<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

俺のコミックバトン

つれづれ The Next Generationのbergerさんより、コミックバトンをいただきました。
ヤッターッ ヽ( ^∀^)ノ
以前やったMusical Batonと同じように、リレー形式で漫画に関するアンケートに答えるものです。

1.あなたのコミックの所持数は?

多分100冊ぐらい。
半分以上は、コンビニ販売の廉価版のやつ。

2.今読んでいるコミックは?

「今読んでいる」 っつーと、多分連載を追っているもののことを言うんでしょうな。
ほとんど立ち読みだが、以下のものを読んでいる。

b0054053_17172092.jpg■医龍 乃木坂太郎/原案・永井明(ビッグコミックスペリオール)
手術シーンの緊張感がいいし、病院内のどす黒い権力争いも迫力がある。エゴイズムむきだしの、しわだらけの爺さんたち。魅せるねー。女性の絵もやたら色っぽくて良い。ヒューマニズムも偽善的じゃない。人の命を救うのはこれぐらい大変だっつーことだな。


b0054053_17174280.jpg■ラーメン発見伝 作:久保緑郎/画:河合単(ビッグコミックスペリオール)
料理の漫画のおもしろさのポイントは、美味しさの謎解きをした時に読者を納得させられるかどうかにあるような気がする。この漫画もそう。設定は「美味しんぼ」のパクリだが、結構おもしろい。


b0054053_17181764.jpg■闇金ウシジマくん 真鍋昌平(ビッグコミックスピリッツ)
この漫画はえげつないっス。いやいい意味で。「ナニワ金融道」 と同じ系列と言えるが、あれより情け容赦が無い。


b0054053_17262084.jpg■最強伝説黒沢 福本伸行(ビッグコミックオリジナル)
福本氏の漫画て、登場人物の思考過程に恐ろしいほど納得がいくんだよねえ……。時々読んでるこっちがつらくなるほど。この漫画は「カイジ」などとはタイプが違うが、その思考の結果がどうなるか、やはり気になる。


b0054053_17264633.jpg■弁護士のくず 井浦秀夫(ビッグコミックオリジナル)
物事には何でも表と裏があるが、その 「裏」 が明らかになる過程を描く漫画。毎回毎回、はげしく面白い「裏」です。ちょっとくずが洞察力あり過ぎのような気もするけどね。


b0054053_17271346.jpg■TOUGH 猿渡哲也(週刊ヤングジャンプ)
この漫画の格闘シーンの迫力はすごい。現実にはあり得ない闘いをしていながら、ウソっぽく見えるラインのぎりぎり直前で踏みとどまっている。格闘も漫画も、見きわめが非常に重要ですな。


b0054053_1728385.jpg■OL進化論 秋月りす(週刊モーニング)
可愛いし、おもしろいし。好きだ!



3.最後に買ったコミックは?

『ラーメン発見伝』 だったような気がする。

4.よく読む、または思い入れのあるコミック5つ

b0054053_17282941.jpg■美味しんぼ 作:雁屋哲/画:花咲アキラ
絵はおせじにも上手いとは言えず、話はイソップ物語的なめでたしめでたしのお決まりのパターン、そしてあの、一つとして滑らないものはない寒いギャグの数々。だが僕も、会社帰りの電車の退屈しのぎに、ふと気が付くと『美味しんぼ』を手にしていることが非常に多い。この漫画のいったいどこに人が惹かれるのか、という問題はいつかじっくり考えてみようと思っている。


b0054053_1729464.jpg■ブラック・ジャック 手塚治虫
これだけクオリティの高いストーリーを、一週間に一度、長期間にわたって生み出し続けたという事実に驚嘆する。連載することの苛酷さを手塚さんが語ったインタビューを、どこかで読んだ。その苦労のおかげで我々は不朽の名作を今も読むことができる。ありがたい。


b0054053_17303192.jpg■蒼天航路 王欣太/原案:李学仁
この漫画の3~15巻あたりは圧巻。「歴史を素材にしたSF」と言っていいほど人間離れした登場人物たちが縦横無尽に暴れ回る姿は、陳腐な言い方ではあるが、三国志の概念を変えた。ていうか俺は別に三国志じゃなく、『蒼天航路』 が好きなだけであるわけで。横山光輝の三国志なんぞ読まねえもん。


