僕も、アンチ小倉の一人になろうと思う。
[PR]
by SAKICHI_I | 2014-10-01 12:13 | その他 | Comments(0)


<< この世で最も、ありえない事の一つ 惨事 >>