暦の上では、秋です。

こう暑いと、何かをしようという気力が根こそぎ抜かれていく。

40度
しかし秋、なのである。暦の上では。
最近あまり聞かないような気もするが、この時期になると多くのニュースで冒頭そう言う。
そしてこの時期に出すのは、暑中お見舞いではない。残暑お見舞いである。
人々の実感といくらかけはなれていようと、どうやら本当に、暦の上では秋らしい。

これらの不可解な習慣はすべて、8月7日が「立秋」であることから発している。
僕は以前から不思議に思っていた。
現実問題、8月が秋だと思っているような人間はいない。
なのになぜ、8月7日以降を秋と称するか。
ただでさえ暑いのである。
その上、秋です、だから本当は涼しいはずです、などと言われては不快感が倍増する。
「本当は涼しいはずです」と言うようなアナウンサーはいないが、言っているのと変わりがない。
あなたは本当は某国の皇太子でしたが、何かの手違いでしがない会社員をしています、と言われるようなもので、まったく根拠のない落胆を強要されることになる。
暑いですね、夏だから仕方ないですね。でよいのである。
余計な事は言わなくてもいい。

この際なので、調べてみた。
知っている人にとっては当り前の事なのだろうが、僕は知らないのだから仕方がない。
旧暦をもとにしているから太陽暦と季節がずれるのかと思っていたが、そうではないらしい。

「立秋」は「二十四節気」の一つ。
二十四節気は、古代の中国で成立した。
春分・秋分を基準にして1年を24等分し、それぞれに呼称をつけたもの。
春分、秋分、夏至、冬至など我々にとってなじみのあるものから、小満、寒路など聞いたこともないようなものまで、いろいろある。
春分・秋分というのは、昼と夜の長さが同じになる日のこと。
従ってカレンダーの方で太陰暦を使っていようが太陽暦を使っていようが、その年におけるそれぞれの二十四節気の位置は変わらない。
考え方としては、太陽暦と同じである。

古代中国では公式には太陰暦を使っていたため、同じ日付でも年によって季節が違った。
これでは農作の目安にするために不便なので、太陽暦的なものが必要となり、二十四節気ができた──ということらしい。
だから、二十四節気が現実にそぐわないのは、旧暦を元にしているからというわけではない。
二十四節気自体は、実質的には太陽暦である。

そして問題の8月7日、立秋。
これが間違っている理由──あえて間違っている、と言うが──は、ネットをざっと見たところだいたい以下のようなものが挙げられる。

一つは、二十四節気が成立した地域、当時の中国で発展していた黄河流域はかなり寒いこと。
10月8日は寒露、10月23日は霜降となっている。
文字通りだとすれば、日本の大半の地域よりずっと寒い。

もう一つは、「立秋」という名称自体に妥当性があるかどうか疑わしいこと。
立秋の一つ前の節気は「大暑」、7月23日。
となると、大暑=真夏の直後に秋が始まるとはどういうことか。
そして立秋の一つ後は8月23日、「処暑」である。
二十四節気自体が、立秋の後も暑いということを認めている。
それぞれの節気の名称は果たしてよく吟味されたものか、また実際の季節の移り変わりと照らし合わせて確認されてきたのか。
はなはだ疑問である。

そういうわけで、中国で何千年も前に作られた暦を、今の日本で杓子定規に大事にする理由はないのである。
当時の中国人もまさかこういう事になるとは予想しなかったに違いない。
ただ、夏至、冬至など二十四節気とあまり関係なく定着したものについては、今さら呼び方を変えるのは不便だ。
しかし二十四節気の一字一句にこだわって、節気が春だから春、節気が秋となっているから秋と称することは、まったく正当性がない。
意味が無いだけでなく、現実とそぐわないという点で有害でさえある。
テレビ局の皆さんには、今日からでもあらためて頂きたい。
[PR]
by SAKICHI_I | 2007-08-17 16:19 | その他 | Comments(0)


<< 広陵無念 騒動、余韻 >>