漫画家・永井豪のBJリメイク発言

どうでもいい事を書いていると、楽で楽で仕方がない(;´Д`)
人間、楽な方へ流れるのは簡単だ。

さて、Yahooで見かけたこの記事が気になった。
永井豪さん:ブラック・ジャックのリメークを描きたい 手塚作品語る
漫画家の永井氏が、講演会で語った話。

リメイクについては後に触れるが、次の発言にも驚いた。
「いろんな漫画家がいるが、私が手塚作品に一番似ている」
漫画家をランダムに100人ほどピックアップし、手塚漫画に似ている順に並べると、94番か95番目ぐらいになりそうな永井氏。
それを本人は 「似ている」 と思っているのだから分からないものだ。
確か手塚氏は70~80年代に、人間のエゴイズムを露骨に描写したドッロドロの作品を多く描いたそうで(僕はほとんど読んでいないが)、永井氏はもしかするとそれらの作品について言っているのかもしれない。

いずれにせよそれは、永井氏が勝手に思っているだけだからいいとしよう。
だが、リメイクの件は果たしてどうか。
「今後 『ブラック・ジャック』 などのリメークを描きたい」 とも話したとのこと。
手塚氏のファンの一人として申し上げたいのは、

( ´∀`)<断る

『ブラック・ジャック』 は言わずと知れた、外科医の漫画だ。
永井氏が 「血」 を好むことは、その作品群を見れば分かる。
だが永井氏は、血まみれで散乱する、寸断された手足の描写の中に、ヒューマニズムを貫くことができるのか?
もしできないとすれば。
切った張ったの、グロテスクなだけの 『ブラック・ジャック』 なんぞ読みたくもない。
もしできるとすれば。
ヒューマニズムの面をつけた永井豪なんぞ、気持ちが悪くて読めたものではない。

永井氏が外科医の漫画を描きたければ、新たに作ればいい。
申し訳ないが、『ブラック・ジャック』 は放っておいてもらおう。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-09-29 01:42 | その他 | Comments(2)
Commented by ドラ at 2005-09-29 08:21 x
最近、BJのリメイクが流行っているんですかね?手塚作品のリメイクと言う事では、BJではないですが、浦沢直樹さんの「PLUTO(鉄腕アトム)」が面白いです。全く原形を留めていなくて、精神だけ受け継いでいる感じです。
Commented by SAKICHI_I at 2005-09-29 11:17
>ドラさん
「PLUTO」はちらっとしか読んだことがないのですが、題字が手塚さんぽかったような覚えがあります。
>精神だけ受け継いで
これでしたら逆に、永井豪さんのBJも面白いかもしれません(笑


<< 戦慄する――と裁判長も言った事件 「仕事」 が主人公の漫画 >>