戦慄

明治大学応援団の、いじめの話。

明大・元応援団員自殺、下半身裸にし暴行 ビデオ発見で再調査へ

「学生服の男子学生が下半身を裸にされ、バケツに入った熱湯と冷水に局部を交互につけさせ」た

どういう言葉で感想を表現すればいいのか、よく分からない。
あえて言うとすれば
「戦慄」
しかない。

この暴行を「イジメ」と呼ぶことに、妙な違和感を感じる。
考えてみて、思い当たった。
拷問だ。
学生が同じ学生に対しておこなうイジメの範疇を越えている。
この事件の場合、尋問をしているわけではないから、厳密に言えば「拷問」ではない。
だが残虐行為の種類から言えば、ナチス・ドイツや旧日本軍の拷問のイメージの方がよほど近い。

しかもこれを、ビデオで撮影していた。
告発するための証拠にしようとしたわけではない。
もしそうなら、加害者どもが黙って撮らせるわけがない。
加害者の一人が、被害者の屈辱をさらに増加させるために撮ったのである。
人間がここまで狂気に陥ることがある、ということも衝撃的だ。

なぜ被害者にあのような暴行が加えられたか。
最初僕は、女がらみの個人的な恨みかと思った。
さっき見たニュースステーションによれば、そうではなかった。
被害者の彼は、上級生が下級生をひっきりなしに殴るという応援団の体質に批判的だった。
自分は殴られても、他人を殴ることは決してなかったそうだ。
そのせいで、かれはイジメの標的にされた。

なんたる理不尽。

許せぬ。
社会的正義は、彼の側にあった。
応援団という狭い組織の中での、間違った伝統、間違ったルールには反していたかも知れないが、正しいのは彼だった。
それを一顧だにせず残虐な暴行を加えた団員ども。
……言葉にならん。
警察と検察は一刻も早く立件し、奴らに罪を償わせなくてはならない。

この事件を隠蔽しようとした、大学当局の罪は重い。
[PR]
by SAKICHI_I | 2007-12-26 00:45 | その他 | Comments(2)
Commented at 2007-12-27 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakichi_i at 2007-12-27 16:48
>鍵コメさん
そうだったんですかー。それは、うーむ、ある意味お気の毒といいますか、何と言っていいものか。
僕も一応体育会系の部に所属していたので、その強烈さは知っておりますが、この事件には絶句しました。僕はやはり、このような事件を二度と起こさないためにも、応援団の解散は必須だと思います。まだまだあると思うんです、全国の学校で「伝統」という名のもとでおこなわれている残虐な行為が。これからはそういうものが許されない、ということを示すためにも、明大応援団は解散すべきだと思います。


<< 1/17雑記 銃規制 >>