回答が来ました

ベスト8決定戦の試合順変更について出した抗議メールに、昨日(28日)の夕方回答が来た。

この度は2006年FIBAバスケットボール世界選手権大会公式ホームページへのお問い合わせありがとうございます。

試合日程に関しましては、3月15日に大会公式ホームページにて以下のように発表致しました。
・ベスト8決定戦・・・試合順はグループゲームラウンド終了後に決定
・準々決勝・5-8位決定戦・準決勝・・・試合順は未定
大会組織委員会としては、その後一切の変更等はしておりません。
詳しくは次のURLの「ファイナルラウンド大会日程」をご参照ください。
http://www.fiba2006.com/schedule/schedule_j01.html

なお、チケット発売窓口のe+(イープラス)より、e+(イープラス)のHP上での試合順表記について一部紛らわしい表現があったとの、報告が入っております。
お客様が、e+(イープラス)よりご購入されている場合は、恐れ入りますが、以下のe+(イープラス)ホームページよりお問い合わせ頂きますようお願い致します。
http://eee.eplus.co.jp/

2006年FIBAバスケットボール世界選手権
大会組織委員会事務局

ということで主催者側としては、「ちゃんとお知らせしていまちたよ」という態度で押すようだ。
公式ページを見ると、確かに15日付で試合順変更の告知が出ている。
となると、「大会日程」の方のページが修正されなかったのは単純ミスということらしい。

その単純ミスによりチケットを買った人々の間に混乱と失望をもたらしたことについては、主催者としては謝罪する意志はないようだ。
回答の後半でわざわざイープラスの不手際を挙げ責任転嫁しているのは、片腹痛いとしか言いようがない(ちなみにイープラスとしても公式ページの日程表の通りにしていたのだろうから、そもそも責任は無いとも言える)。
おそらく彼らとしては欧米風に、「謝ったら自らの非を認めることになる」と考えているのだろう。
従って彼らのこういう態度は簡単には変わらないと思われる。

ちなみのこの回答メールと寸分違わない文章を、掲示板で他の人が晒している見た。
同じ件に関する抗議が多いので、一律で同じ回答を送ったのだろう。

僕個人としては、そもそも買う前に試合順があることさえ知らなかったぐらいだから、基本的には抗議する資格が無い。
従ってこの件に関して文句を言うつもりでここに記事を書くのは、これを最後にする。
ただし当然ながら経過は気になるので、動向を見守っていく。

今はとにかく、アメリカ戦が見られないかもしれないこともさることながら、主催者に誠実さがないことが分かったことが、ひたすら残念だ。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-03-29 11:51 | その他 | Comments(2)
Commented by teshi-hi at 2006-03-29 23:06 x
その回答をみせていただく限り誠実さはまったくないですね。
まあ、バスケットに限らず、舞台、コンサートでも主催者サイドの対応は客を客と思っていないような対応をすることが多いと思います。
それって日本独特のものか、多くの国で共通するものなのかは分かりませんが。
世界選手権の場合、いい席のチケットはみんな関係者に流す、という空気の漂うホームページのコメントも読んでいたので、はじめから主催者に期待はできませんでしたけど。
Commented by 佐吉(SAKICHI_I) at 2006-03-30 10:32 x
>teshi-hiさん
本当に残念です。いったん買ってしまったら後は知らんというような態度ですねえ(苦笑)。こういう態度をとられますと、もしかして日程表が修正されなかったのは不注意ではなく故意だったのかと疑ってしまいます。


<< 嶋野百恵を救いたい チームUSAを見られるとは限ら... >>