<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

iPod的最終形態

b0054053_17262277.jpg

ほぼ理想の姿である。
第2世代 iPod nano 8GB

まずサイズ。
90×40mm、厚さ6.5mm。重量40g。
第1世代nanoから大きく変わってはいないが、やや薄くなった。
重量で携帯電話の約3分1。
体につけていることをほとんど感じない軽さである。
サイズについてはおそらく、今後劇的に縮小されることはないだろう。
今のnanoでも、液晶画面、クリックホイールともやや小さすぎてあまり操作性は良くない。
これ以上小さくすると、指の太い人は操作ができない。

次にデータ保存容量。
僕は今4GBのiPod miniを持っている。
しょっちゅう聞いていると、これはこないだも聞いたなという曲がたまに出てくる。
Podcastingを利用していると、聞き終わった番組をどんどん消していかないと次が入らない。

しかしiPod nanoには2GB、4GBのタイプしかなかった。
4GBで不満だと、大型iPodを買わなければならなかった。
iPod 30GBで重量136g、80GBで重量157g。
一挙に4倍近い重さになる。

ここに、iPod nano 8GBが登場したのである。
大きさ、データ容量ともまさに「買い」なのだ。

ところが一つ難点がある。
価格が高いこと。
定価で29800円。
この値段なら、大型iPod 30GBが買えてしまう。
僕は30GBの容量は必要ないと思うが、とはいえどうせ同じ値段なら容量の大きい方を……という選択肢もありうる。

従ってiPodはnano 8GBの発売により、従来のラインナップ形式とは違うものになった。

【従来】
・iPod→上位機種 高い、サイズが大きい、容量も大きい
・iPod nano(mini)→下位機種 安い、サイズが小さい、容量も小さい

【現行】
・iPod→サイズが大きい、容量も大きい
・iPod nano→サイズが小さい、容量も小さい

ということで、要するに大型iPodのデータ容量の大きさを選ぶか、nanoのコンパクトさを選ぶか、という完全にスタイルの違う2ラインナップになった。
nanoが現在のサイズのままで20GB、30GBと増えていけば一番よいのだが、そうするとiPodが存在する意味がなくなる。
従って技術的に可能かどうかは知らないが、メーカーの戦略上、当分の間それはないであろう。
ちなみにiPod Shuffleは、存在価値がない。
曲のShuffle(ランダム再生)は、他のタイプのiPodでもできる。

「最終形態」とは書いたが、もちろんこれ以上良くなり、安くなってくれた方がうれしい。
ほんの数年前にはあり得なかった贅沢な要求ではあるが、Appleみずからが作ったスタンダードだから仕方がないのである。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-09-26 17:27 | その他 | Comments(2)

雑記 9/22

■安野モヨコさんの 『働きマン』 がアニメ化

されるそうだ。
ドラマ化じゃなくアニメ化っすか。
漫画の方を読んでてもアニメをみたい、と思うようなものに仕上がればいいが。
単に再現するだけだったらいらんです。

■生活の知恵

(1)カイワレ大根活用
最近、ネギが高い。
1束200円近くもするのである。
メイン食材でもない奴にそんな金は払えん。
だが薬味に使うネギをカイワレで代替しても、あまり違和感なく使えることを発見。
多少辛みは強いが、決して不快ではない。
カイワレは安い。1パック58円である。

(2)靴下の効率的購入法
靴下は片方だけ破れたりなくしたりすると、当然もう片方も使えない。
また、洗濯後にペアを揃えるのもけっこう面倒だ。
解決法を思いついた。
色・柄ともまったく同じ靴下を大量に買えばいいのである。
ただこの場合、同じ靴下を何十日も洗濯もせずはきつづけている、と思われる可能性がある。
その場合はいちいち説明するしかない。

