“You're gonna need a bigger boat”

アメリカ人俳優のロイ・シャイダー氏が亡くなった。
享年75歳。

シャイダーと言えば、映画 『ジョーズ』 のブロディ警察署長役である。
この映画の中に、僕が今まで観た映画の中で最も印象に残ったシーンの一つがある。
最初に見たのはテレビで、確か小学生の時だったと思う。

鮫退治のために、ベテラン漁師とともに船で沖へ出たブロディ署長。
署長は横柄な漁師にこき使われ、罵声を浴びせられ、ぶつぶつ文句を言いながら船尾で鮫のエサをまく。
「てめーの顔を見るぐらいなら、人食い鮫と顔をつきあわせてる方がマシだ――」
署長が船長に対する憎まれ口を言った瞬間に海面が二つに割れ、ドラム缶ほどの大きさがありそうな巨大な鮫の頭が、何重にも生えた牙の列のある口中を見せながら現れる。
鮫はエサである肉塊を数個まとめてガブガブと飲み込み、そのまま、その頭と同様巨大な波しぶきと波紋を残して、海中に消えてゆく。
署長、一言も発せず立ち上がり、そのままフラフラと後退し、船室へと入っていく。
そして横にいる船長に言うかのように、また独り言のように、つぶやく。
「…………この船じゃ、小さすぎる」

この、「この船じゃ、小さすぎる」 以上に署長の鮫への恐怖と、これから始まる壮絶な死闘への予感を表現する言葉は他にあるのかと、僕はいまだに考える。

そのシーンに衝撃を受けた僕は新聞のテレビ欄を見て、本当は見なくても分かっている 「スティーブン・スピルバーグ監督」 という文字を確認し、そしてその名を心に刻みつけよう、と思った。
僕の記憶の限りでは、それが映画において「演出力」というものが何か、ということを知った最初の瞬間だった。

この場面、当然ながら最もすごいのはスピルバーグであって、ロイ・シャイダーではない。
しかし、スピルバーグの演出力を凝縮したこの名シーンの中心に、シャイダー氏はいた。
冥福を祈る。
[PR]
by SAKICHI_I | 2008-02-11 21:57 | その他 | Comments(2)
Commented by ドラ at 2008-02-12 08:50 x
亡くなりましたね。合掌。皆さんは、きっと「ジョーズ」なんでしょうね。私はあまりに怖くてまともに見たことが無いので、音楽しか覚えてないんですよ。私にとっては「ブルー・サンダー」のロイ・シャイダーです。
Commented by 佐吉 at 2008-02-12 16:42 x
>ドラさん
懐かしい!「ブルー・サンダー」。ありましたね。あの映画、最後にブルーサンダーを貨物列車にぶつけて粉々にするんですが、貨物列車への被害をまったく考えてない(笑)。ちょっと無茶なラストだった、ということを思い出しました。


<< キッド→ダラスをディビアン・ジ... シャック→サンズ >>