b0054053_17305892.jpg■風の谷のナウシカ 宮崎駿
宮崎駿がアニメーション作家としてはともかく、ストーリーテラーとして一流かどうかは分からん。だが 『ナウシカ』 を読んで思うのは、やっぱり宮崎さんにはこれだけの話が作れるということ。『となりのトトロ』 以降は多分自分のやりたい事をやってるだけで、観客に受けようという視点はあまり無いんだろうと思う。たまたま客は入っているが。


b0054053_17323480.jpg■SLAM DUNK 井上雄彦
スポーツ漫画というと、闘いが上のレベルになるに従いだんだんと技が現実ばなれしていくという傾向がある。だが『SLAM DUNK』 はあれだけのリアリティを維持しながら、かつバスケット競技の面白さ伝えた。今の井上氏は絵が上手くなりすぎて、少々絵のハッタリで魅せようとしすぎている。『SLAM DUNK』 の湘北×海南、湘北×陵南あたり、絵の上手さと話の展開のバランスがちょうどいい。

5.バトンを回す5人

「Musical Baton」 もそうだったが、5人は無理でちゅ(´З`)
ブログ宇宙は見える所までしかない、と思うのドラさんに打診しようと思っています。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-26 17:13 | その他 | Comments(2)

24・新シリーズ

ププッピプー

米国ドラマ 『24』 ・シーズンIVのレンタルが、来週末始まる。
もうすでに内容についての噂が流れ始めているが、見る前に別に何も知りたくない。
設定や事件のタイプがどのように変わろうとも、とにかくこのドラマは面白く作られている。
間違いない。
ただし一つだけ、見逃せない重要な変更があるらしい。

キムがいない。

b0054053_23465783.jpg
どっちかというと女っ気のないこのドラマで、ほとんど唯一のアイドル的存在としての役割を果たしてきたキムことキンバリー・バウアーは、シーズンIVでは登場しない。
「走る巨乳娘」 として名高いキム、シーズンIとIIでは薄着で走り続けた。
揺れ(略
ドラマそのものの面白さもさることながら、キムを見るために 『24』 を観るという男性ファンも少なくはないはずだ。
僕もその一人。
キムが出ないからには、金輪際 『24』 は見ねえ!

ということはないけれども、何にしても残念だ。
ただし、ドラマの中でのキムというのはけっこう微妙な存在だった。

『24』 では周知のように、現実の時間とドラマ内の時間の進行が等しいというのが大きな特徴だ。
言わゆるリアルタイム。
となるとリアリティを重視するなら、同じ人物をずっと追っていれば数時間おきに食べたり、寝たり、トイレに入るなどストーリー的に無駄な場面が出てくるはずだ。
であるから 『24』 ではいくつかのエピソードが同時進行し、それらが切り替わりながらドラマは進む。
こうすることで、食・寝などの 「無駄な」 場面がないことのつじつまを合わせているのだろう。

そのエピソードのうち本筋は当然、主人公ジャック・バウアーを追うストーリー。
キムが関わるのは、たいてい枝葉のエピソードだ。
しかし枝葉であるにもかかわらず(アイドルだから)登場時間は長い。
しかも親であるジャックにひっきりなしに電話をかけるもんだから、ジャックは娘のキムが心配で仕方がない。
特にシーズンIIではその傾向が顕著だった。
なのでシーズンIIのレンタルが始まってからしばらくは、『24』 関連の掲示板では
キムuzeeeee
キムいらね(*゚д゚) 、ペッ

などの書き込みが多発した。

ただしそれは当然ながらキムを演じるエリシャ・カスバートさんが悪いわけではなく、製作サイドの責任。
確かにストーリーへの関わり方は少々うっとおしいものがあったが、そのマイナス分を差し引いてもプラスになる魅力がキムにはあった。
今回の降板は残念だ、とあらためて思う。
シーズンIVは果たしてキムを上回るアイドルを用意できたのかどうか。
ドラマそのものもさることながら、この点も非常に興味深い。

それにしても分からんのは、どーもこの 『24』、そのクオリティに相応しい盛り上がり方をしていない。
「静かなブーム」 を越えるほどの人気にはなってきたと思う。
だが地上波では、深夜に2シリーズを放送しただけ。
ゴールデンタイムに放送すりゃ、黙ってても視聴率25%は行くだろ。
今日本で放送してるドラマは9割以上クズだから、ひときわ輝くだろうよ。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-23 23:51 | その他 | Comments(2)