■液晶テレビ

そろそろ買おうかと思っているのだが……
メッチャメチャ高いじゃないすか。
20型でも10万円。
HDDレコーダーと合わせて20万かよ。
ブラウン管だと29型で4万5千円だぞ。
薄いことしか取り柄がねーくせに、態度でかいよ液晶。
しかしブラウン管TVは地デジ対応してないから、仕方がない。
悪いけどハイビジョン放送とかホンマ無駄だわ~。
人の肌荒れがわかるほど鮮明に見える必要はない。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-09-22 01:28 | 雑記 | Comments(3)

やっと俺のシーズンも始まった

b0054053_13554164.jpg

『24』である。
シーズン5のレンタルが始まって2週間。
昨日、よーーうやく見ることができた。

うちから歩いて行ける距離に、レンタルビデオ屋が3軒ある。
その3軒とも棚には24のDVDが大量に並んでいるが、来る日も来る日もそれは空のケースばかりだった。
心なしか各店とも、前回までよりも置いてある本数が少ないようだ。
完全に需要が供給を上回っている。
今からでも遅くはない。本数を増やしてくれ!

昨日の昼過ぎ、しつこくTSUTAYAに二回目の訪問をした時、あった!
ヽ(`Д′)ノ うおおお
現在レンタル可能なVol.1~3まですべてある。
3本、6時間を一挙に見ることに対して若干ちゅうちょしたが、これを逃すと次はいつになるかわからない。
借りた。
レジの列に並んでいる時によく見たら、持っていたのがVol.3を2本、Vol.1を1本。
あわてて取り替えに行く。
多分レジでも注意してくれたとは思うが、恥をかくところだった。

途中で腹が減っても外に出なくていいように、お菓子やら何やら買って、長時間鑑賞体勢に入る。

そして……見た。
6時間ぶっ続けで見た。
結論から言うと、おもしろい。
『24』に対して期待されるレベルを基準としても、おもしろい。

理由の一つとしては僕が思うに、ばくぜんとしているが、ストーリーの作りが今までのシーズンと比べてもていねいであること。
このシリーズ、展開が奇想天外だから仕方ない面もあるが、時々「それはあり得ん」(悪い意味で)というような場面がある。
例えばシーズン3だったか4では、支局のトップがころころ替わり、しかもその人間がまるで10年も前からその役職にあったかのようにいきなりバリバリと陣頭指揮をとるのである。
アメリカで週に一度TVで見ている人は、感覚として一週間の空きがあるから、まだいいかもしれない。
しかしそれを一気に、まさにリアルタイム見ると、違和感ありまくりである。
シーズン5では、いまのところそういう事はない。

もう一つは、余計なサイドストーリーが無いこと。
今まではたいていあった。
主人公ジャックの家族が危険にさらされたり、大統領の家庭が崩壊したり修復したり、主要人物の三角関係が妙な緊張を生んだり。
本筋に関係あるのならまだいいのだが、ほとんど無いのである。
確かキムの恋人に実は子供がいて、その母親は誰かというような話もあった。
知るかよ(´A`)

ところで先日、シーズン5がエミー賞を受賞したそうだ。アカデミー賞のようなもの。
とった部門がまたすごい。最優秀ドラマ賞、主演男優賞、監督賞である。
これはNBAで言えば、優勝、MVP、コーチ賞を同時に獲得するに等しい。
「完全勝利」である。
ただしドラマなどの賞の場合は優勝のような客観的事実ではないから、賞をとったからといって面白いとは限らない。
それにしても、出来がいいことの一つの目安にはなる。

Vol4以降のレンタル開始は今週末。
近所のツタヤでは当日の混乱を避けるため、整理券を発行するらしい。
僕は早く見ることにそれほど価値を見いださないので、今のところ並ぶ気はない。
それにしてもこの調子では、次に借りられるのはいつになるのか全く分からない。
僕の『24時間』はいつ再開するのか。
まったく未定である。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-09-19 13:57 | 雑記 | Comments(5)

読書感想文9/13

最近読んだ本の感想を、忘れないうちに書いておく。
最近、といっても相変わらずのろのろ読んでいるので、数ヶ月前のものを含む。
ミステリーを中心に、何とか賞やかんとか賞をとった小説、ベストセラーになった小説を選んで読んでいる。
みな有名な作家らしいが、僕はどの人の小説も初めて読んだ。

