<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Twitterを

始めてみることにした。僕は時代の最先端のものになじむのが非常に遅いので、時々意図的にそういう物に触れなければ、へたをすると知らないままで下火になって終わってしまう。
まったく勝手が分からないながらとりあえず2人のフォロワーになった。
一人は宮地陽子さん。どうやら今はアメリカの大学でプレーしている日本人をメインに追っているらしく、○○大vs□□大の試合がどうのこうのといった話多し。
もう一人はピストンズのCharlie Villanueva。Twitterと言えばヴィラヌエバという出来事があったのと、2chリーグのうちのチームにいるので。
そしてそのフォロワー登録1日目に、ヴィラヌエバが試合中鼻を骨折するという悲しい出来事がおきた。
さっそく彼のページを見ると、さすがに試合中にTwitterをやってひんしゅくを買っただけのことはある。鼻が痛かろうに、頑張ってつぶやいている。

鼻を折ったあと最初のつぶやきがどうやらこれ。
Well broke my nose in today game against the Hawks, all I really cared about was to make those two free throws, great win for us
骨折直後、血を流しながらフリースローを決めなければならないのは本当に大変だっただろう。さすがに世界のトップリーグにいるアスリートだ。2本とも決めた。

そして次は
Surgery tomorrow, wish me luck, I will send a tweet during surgery, lol, the mask is on its way, lets go
明日、早速手術。冗談を言う余裕があるとも思えるが、なんか健気。マスクつけりゃいいよ、って感じで前向きだ。ファンに心配をかけまいという気づかいが感じられる。この手術に関するつぶやきがさっそく米メディアにとりあげられ、ニュースになってたのは驚いた。Twitterはすでに、重要な情報源の一つなのだ。

そしていくつかのつぶやきがあった後、日本時間9時ごろに
I have a serious headache right now
と言っている。
彼の今までTwitter発信を全部読んだわけではないのでヴィラヌエバのキャラクターをはっきりつかんだわけではないが、鼻の骨折後に一度も弱音を吐かなかった彼がこういうぐらいだからよほど頭が痛かったのだろう。その状況を思い浮かべると、こっちまでつらくなるようだ。

Twitterを僕が今後さかんに利用するかどうか全く分からないが、発信者と受信者を非常に身近に感じられるツールであることは間違いなさそうだ。
ヴィラヌエバ選手が一刻も早く治癒することを祈る。
[PR]
by sakichi_i | 2009-11-30 18:40 | NBA関連 | Comments(4)

最近の話題、古めの話題

■たばこ増税
個人的にはたばこを吸わないし、人の吸うたばこの煙は非常に嫌いなので、ぜひ増税してもらいたい。1箱1000円でも1万円でもかまわない。たばこを吸う人間あるいは本数が減ればよし、減らなければ税収が増え、そのぶん減税になる可能性がある。僕にとって悪いことは何もない。

■やんばダム
政権が不要と判断すればたとえ工事中でも中止するということを示す絶好の機会。中心の方針を貫いてもらいたい。逆にこれが撤回に追い込まれると、「やっぱり無理か」というムードがただようことになる。

■NHK大河ドラマ「天地人」
あまり見てないが、ちらちら見た限りでは全然おもしろくない。松方弘樹は役者として、津川雅彦の足下にも及ばないことを晒してしまった。彼のキャリアにおいて出演したことが大損となるドラマとなった。

■プロ野球日本シリーズ
プロ野球関係の掲示板において「からくり」と言えば、東京ドームのことである。そのくらいこの球場はホームランが出やすい。テレビでこの日本シリーズを解説した人はほとんど全員その事を言っていたし、実際非常に多くのホームランが出た。僕が見た印象では、中距離ヒッターがバットを上から叩きつけて上向き回転の生じた、右中間・左中間のライナーが異常によく伸びた。打ったバッターもそう思ったようだ。東京ドーム本拠地時代からいるような日ハムのベテランはこの球場のことをよく知っているが、若手はそうではない。打った直後はホームランになるとまったく思わず全速力で走り、一塁を回ったあたりでスタンドに入ったと分かって驚いていた。
ネットで少し調べてみたが、なぜホームランが出やすいのか明確な解答は出てないらしい。ここで試合をやる2チームにとっては双方同じ条件だから不公平とは言えないが、ホームランが人工的な条件のせいで出やすくなるというのは心地よい話ではない。早いとこ解明し、できれば普通の状態にしてもらいたい。

