<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

LBJレース

NYニックスがクロフォード、ランドルフという長期高額契約の2選手を放出し、2010年に契約が切れるハリントンを獲得した。これで今後ニックスがサラリーを増やすような動きをしなければ、2010年の夏に大幅なサラリーキャップの空きを得ることが確定した。メディアもファンも、「これでレブロン獲得レースの本命が出走決定」といった雰囲気を感じている。「これでウチにゃこねーな(泣)」みたいな事を言っている他チームの選手までが、いる。

現在までに、DET、NJ、NYKに当然CLEも加えて4チームがLBJ獲得を争うことが判明した。もっともどのチームも公式にレブロン獲得追求を表明したわけではなく、メディアとファンがそう推測しているだけである。各チームとしてはレブロン獲得ができなくても他に有力なFAがいるので、いずれにしてもキャップを空けておいて損はない。

現在のところ出走がほぼ決まっている3チームには、それぞれ以下のような特徴がある。

●デトロイト・ピストンズ
GMジョー・デュマースの手腕の信頼性。ハミルトン、プリンスという実力のある優勝経験者が残ること。優勝するためには最も有力か。

●NJネッツ
共同オーナーのJay-Zとレブロンの仲がいいこと。現状ではそれ以外特に何もない。ただし個人的には若手にはけっこう期待できる選手が多いと思う。

●NYニックス
チームのファンが多い。それに伴い企業のCM契約の数と額の増加。ビジネス面での成功。
レブロンがNYヤンキースのファンであること。ただしアメフトではダラスのファンであることからすると、必ずしもNYのチームなら何でもいいというわけではなさそうだ。

僕自身は2年後レブロンがどういう判断をするか、さっぱり分からない。基本的にはその判断基準は、チームの戦力にあると思う。自分が入れば優勝する、というイメージが最も大きく見えるチームに入るだろう。それがまったく同等なように見えれば、より多くの収入を得られる所に行くだろう。
2年もあれば、ルーキーが一人前の戦力になるために充分な期間だし、逆にこの間に現在の主力選手が急激に衰える可能性もある。トレードもある。2年後の各チームの戦力を予想するようなことは、難しいというよりも考えるだけ無駄、と言うに近い。

わからないなら、考えても仕方ない。今のキャブスを見ることの方が大事だろう。2シーズン前にファイナルに進出し、昨季は優勝チームを3敗まで追いつめた。今季はその2シーズンよりも強い。あと2年の間に優勝できるかどうかも、レブロンのその後のキャリアに大きな影響を与えるであろう。
[PR]
by sakichi_i | 2008-11-23 20:59 | NBA関連 | Comments(2)

うちのPCは軽トラ

うちのパソコンの使い勝手が悪くなってきた。ネット表示のスピードが落ちている。
5年前に買った。他の家電なら5年ものはまだまだ使えるだろうが、PCの世界では時代遅れになったということか。

最近のパソコンは「デュアルコア」とかいうCPUが主流らしい。技術的なことはよくわからないが、二つのプロセッサで一つであるがのごとく動作する。速さが単純に2倍になるわけではないが、デュアルコアでないCPUよりは格段に速いそうだ。ちなみにその上に、プロセッサ4つを組み合わせたものもあるらしい。僕はいったん買ってしまうとその分野のことにまったく興味がなくなるので、これらのことは一昨日初めて知った。
うちのパソコンは、買った当時でさえ最速ではなかった。現在の最先端・デュアルコアとは大きな差がある。例えれば、軽トラックとダンプカーぐらいの違いはあるだろう。

しかしつい最近までは、この軽トラを使うにあたって特に不満はなかった。僕は今は、パソコンに大きな能力を必要とする作業をしていない。基本的にはネットを見るだけ。動画はほとんど見ない。電子レンジを一個運ぶのが軽トラであろうがダンプカーであろうが、到着する時間に大して差はないのである。

