人気NBAブログで騒動

「Go New York Go!」 というNBAサイトがある。
ニューヨーク在住の日本人ニックスファンの方のサイト。
非常に人気のあるサイトだ。

しばらく前にそのサイト中のブログに、管理人さんを手ひどく中傷するコメントがあったそうだ。
管理人さんはそのコメントに大きなショックを受けられ、会員制にする、アクセス規制する、最悪の場合サイトを閉鎖するといったことまで考えておられる。
この件は 「管理人日記」 というサイト中ブログで扱われているが、このブログには数日の間に管理人への励まし、この問題に対する意見などが大量に投稿され、ちょっとした騒ぎになっている。

この日記の8月5日の記事に対するコメントで 「佐吉」 というハンドルネームの人物が、サイトの管理人に対し全面的にではないが、ある意味批判的な事を書いている。
文章は皮肉っぽく、辛らつで、かつ(根拠があるのかないのかわからないのに)断定的。
「~~というだけのことですよ」 といった、相手を小馬鹿にしたような物言いを多用する。
要するに、僕の書き方に似ている。
案の定、その後のコメントで他の人に批判されている。喧嘩になっていると言ってもいい。
これでは、あの佐吉はFLYING HIGHブログの佐吉だ、と思う人がいても当然だろう。

あれはまぎれもなく、僕である。
どうせ隠しても分かる人には分かるだろうし、そうなったら逆にこっぱずかしいと思ってネット本名(笑)を使った。

反省としてはやはり、書き方がいつもの通り居丈高(^_^;)だったせいで、必要以上に反発されてしまったこと。
話の主旨とは違う部分で、意味なく喧嘩するのは避けなければならない。

それにしても、今回の騒動は意外だった。
僕はあそこの管理人さんに 「毒舌」 というイメージを持っている。
他人に対してそうなら(もっともこの場合、ニックスのGMや選手という、公的な人物に対してであるが)、自分に対する誹謗もドーンと来い、というタイプかと思っていた。
それが自分が叩かれたとたんにつらいです、やめたいです、て被害者キャラになる、てのはどうなんよ一体……。
よっぽど長い間、ひんぱんに誹謗されてるのだろうか?
それならやはり、日記で自分の個人的情報を書き続けたのはミスだった。
極端な話ではあるが、犯罪者から身を守るためには、管理人がどこの誰か分からない方がいい。

あのサイトの存続を願う方々、会費制を本気で考えた方がいいんじゃないですかねえ。
管理人さんの熱意がいつまで続くか、わたしゃ疑問ですよ。
ただ、多分大企業の管理職?の方で金銭的には困ってないだろうから、どれぐらいの額ならサイト運営のモティベーションになるか、見当もつきませんが。
[PR]
by SAKICHI_I | 2007-08-08 01:07 | その他 | Comments(5)
Commented at 2007-08-08 08:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2007-08-08 21:31
>鍵コメさん
そうなんですよねえ(^^;)
支持者の方々は「緊急事態」という共通認識から集団心理になり、なかなか落ち着いた話し合いになりません。僕のコメントがきっかけになり、親衛隊が盾を持って出動する、みたいな様相をていしてしまいました。
陰口のようになるのでこの辺にしときます(^^;)
Commented at 2007-08-09 08:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2007-08-09 23:12
>鍵コメさん
お気づかいありがとうございます(^_^;)
ご指摘同意ですね。大手メディアの日本語NBAニュースが非常に貧弱であるという状況のもと、あのサイトの価値は非常に大きなものとなっています。一個人にニュース供給の大きな期待がかかっているという現状が、いちばんの問題かもしれません。
とりあえず閉鎖とか休止のような事にはならないようで、何よりです。万が一閉鎖にでもなったら、あれよりさらに袋だたきになるかもしれん、とちょっと不安に思っていました(^_^;)
Commented by SAKICHI_I at 2007-08-10 01:48
何か書き忘れた、と思っていた事を今思い出しましたよ。大したことじゃないんですが。
我々2chに出入りしている者は、「我々」と言っていいのかどうかは分かりませんが、どーもあういう問題の深刻さがピンとこない。「それがどうしたの」とか思ってしまうんですよね(^_^;) その辺の、僕とあのサイトの閲覧者の方々の温度差が、今回のいさかいを起こす原因の一つだったかもしれません。


<< 騒動収束 Big Ticket head... >>