乃南アサ 『凍える牙』1996年
事件を追うストーリーであるのと同時に、主人公である女刑事の、警察という男社会で働くことのつらさを描く小説。その重さと息苦しさに少々へきえきする。時折描かれる、狼犬のさっそうとした美しい姿だけが救い。

桐野夏生 『顔に降りかかる雨』1993年
全体をつらぬく倒錯と退廃、ドロドロ感……がけっこう好きだ。最後に主人公が2ページぐらいベラベラしゃべって一挙に謎解きをするのはどうかと思う。「お分かりかなワトソン君」といつ言うのかと思った。

高村薫 『マークスの山』1993年
ハッタリが構成要素の大部分を占める小説である。どぎつい描写で、いったいこれが事件の真相とどうつながるのかという期待をいだかせるが、そのほとんどは何も説明されないまま終わる。
出てくる刑事が、揃いも揃ってとんでもなく短気。「黙れ!」「そんな場合か!」「そやから言うたやろ!」 怒鳴りっぱなしである。いくら凶悪事件を追っていても、そこまで四六時中顔を真っ赤にしてる奴らはいない。読んでいて疲れる。

ここまで女性の作家が3人続いた。
まったくの偶然。

東野圭吾 『殺人の門』2006年
恐るべき小説。一人の善良な普通の人間に殺意が蓄積される過程を描く。
相手のことを気遣う様子を見せながら、実は自分がいかにして利を得るかということしか考えていない人間。誰でも知り合いに一人くらいこういう人間がいる。主人公はそういう人間に終生だまされ続ける。冷静に考えれば、それほどだまされ続けるのは不自然。だがその描写の見事さにより、だまされても仕方ない、と錯覚させられる。ラストシーンでは読者に、主人公と同じように殺意が蓄積されている。
それが現実にも起こりうる、という恐怖。それが読後感。
この地味な展開の小説を、600ページに渡って読ませる。
東野圭吾、これからコレクションを始めることになるだろう。

石田衣良 『池袋ウエストゲートパーク』1997年
読む前は、若者の感覚に調子を合わせる軽薄な小説家と思っていた。10ページ読み進んだ時の感想も同じ。だがこの作品、若者の悲しみにもけっこう真摯に向き合っているのである。
好きか嫌いかといえば、それほど好きな小説ではない。だが馬鹿にしたものでもない、と思う。
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-09-13 19:08 | ただの日記 | Comments(2)

コラム:世界大会とアメリカ代表の難しい関係

b0054053_15332039.jpg

2006年夏、日本でおこなわれた男子バスケット世界大会は、スペインが初優勝を飾って終了した。
アメリカ代表は準決勝でギリシャに敗退。3位決定戦でアルゼンチンを敗った。

前2回の世界大会で米代表がふがいない成績に終わった時は激怒した僕だったが、今回はそういう気持ちにはなっていない。残念ではあるが、腹が立つようなことはない。その理由の一つは、さすがに10年近くも米の「低迷」(過去に比べれば)を見てきて、アメリカがかつて維持していた実力の圧倒的優位は無くなった、と認めざるをえなくなったこと。もう一つは、TV観戦と会場での観戦を通じ、今のアメリカ代表の位置が何となくつかめたことだ。以下、具体的な根拠なしに試合を見た印象のみから書く……続きを読む
[PR]
by SAKICHI_I | 2006-09-06 15:34 | NBA関連 | Comments(2)

復権ならず

負けたっ!!!
衝撃。失望。
今回のUSAチームはバルセロナを除いて最も強く見えただけに…
悲しい。
敗戦の理由にあまり興味はない。
とにかく結果として、アメリカは絶対王者の座を取り返すことはできなかった。
残念である。
今後、今回以上のチームを作ることができるのか?
非常に困難だと、僕は思う。
だが今は信じよう。
この敗戦が教訓となり、北京での王座獲得が実現することを。

[PR]
by SAKICHI_I | 2006-09-01 21:24 | NBAの話題を含む雑記 | Comments(8)