しかし街を走るのがほとんどダンプカーばかりになってくると、荷物を出荷する方としてはだんだんと重い荷物を載せたくなるものらしい。重いページが増えてきた。僕が思うに、webデザイナーはサイトの完成度と軽さを両立させることに日々苦労しているため、PCの性能が上がると一刻も早くそれを活用したいのではないだろうか。
いずれにしても最近うちの軽トラは重い荷物を載せられ、のろのろと走ることが増えてきた。

それでも我慢できないほどではなかった。数週間前、軽トラの馬力の無さを決定的に痛感することが起きた。
僕はパソコンでNBAのネットライブを見る際は、アメリカのYahoo!SportsのGame Channelを使っている。去年までのGame Channelは、非常に軽いことが特徴だった。各試合の切り替えが非常に早い。ところが今年、その仕様が大幅に変わった。生まれ変わったと言っていい。Fantasy Basketballとの連携が強化され、僕のようなFantasyプレイヤーにとってはとても便利の良いものとなった。
と同時に、ページとして非常に重いものになった。各タブを切り替えるのに時間がかかる。長い間開いていると、最悪の場合パソコンが止まってしまう。これは非常に困る。

残念ながら、性能的に寿命が来た、ということだろう。荼毘(だび)に付さねばなるまい。
5年の間、ただの一度も故障は無かった。調子が悪い、ということさえほとんど無かった。Dell Dimension 4590T。このパソコンを通じていろいろな経験をしたことを思い出し、感慨ぶかい。
[PR]
by sakichi_i | 2008-11-22 23:20 | 雑記 | Comments(0)

11/14雑記

■兵庫県知事
「関東大震災が起きれば関西にとってチャンス」といい、批判されると「何が悪い」と開き直った。昨日ようやく謝罪・撤回したが、この男が本気で発言内容のような考え方をしていることは間違いない。民主政治史上ではおそらく類例の少ない、凶悪な発言である。「東京にいる奴らは死ねばいい」と言われてしまった。心配なのは、この男の任期中に震災が起きそうにない場合、核爆弾テロで東京を壊滅させはしないか、ということ。

■「定額給付金」
1人1万2千円。いらない。こんなものと引き替えに消費税の税率引き上げをされてはたまらない。高額所得者に辞退をうながすとは、片腹痛い。辞退があろうがなかろうが、一般庶民に入る金は変わらない。

■テレビCM
確かブレスケア錠剤のCM。友達と焼肉を食べている女性に彼氏から電話がかかってくるが、女は嘘をついて「今?会社会社ー♪」言う。(わかりゃしないって)とめちゃめちゃ得意げなのである。会社にいるとごまかそうとするのに、あんな言い方をする人間がいるか。

●ピストンズ
アイバーソン加入後の対SAC戦をちらちら観戦。アイバーソンのあいかわらずのボール独占ぶりにちょっと笑う。他の選手はつまらなそうだ。DETのあの独特の、相手を締め付けるような怖さは無くなっていた。キャブスのライバルチームは確実に1つ消えたと思う。

●HOU-PHOでケンカ
シャックが押すと他の選手が木の葉のように飛んでいくのには笑った。全盛期のシャックとディフェンダーの闘いを思い出した。
[PR]
by sakichi_i | 2008-11-14 12:57 | NBAの話題を含む雑記 | Comments(2)

わりばし万歳

近ごろ外食チェーンなどで、使い捨ての割り箸ではなく塗り箸を使う(客に使わせる)ところが増えている。僕の知っている限りでは、牛丼の松屋と長崎ちゃんぽんのリンガーハットがやっている。
エコ活動の一環だとのことだ。これが真の動機なのか、それとも経費節減なのかについては、特に興味がない。
環境保護、資源保護、地球温暖化防止などに対しては、特に反対する理由がない。そのために割り箸の廃止がどれだけの効果をもたらすのか僕は知らないが、できれば他の手段より後回しにしてもらいたいものである。

まず一つ目に、箸というものはできるだけ他人の使ったものを使いたくない。数ある食器の中でも、最も口に運ぶ回数が多いものだ。
ただまあこれは、「慣れ」の問題でもある。同じような食器でもスプーンは平気で使っているし、コップも同様だ。