花火の思い出

うちの田舎は、やたらと花火遊びの盛んな所だった。
小学校時代は、夏に限らず四六時中花火をやって遊んだ。
ただし他の学年のことはよく分からないから、もしかすると大して流行っていなかったのかもしれない。
花火と言っても、棒の先からきれいな火花のでるアレではない。
爆竹と、ロケット花火だ。
以下、花火にまつわる印象深い思い出。

(1)
神社の境内から、その日休んでいたクラスメートの家へ向かってロケット花火を打ち込んだ。
次の日その友人は 「うるさかった」 と言っていた。
その子の近所の家も、そうとう迷惑だっただろうと思う。

(2)
夏の間はとにかく、爆竹を投げ合って遊んだ。
片手に爆竹、片手に蚊取り線香(着火用)である。
勝ちも負けもない。
とにかく相手の近くで爆竹を鳴らすと、何となく勝ったような気がするだけだ。
音がうるさいと近所の家から通報され、お巡りさんに連れて行かれたことがある。

(3)
ロケット花火をミサイルに見立て、道路脇から車をねらって発射した。
近くで破裂してもほとんどの車は素通りするが、トラックに命中した時、怒った運転手が車を降りてこっちに向かって走ってきたことがある。
僕たちは脇目もふらず、ひたすら 「全速力、全速力」 と叫び続けて逃げた。
生まれてこのかた、あれほど恐ろしかった事はいまだにないかもしれない。

(4)
爆竹を何百個もほぐして火薬を集め、「爆弾」 を作ったことがある。
誰もいない中学校の校庭の真ん中に設置し、導火線に火をつけた。
この時もひたすら逃げた。
さらに物陰に隠れた。
ド―――ンと、小さな町全体に響き渡るような轟音が鳴り響いた。
しかし地面がこげただけで、小さな穴をあけるほどの破壊力さえ無かった。

そういえば先日、市販の花火を使って爆弾を作り、クラスメートに重傷を負わせるという事件があった。
僕らはイタズラはさんざんやったが、他人を傷つけるために花火を使ったことはない。
この事件のことを聞いた時、思い出が汚されたようないやな気分になった。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-19 02:39 | 雑記 | Comments(11)

さてと

仕事の関係で取り組むべき事柄ができたので、時間と神経をそちらに多く割いている。
NBA情報とブログ更新に気持ちが向いていない。
こういう時に思うのは、ブログもNBAもしょせんは趣味だということ。
生活上の重要事が他にあれば、趣味は真っ先に脳外に押しやられる運命にある。

そいでたまには何か書くかと思ったが、えらい労力がいるわこりゃ。
NBA関連ブログをひんぱんに更新すんのはけっこう大変だ。
英語の記事を読むの、面倒くせえ。
やる気がないと、激しく面倒くせえ。
今までよくやってたな俺。

NBAへの関心が特に薄くなったわけではないが、情報に深入りすることもなく数週間を過ごしている。
で、離れて見て思ったのは、NBAっつーのは一種の濁流だと。
出来事と情報が、すさまじい勢いで流れている。
流れの中で、必死でカヌーをこいでいる時は気づかなかった。
いったん川から上がってみると、流れが速すぎて何が起こっているのか分からん。

この濁流の中に再び飛び込み、膨大な量の情報におぼれそうになりながら、苦労して泳ぎ続けるか。
どーもそれをやる気力はないな、今は。
当分はユルユルと更新していくことになるだろう。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-18 01:20 | 雑記 | Comments(2)

キャヴスのPG

たまには、ということで日本語の記事を引用してみる。
Yahoo! Japan Sportsの記事。
【NBA】キャブスがD.ディカウら若手ポイントガードとの会談望む

>ポイントガード獲得に難航しているクリーブランド・キャバリアーズが、
>ダン・ディカウ、ジャネロ・パーゴ、スティーブ・ブレイクとの会談を望んでいる

キャヴスは、今夏最大の課題の一つであるPGの獲得がまだできていない。
僕が心より願っているデイモン・ジョーンズとの契約、というニュースがいっこうに現れないと思っていたら、そんな所(といっては当の選手達には失礼だが)に向かっていたのか。
やっぱりサラリーキャップがまだ空いていた時にマーシャルと先に合意したのが、まずかったんじゃないかなあ……。
どんどんと獲得対象選手が貧相になっている。
それにしても

>(ディカウは)46試合の先発出場を含む67試合に出場して、
>13.2得点、5.2アシスト、2.7リバウンドのアベレージを残して、
>一躍リーグを代表するポイントガードとなった。


