見た

b0054053_0452853.jpg

STAR WARS Episode III - Revenge of the Sith

シリーズ第1作、エピソード4の次に良い。
とにかく映像がよくできている。
映像のすごさという点では今まで僕の観てきた映画のなかでは 『ロード・オブ・ザ・リング』 が最高だったが、 『エピソード3』 もそれに匹敵する。
コンピュータ・グラフィックの進歩の波に完全には乗り切れず、他の映画に少々遅れをとった感のあったスターウォーズ・シリーズだったが、最終作にしてまた映像技術の第一線に躍り出た。
文句をつけるとすれば、この映画の中でも最もすごいあの場面、あれは映画の構成上あの時間帯でよかったのかという疑問は残る。

アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーへと変貌するに至った過程、少々冗長ではあるがそれがこの映画のテーマなのだから仕方なし。
そこそこ納得できる過程にはなっている。

全体的にシリーズ中で最もシリアスで、暗い。
他の作品では戦闘シーンでも生身の人間を感じさせない、ゲーム感覚にあふれる映像だった。
エピソード3では画面に現れるのが全て架空の物体・人物であるにもかかわらず、どこかベトナム戦争や第二次大戦の映画に通じるようなリアルさがある。
というか、明らかにアメリカ海兵隊をモデルにしたような軍隊も出てくる。
映画自体のテーマがアナキンの暗黒面への転落という重いテーマであるため、戦闘シーンもそれに合ったものにしたと思われる。

キャストは悪くはないが特に良くもない。
ヨーダは相変わらずいい。
アナキンはあまり陰がなく、暗黒面に陥る青年のようには見えない。
オビ・ワンは運動神経の悪いジャック・バウアーのようだ。

前から思っていたのだが、宇宙で最強の戦士であるジェダイ/シスの騎士の戦いが、最終的にはライト・セイバーによる斬り合いに集約されるのはどうなのかと。
私らチャンバラは見飽きてるせいもあって、どーも迫力が感じられないのよね……。

エピソード1・2はスターウォーズ・シリーズにふさわしい傑作ではなかった。
だがそれも、『3』 に至る壮大な長編の前編・中編だったと思えば納得もできよう。

映画史上最大のシリーズの製作が終了した。
できれば、前言を撤回してでもよいから、エピソード7以降を作ってもらいたい。
ルーカスが監督をやる必要はない。
エピソード3を誉めた後でなんだけれども、ジョージ・ルーカスがプロデューサーとしてはともかく監督として現代最高の人物でないことは明白である。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-07-19 00:50 | その他 | Comments(0)


<< 2シーズンでファイナル7勝5敗... パット・ライリーはMIAのコー... >>