またトラックバックの件

トラックバックは本来何なのか、もう知っている人の方が少ないのかもしれない。
先日たまたま見たブログに「TBとはブログの宣伝機能でして……」と書いてあった時には笑ってしまった。
本人としては決して冗談ではなく、本気でそう思っているらしい。

Aという記事がある。それを読んでこう思いましたという記事B。
このBからAに飛ばすのが本当のトラックバックである。
言ってみれば「拝啓 貴ブログの記事を拝見しました」で始まるような内容である必要がある。
同意の場合もあれば、反論の場合もあるだろう。
単に同じ話題を扱っているだけではない。

僕がTBというブログ特有の機能について何度も書くのは、できればその本来の使い方が増えてほしいと思うからだ。
だがこれについてしつこく書くのはやめておく。
一つにはこのブログで書いても焼け石に水であること。
もう一つは、TBを宣伝に使いたい気持ちが分からないでもないからだ。

ブログでも普通のサイトでも、いったん出来てしまうとあまり宣伝の手段がない。
見知らぬブログに乗り込んで「やあどうも!すごい面白い記事書いてます。見に来て下さい!」などとコメントするのは、恥知らずを通り越して馬鹿である。
ところがトラックバックを使えば、それがあまり違和感なくおこなえる。
だから、商業目的のブログは当然だろうが、その他の普通のブログもTBを使って宣伝したいのは分かる。
むしろこういうTBの方が一般化してしまったから、もはや是正すんのは無理ですな。

だが分からないのは、TBされた方がその発信元に対し礼をいう、という習慣があることだ。
もちろん実際にありがたい場合もある。
だが明らかな宣伝目的のTBに対し律儀に礼を言う方々。
いいかげん目覚めなさい。
一目瞭然なわけですよ。記事の下に
TBありがとうございました
TBありがとうございました
TBありがとうございました
TBありがとうございました
延々と同じコメントが続いているから。
まあ多分コメントを書くと自分のブログのリンクが相手の方にできるから、「宣伝返し」という意味もあるんでしょうな。
それにしてもねえ……ありがたくねーから全然。
宣伝の葉書を送ってきた企業にお礼の電話をするようなもんでしょ?
どうしても書きたいなら「TBさせてあげました」の方がいいんじゃねーのマジで。
僕もブログを始めたころは馬鹿正直に礼を言いに行ったものだが、最近は全く行っていない。

この宣伝TBを防ぐ方法はある。
exciteブログには、TB元の記事にTB先へのリンクが無ければ、TBを受け付けないようにする設定がある。
そういうTBはたいてい自分の宣伝が主でTB先の事は知ったこっちゃないから、リンクをつけていない。
ただしこれだと、宣伝でない、割とまともなTBもはじくことになる。

先日、求人サイトのTBが立て続けに三つも四つも来た時は頭にきて、一時このリンク無TBの遮断機能を使っていた。
僕にとって求人情報が必要なようで、要は無職みたいで何か格好わりい。
しばらくしてから遮断を解除したら、最初に来たのが
Tracked from 勃起不全(精力減退・ED.. at 2006-04-19 00:29 x
タイトル : 安全・着実に勃起不全(精力減退)を克服する方法を教えます

だった。
これも(略
いずれにせよトラックバックの扱いは難しい。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-04-25 18:35 | その他 | Comments(0)


<< NBAプレーオフ:個人的雑感4/28 CanCam三人娘を評す >>