  なってねえよ

    ∧_∧
    ( #゚Д゚)   | | ガッ
   と    )   | |
     Y /ノ    人
      / )    <  >_Λ∩
    _/し' //. V`Д´)/
   (_フ彡        /


ヤシケビシウス獲得には失敗するし、デイモン獲得には暗雲がさすし、後でPG獲得失敗をなげくようなことにならなければいいが……。
ちなみに、僕が秘かに獲得を願っていたスタダマイアの方のデイモンも、CLE入りの噂は切れっぱしほども無いままMEMと契約した。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-12 17:22 | NBA関連 | Comments(2)

近況など、よしなし事

■炎天下でアルバイト

最近土日に仕事がない事が多いので、あまりボサーッとしてんのもどうかと思い、学生の時以来のアルバイトをしてみた。
チラシを各戸配布する仕事。
朝から夕方まで、立っているだけでぶっ倒れそうになる猛暑の中で、背中にずっしりと重いチラシを抱えて家々の間を歩く。
ふと気がつくと、シャツの色が変わっていた。
汗でずぶ濡れになっていた。
この日に飲んだスポーツ飲料、缶コーヒーなどトータルで10本以上。
なのに、うちに帰って体重を計ると1kg減っていた。
滝のように汗をかき続けた。
帰り、汗が乾いて塩がシャツのいたる所にこびりついていた。

■郵政民営化法案が参議院で否決、衆院の解散総選挙

僕の性格からすると、あまり知らなかった事でも関連記事を斜め読みして百年も前から知っていたような顔をしたいところだ。
だが、この郵政民営化だけはサッパリ分からん。
結局民営化は、我々庶民にとって有益なのか?無益なのか?
国会を二つに割るほどの一大争点でありながら、国民との意識の差がここまで大きい問題も珍しいのではないか。

b0054053_2141719.jpg■日本版iTunes Music Storeが開設

ジョブズさん、疑ってすまんかった……!
Appleの楽曲ダウンロード購入システム:ITMSが、かねてからの噂どおり日本でもスタートした。
アルバム中の曲も一曲ずつバラ売りしている。
一曲150円から。

ITMSを僕がどういう使い方をするか考えてみたが、やはりバラで買うのが主になるだろう。
アルバムまるごとなら、店でCDを買った方がいい。
ある曲だけピンポイントで欲しい、と言うときにITMSは便利だ。
例えば僕はサザンオールスターズの 「Ohクラウディア」 「海」 といった曲が好きだが、サザン自体はそれほどファンというわけではない。

でサザンの曲を探してみたが、これが見つからん。
実はサザンの所属するレコード会社のビクターが、ITMSに参加していないのである。
日本のレコード会社はCDが売れなくなることを恐れ、ずっとITMSへの参加を渋ってきた。
最後までかたくなに拒んだのは、ソニー、BMG、ビクター、ワーナーの各社。
(この辺は関連ブログなどをざっと読んだだけなので未確認)
数は少ないが、それぞれ大手なので所属ミュージシャン数がはんぱではない。
ITMSにとっては痛手だ。

なぜこういう事が起きるのかというと、日本のレコード会社は家電メーカーとの結びつきが非常に強いため、だという。
それぞれに、「身内」 の家電メーカーがある。
ソニーなんかは要は同じ会社だ。
自分のとこの曲は、自分のとこが出しているデジタルプレイヤーでしか聞かせない。
iPodには渡さねーよ!というわけだ。
しかし、流れはすでにAppleにある。
今はITMSに参加していない数社、あとから渋々合流するなんてみっともない事になるような気がしてならん。

だから何、というわけではない。
僕はMac信者ではないし、特にAppleに対し親しみも感じない。
MacintoshとWindowsで同じ作業をやると、Macは非常に遅いし、トラブルが多い。
おまけにハードの価格が高い。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-09 02:12 | 雑記 | Comments(0)

恐ろしく複雑なトレードが成立(2)

昨日の話ではあるが、やっっっと正式契約が解禁になった。
でフタを開けたらいきなり、この超大型トレードだ。
個々の移籍についてはそれぞれ噂があったが、それがこのような形でまとまって起こると予想した人はほとんどいなかっただろう。
これだから、噂の段階であまり深く考えても仕方がない。