●レブロンの23欠番推進運動
レブロンのMJへの敬意を示すエピソードとしては、微笑ましい。だが他の選手やリーグ全体にもそれを望むのはやりすぎ。ちなみにジョーダン自身は「んなこたしなくていいよ。でもありがとうね」といった意味合いの反応をしている。

●レブロンのフットボールやってりゃ発言
「フットボールに専念していれば、どこのチームでもスターになれただろう」発言。まあ確かにそうかもしれないが、実際に今フットボールを職業にしている選手達に失礼だし、たとえ思ったとしても言わなくていい事である。
この件を昨日のESPNスポーツセンターでとりあげていた。NFLの解説者が言うには「やれるだろう。だがフットボールではクォーターバックがスーパースターで、彼のポジションはそれではないから、やめといた方がいい。NBAの場合と同じような名声と金銭は得られない」。アイスホッケーの解説者がNHLではどうか?と聞かれ、「子供の頃からスケートをやってないと無理。絶対無理」と完全否定していた。まあその通りだとは思うが、話自体が冗談なんだから、そこまで全力で否定しなくてもよさそうなものである。
[PR]
by sakichi_i | 2009-11-20 16:02 | NBAの話題を含む雑記 | Comments(4)

勝機アリ

b0054053_16544120.jpg

Cleveland 102, Orlando 93
キャブスにとって非常に重要な、プレーオフの趨勢をも占う対マジックの第一戦はキャブスが快勝した。

勝敗よりもこの試合は、シャックのハワードに対するディフェンスに注目した。どの程度抑えられるのか。いや、どの程度やられるだけで済むのか、と言った方が適切か。
この試合ではハワードが開始数分にしてファウルトラブルに陥ったので、試合全体を通じてシャック−ハワードがマッチアップしたというわけではなかった。しかし短い間のそのマッチアップを見た限りでも、おおよその力関係を見ることができた。
やはりZやバレジャオが守る時のように、ハワードに縦横無尽に暴れられるようなことはなさそうだ。
パワー勝負では若干押され気味だったものの、ゴール下まで押し込まれることは少なかった。フットワークを使って抜きにこられた時も、かなりついていっていた。
この事は、ハワードのシュート数にも表れている。FTアテンプト12本をシュート6本と数えても、9本しかシュートを放っていない(ただしファウルを受けなかったシュート3本は全部入り、FG3/3だった)。
ハワードがファウルトラブルに陥ったため、この試合で彼の全力が発揮されたとは言いがたい。だから、この1試合を見ただけで楽観するのは危険だ。それにしても、とりあえずCLEのインサイドのディフェンスは最悪の状態を脱した、と思う。
それと、ハワードの最初のファウル2つはシャックのハワードに対するオフェンス時に生じた。従ってこれもシャック獲得の効果の一つと言える。完全に計算外にする必要はなかろう。

そして、対ORL時のもう一つの巨大なミスマッチであったターコルーの存在はもうない。カーターはよく点をとっていたが、ターコルーのようにミスマッチを起点にして味方のためにイージーチャンスを作るようなことはあまりない。カーターに40点も50点もとられるようなら問題だが、そうでなければターコルーの方が相手にしてよほど嫌だ。

前プレーオフでは30試合やっても40試合やっても、キャブスがマジックに勝ち越すことは絶対にないと思った。昨日の試合を見た限りでは、今季は違う。ようやく、同じ土俵に立てた。試合に勝ったことなどよりも、とりあえずその事が大きな収穫である。
[PR]
by sakichi_i | 2009-11-13 16:55 | NBA関連 | Comments(0)

リグパBB不調

本日のリーグパス・ブロードバンドは、接続状態が見始めて以来最悪。半分以上の試合が映らない。かろうじて映る何試合かも、常にbuffering状態で動いている時間より止まっている時間の方が長い。
うちのPCあるいは回線の問題なのか、送信側の問題なのか、さっぱり分からない。休日だから見ようとした人が多いとは思うが、今までの休日でこんな事はなかった。
見たい試合が見られることに狂喜乱舞したのがほんの1週間前だが、この接続不良では何にもならん。誰に何を頼んだらいいのか分からないが、一刻も早く何とかしてもらいたい。

ところで今日、スカパーの方の担当者から電話があった。去年までリーグパスを買っていたが今年はどうですか、もしかしてお忘れではないですか、という状況伺い&営業の電話である。
ネットで配信されるものを見ることにした、と正直に言っておいた。言いづらかったが、NBAを見ないことにしたと言うよりはマシだろう。
今日のBBは激しく不調だが、見たい試合が見られるという幸福を手放してスカパーに戻るということはあり得ない。スカパーの他のチャンネルも見てないので、先日基本契約も解約した。
リーグパスBBが終了しなければ、今後スカパーのリーグパスを買うことはないだろう。
これまで大変世話になった。スカパー関係者は誰も見ていないだろうが、心からお礼を申し上げる。
[PR]
by sakichi_i | 2009-11-07 14:18 | NBA関連 | Comments(2)

