桃子事件

女子プロゴルファーの上田桃子さんのブログが炎上してると聞いて、すっとんで行ってきました!

ネットでざっと情報を拾ったところ、バレーやバスケットというスポーツの存在そのものを上田さんが馬鹿にしたとか何とか……?
これはバスケファンの端くれとして、ビシッと叩いてやらねばなるまい。

発言があったのは、7日にTBSで放映した「情熱大陸」という番組。
ニコニコ動画にアップされていた。
問題の部分は以下の通り。

上田 「自分は、あのー(笑)意地汚いというか何なのか分かんないんですけど、同級生とかでバレーとかバスケットとかしてる子が、不思議でしょうがなかったというか。先がないスポーツをなんでできるんだろう、と思ってて」
インタビュアー 「先がないスポーツ?」
上田 「プロっていうものが無いじゃないですか。どうしてそこまで頑張れるのかなあと思って。なんかずっと続けられる、それで、そのスポーツが仕事になるスポーツしかしたくないと思ってたし。じゃないと本気になれないと思ってたんですよ。私ゴルフを始めるときは 『絶対かせぐ』 と思ってたし、やるなら世界で通用できるようなプレイヤーになりたいと思ってたし。


うーむ……。
何が……問題なんすか?
腹立つかこれ?
つか桃子かっけぇええええ。
どんなスポーツでもトップクラスの選手てのは、気合いの入れ方が違うわ。
逆に感心する。
21歳かよ。
上田桃子さん、今までは名前を聞いたことがあるぐらいだったが、ファンになりそうだ。

実際に今学校でバスケやバレーをやってる子供達、彼らの親たちだとやっぱり腹が立つのかねえ。
まあ、いい気持ちはしないだろうなあ。
僕はそのどちらでもないんで、彼らの気持ちは分からない。
僕は学生の時は、ゴルフでもバスケでもなく、バスケよりも先のないスポーツ(笑)をやっていた。

職業として、今の日本では同じスポーツでもゴルフとバレー、バスケに大きな格差があることは厳然たる事実なわけで。
それを一スポーツ選手に指摘されたからといって今さらアタフタしてどうしますよ。
上田さんの場合、人生設計の一部としてスポーツをやるからには、ゴルフがいいと思った。
彼女の見地からすると、バレー、バスケ(だけではなく、将来経済的に大きな成功を望めないスポーツ)は、やる意味がないということになる。
事実そうなんだから、仕方がない。
単に、考え方、生き方の違いだ。
アマチュアとしてスポーツをやる人々と比べ、どっちが良い/悪いという問題ではない。

問題があるとすれば、各種スポーツ間に格差があることの方だ。
上田桃子は無意識のうちに、日本のスポーツ界を斬ってその断面を視聴者の前に晒したのである。
[PR]
by SAKICHI_I | 2007-10-09 03:01 | その他 | Comments(3)
Commented by ドラ at 2007-10-09 14:29 x
>21歳かよ。
もっと上かと思っていました。見た目は癒し系ですけどね。21歳、侮れませんね。
Commented by ドラ at 2007-10-09 14:41 x
訂正します。
>もっと上かと思っていました。
他の女子プロと間違えてました。年相応に見えます。
>見た目は癒し系
これも違った。誰と間違えたんだろう?顔は知っているけど名前が思い出せない。騒がしくてすいません。
Commented by 佐吉 at 2007-10-09 20:58 x
>ドラさん
癒し系。誰でしょうねえ(笑)。僕も女子プロゴルファーは3~4人しか知らないので、よく分かりません。
今回の番組で、初めて上田桃子さんの顔と名前が一致しましたし。


<< 桃子騒動を考えた 密約、否定される >>