5チーム参加、計13人のトレード。
チーム数、移籍人数でNBA史上最大のトレード。
スーパースターが含まれないから、いわゆる 「大型トレード」 のイメージは無い。
だがとにかく、規模の点では史上最大だ。

僕の第一印象は何はともあれ、よくまあ合意に達したものだと。
トレードというのはパズルのようなものだ。
お互いの思惑がかみ合った時に成立する。
参加するのが2チームや3チームであれば、手持ちのパズルをとっかえひっかえ出してみればかみ合うこともあるだろう。
だが5つものチームの思惑が一致する可能性なんぞ、確率としてはほとんど奇跡に等しい。
僕が思うに、5チームがそれぞれの要求を出してみたら偶然合致したなどということはあり得ない。
恐らく3チーム、これは以前からトレード画策の噂のあったMIA、BOS、MEMではないかと思うが、その3チームが先に合意に達し、さらにUTA、NOにオファーをしてみたら了解を得た、ということではないかと思う。
もっとも、この推測にしっかりとした根拠があるわけではない。

前回の記事にも載せたトレード相関図を再度貼る。
b0054053_199418.gif

図にすると、一応少しは分かりやすくはなる。
だがこんな図は、一週間もすればすっかり忘れてしまう。
どのチームがどうなるのか、が重要だ。
そして、優勝戦線に関係があるという点で、またこのトレードで最も多くの選手の移籍をおこなったという意味で、いちばん注目すべきなのはマイアミ・ヒートである。

今後も選手の動きがあるだろうし、今の時点でヒートの評価をするのは早計だ。
だがこのトレード後のヒートについて僕が思うことは、「強くなるのかどうかよく分からない」 に尽きる。
J・ウィリアムスとA・ウォーカーは、弱小あるいは中堅チームのエースあるいは準エース。
優勝をねらうチームに必ずいるような、相手のエースを押さえ込むディフェンダーでもなければ、ベンチからでてきてオフェンスの流れを変える選手でもない。
(後者についてはそういう使われ方をしてこなかったので未知数)
ポージーはディフェンダーとして定評があるが、昨季は怪我で活躍できなかったし、MEMが下り坂一方のE・ジョーンズと交換で出すからにはその怪我の状態が良くないのかもしれない。

今後のヒートを考えてみると、それぞれ違う派手な色の絵の具が混ざり合っているようで、チームカラーというものが想像しにくい。
分からないが、どうなるのか非常に興味深い。
来季MIAの試合を見るのが、今から楽しみになった。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-04 19:14 | NBA関連 | Comments(0)

恐ろしく複雑なトレードが成立

時間がないため、とりあえず図だけUP
b0054053_8575935.gif

[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-04 08:58 | NBA関連 | Comments(3)

実りのない一日

今日は横浜でレブロンや田臥が顔を出すイベントのある日。
休みをとれたら行こうと思っていたが、休めなかった。
夕方6時半、会社のパソコンでイベント概要を調べて見ると、夜の9時までやっているという。
行ってもレブロンが見られる保証はないと思ったが、一応行ってみることにした。

ほとんど乗ったことのない路線だったので乗り換えを間違えたりしつつ、横浜アリーナに着いたのが夜8時20分。
「入場無料」 の宣伝文句に偽りなし。
大きく開け放たれた入口を心持ち緊張しながら入っていくと、大勢のスタッフが

後片付けをしていたッ…………!

会場ではまだバスケ少年達が練習をしていたりして、かなりの数の人がいる。
まかり間違ってレブロンがどっかを歩いていないかと思い、少しばかり会場をうろうろしてみたものの、もしそんな事があればバスケ少年達が放っておくわけもなし。
すぐ分かるはずだ。
あきらめて、すごすごと会場を去る。

このまま何の収穫もなく帰るのもしゃくにさわるので、すぐ近くにあるラーメン博物館でラーメンを食ってやろうと思った。
だが外のあまりの暑さに恐れおののき、こんなサウナ風呂に入っているみたいな蒸し暑い日に熱湯を体内に流し込むという苦行をなぜ好きこのんでやらなくてはならないのかという疑念が沸き、結局食べずに帰ることにした。
おまけに、途中でパンを1個食べただけなのに胃がもたれて何か気持ちが悪かった。
今まで胃もたれとは無縁の人生だったが、夏バテしたのかどうか、どうもここんとこ調子が悪い。

交通費と時間を費やし、疲労と失望だけが残った一日だった。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-08-03 00:14 | ただの日記 | Comments(0)