二つ目。これが重要。塗り箸では、麺をつかむのが非常に難しい。
なので、少なくとも麺料理の店では割り箸を使ってほしい。
リンガーハットでこのことを痛感した。塗り箸でちゃんぽんを食べると、食べている時の不便さと不快感、そして食後の右手の疲れがただごとではない。
割り箸という非常に安価な商品がいかに優れた製品か、ということを再認識した。麺を食べるために、これ以上に優れた物はこの世に無い。

リンガーハットが出す料理は申し訳ないが、数日に一度はどうしても食べたくなるような味ではない。「食べるときに面倒」という要素が、このチェーン店から多くの客を遠ざけるであろう。
塗り箸を出すなら、麺をつかみやすい箸を開発してからにすべきである。
悪いことは言わない。絶対に割り箸を復活させた方がいい。下手すりゃ倒産するよ。
[PR]
by sakichi_i | 2008-11-11 00:45 | その他 | Comments(9)

AI a Piston

b0054053_19533464.jpg
「ピストンズに似合わない選手」を挙げていけば、3人目ぐらいに名前が出てきそうなアイバーソンである。
アイバーソンはチームの足りない面を補う選手ではなく、常に中心であり自らの出来がチームの勝敗を左右してしまう選手だ。
デンバーでのアイバーソンは良い選手だった。むしろPHI在籍時よりもチームへの貢献度は高かったと思う。それでも、ナゲッツを一度も優勝候補へと導くことはなかった。
ピストンズに限らず、優勝するための戦力補強として強豪がほしがる選手ではない。

というわけで、基本的にはこのトレードはチーム再建の一歩と見るのが妥当だろう。
来年アイバーソンとラシード・ウォレスの再契約をしなければ、2200万ドルのキャップスペースが空く。来年、再来年とも、大物が多数FAになる。
DETがレブロン獲得競争に参戦、と書いている評論家もいる。ニューヨークのチームにとっては脅威であろう。
[PR]
by sakichi_i | 2008-11-04 19:54 | NBA関連 | Comments(2)

NBAの試合を見たりした感想

・オデン(POR)
出場時間12分54秒でまた欠場てどういうことよ。世の中にはいるねこういう、運の悪い選手が。申し訳ないが、やはり運も実力のうちだろ。

・キャンビー(LAC)
で、元祖「試合に出さえすればすごい」選手である。DENから「捨てられた」だけに、今季だけはやらにゃなるまいに。

オクラホマ・サンダーの
・デュラント…外のシュート、インサイドプレイ、ドライブすべてが今ひとつで、どういう選手になりたいのかよく分からん。そろそろチームはこの選手を絶対的エース扱いするのをやめ、1on1を多用するのをやめた方が、本人のためにも良いと思う。
・ジェフ・グリーン…カロン・バトラーのような、やや遅咲きオールラウンダーになりそう。
・ウェストブルック…非常に思い切りのいい若者である。
この3人はおもしろい。OKCは強くはないが、そんなに毎試合大敗するようなことはないと思う。

・ダンカン(SAS)
キャリア的下り坂をかけおりていると思っていたが、やはりあなどれん。他の選手の状態があまりにも悲惨でなければ、あと数年SASは優勝候補であり続けると思った。

・キャブス
MOはシカゴへ行ったあの男とは違う、と確認した。めでたい。MOの攻撃力が加わったことにより、他の選手にも良い影響があるようだ。シーズンが経過しケミストリが向上するとますます期待できる。

・今季の新人
ローズ(CHI) 18.3点
ビーズリー(MIA) 17点、5.7R
メイヨ(MEM) 14.3点
フェルナンデス(POR) 14点
トンプソン(SAC) 13.3点、7.3R
スターターでやっているのはローズ、ビーズリー、メイヨ、ガソル、チャルマーズ。他にもスターター候補が大勢いる。
[PR]
by SAKICHI_I | 2008-11-04 01:16 | NBA関連 | Comments(0)