NBAのジョーカー

Yahoo! AmericaのNBAのページに、妙な文章が載った。
If you're the bat, you don't fly by Manu Ginobili, the Spurs' exterminator.
何のことやらサッパリ分からん、と思っていたが、後で意味が分かった。Yahoo!Japanの方のトップページに珍しくのったNBAの記事が、この件に関するものだった。

NBA 選手が乱入コウモリ捕獲

現地31日、サンアントニオ・スパーズ対サクラメント・キングス戦の第1Q終盤に、コウモリが乱入するハプニングが起こった。試合が一時中断したものの、そこでスパーズのマヌ・ジノビリが、AT&Tセンターを飛び交うコウモリを捕まえるなど冷静な対応を見せ、追い払うことに成功した。

このジノビリの対応に、チームメイトのトニー・パーカーは、「信じられない、彼はクレイジーなことをしたね」と驚いていた様子だった。また、このとき会場には米国の人気ヒーロー“バットマン”のテーマが流れ、キングスの選手も、ジノビリに拍手を送ったという。


その映像

何回見てもジノビリは、適当に手を振り回したのではなく、狙いすましてコウモリを叩き落としている。マグレではない。
僕は小さいころ虫取りが好きだったが、飛んでいる虫を網で獲るというようなことは神業かと思えるほどに困難だった。網でも難しい。手でつかまえるのはそれよりはるかに難しい。
ジノビリの件はNBA選手の動体視力と反射神経のすごさを示す一例と考えてよかろう。
リーグパスBBで試合のその後のプレーを見て、その思いは深まった。ジノビリは彼の横を通そうとした敵のパスを、振り向きざま叩き落としてスティールした。彼にとっては、試合中常にやっていることと同じなのであろう。

叩き落とされたコウモリはぴくりともしなかった。死んだのかどうかは分からない。いずれにせよこのコウモリにとっての不運は、まぎれこんだ建物がNBAの試合の会場だったことだった。
[PR]
by sakichi_i | 2009-11-02 00:41 | NBA関連 | Comments(0)

NBALPBBI

NBA League Pass Broadband Internationalを見ている。
非常に良い。見たい試合を見られるというのは、今までとはまったく別次元の状態だ。

昨季まであった1日単位の販売は、なぜか今季からなくなった。本当はこれを買って、うちのPCで映るのかどうか確認したかった。
デモ画面を流してみると、低画質・高画質とも一応問題なく映った。低画質版は画面がかなり小さく、試合の場面では選手を判別するのも少々難しい。フルスクリーンにすると映像が荒くて耐えられないレベルだ。
なので少し迷ったが、結局レギュラーシーズンまでの高画質パック¥13,500(早期割引で¥12,600)を買った。

この数日使ってみていくつかの問題はあったが、全体としては大いに満足している。
当該ページの説明によると、ローカルで放送する試合を配信しないこと(いわゆるブラックアウト)があると書かれてあったが、今までのところ全試合見ることができている。

【うちのPC・回線のスペック】
CPUは2.5GHz、メモリ4GB。OSはVista。
回線はケーブルテレビの24MBコース。実質通信速度は下りで約5.5Mbps。

【問題点】
●時々映像・音声が止まる。試合によってやや差がある。多い試合では数分に1回、数秒止まる。別の場所の、光通信を接続しているPCでも同様だった。従っておそらく、受ける側の問題ではないと思われる。試合の流れが分からなくなるぐらい長く止まることはなく、まあ許容範囲ではあるものの、こういうことが無いにこしたことはない。
ちなみに、Yahoo!のネットライブよりも若干進行が遅い。映像を緊張感をもって見たい時は、ネットライブを見ない方がいい。
●リプレイが見られない試合がある
「アーカイブ」いう名のリプレイ配信のうち、1日の最後にある数試合が見られない。例えば昨日はGS-PHOとDAL-LALの2試合、今日はDAL-LACの1試合。当然ながら、西海岸の試合になる。これは一刻も早く改善してもらいたい。
●高画質の画面は、21インチのモニターで22×13cmほど。テレビのように中距離で見るには小さすぎる。従って間近な距離で長時間画面を凝視することになる。これはかなり疲れる。
[PR]
by sakichi_i | 2009-11-01 21:00 | その他 | Comments(6)