スガシカオの恐ろしいまでの説得力

ミュージシャンのスガシカオがパーソナリティをつとめていたラジオ局J-WAVEの番組が、3月いっぱいで終わった。
この局でスガシカオの番組は、時間帯や番組名を変えながらかれこれ5年ぐらい続いただろうか。
僕は毎回聞いたわけではないが好きな番組だったので、終了するのは残念だ。

好きだった理由はまず、笑えたこと。
スガシカオの冗談はやたら可笑しい。

しかしそれ以上に感心したのは、シカオが真面目に語る時。
番組に悩み相談コーナーがあった。
リスナーの悩みに対するシカオの答えは、突き放すようでいて、実はものすごく現実的で合理的な解決方法を提供していた。
僕はそれが自分の悩みでないにも関わらず、いつも 「それがいいね」 と納得していたものだった。

以下その例を、覚えているものと、Podcastingのデータが残っていたものから。

Q.自分が何をやりたいのかが分からず、就職活動中ですが身が入りません。(男性)
A.「何をやりたいのか」ではなく「どう生きたいか」と考える方がいいと思います。何をやりたいか、例えば医者をやりたいとすると、医者になれなければもう駄目な人生か、ということになってしまう。すごく狭い道になってしまいます。僕は人の心に残る物を作りたくて、最初は建築家になりたかった。今こうして音楽をやっています。

Q.漫画家になりたいです。親には大反対されています。今が最後のチャンスのような気がするんです。チャレンジした方がいいのでしょうか。(22歳・女性)
A.僕はチャレンジすべきではないと思います。「最後のチャンス」と言っている割には今まで積み上げてきたものが少なすぎます。努力を重ねて、親を初め周囲の人を納得させる力をつけるべきです。その時チャレンジしても遅くはないと思います。

Q.親友から、父親がガンであると打ち明けられました。その子の力になりたいのですが、私ができることは何なのでしょうか(女性)。
A.基本的には何もしなくていいと思います。人間が他の人にしてあげられる事なんてほとんど無い。ただ、その子から何かリクエストがあれば精一杯それをしてあげること、その事を伝えること、それだけで充分だと思います。

Q.「白馬の王子」がどこかで待っているような気がして、なかなか理想の男性に巡り会えません。(女性)
A.「白馬の王子」が見える人と見えない人がいます。見えない人には、いくら目の前を白馬の王子が通り過ぎても見えないんですよね。

どうもうまく文章にできなかったが、実際に聞くとその説得力の強さにいつも驚いていたものだった。
いったいスガシカオの体のどこからああいう説得力のある言葉が生まれてくるのか、不思議に思うことがある。
真面目な事を語る時以外のシカオは、馬鹿で下品でいやしくてセコい、俗物の典型のような男だ(これはこれで面白いからいいのだが)。
僕が思うに、とにかくものすごく頭の良い人なのだろう。
何を言えば人を笑わせ、また納得させられるかが分かるのだろうと思う。

この人材を、ラジオが長い間放っておくことはないはずだ。
遅かれ早かれ、また番組を始めるだろう。
本人も、「ラジオが音楽活動の息抜きになる」と言っていた。
番組をやることが苦にならないようだ。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-04-09 00:04 | その他 | Comments(8)
Commented at 2006-04-09 08:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2006-04-09 20:02
(鍵コメの方へのレス)

>Tさん
そうだったんですか! おめでとうございます。
僕の知り合いにはアメリカへ移住した人が一人もいないので、(ネット上のお知り合いとはいえ)驚きました。
試合観戦の機会も多々ありそうですね。
今年のキャブスは期待できます。今の76ersは、去年の今ごろのキャブスの状況ですね(^_^;)
Commented at 2006-04-09 20:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-09 21:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2006-04-10 00:52
NBAファンはそういう状況ですか……。うーん少し残念です。NCAAの方が各街にチームがあるから応援しやすいんでしょうかね。
そちらにいらっしゃればいつでも観戦できるように思いましたが、いろいろ条件があるようですね(笑)。クリーブランドがあまり見どころのない街だというのは僕も以前聞きました。Rock'n'Roll Hall of Fameはけっこう有名なようですが。映画 『メジャーリーグ』 を見て以来、工業都市というイメージがあります。
MJがブルズを辞めて以来、この時期に応援しているチームがプレーオフ出場を決めていたことがほとんど無かったので、今年は気楽で嬉しいです。(^_^;)
Commented by SAKICHI_I at 2006-04-10 00:54
個人サイトのようですがこのようなページがありました。
http://www.medianetjapan.com/2/20/entertainment/mkfc/WWE2004/sv2004-1.htm
Commented at 2006-04-10 21:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2006-04-11 11:48
まだ雪が降っていますか……。そういえば緯度が日本よりずいぶんと高いですもんねえ。こっちではもう桜がほとんど散りました。
クリーブランド行きの件は僕には何とも申しあげられませんが、頑張ってください(^^;) とりあえず今季は、CAVSと76ersの健闘を祈ります。


<< 今の偽りなき心境 嶋野百恵を救いたい >>