<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ベストセラー、何冊か

売れた本をいくつか読んでみた。
読もうとして、本が売れない時代だということをあらためて実感した。何がベストセラーなのかということ自体が、分からない。最も知られているはずのものを調べなければならないという、滑稽な状況である。
この数ヶ月を例にとっても、熱心な読書家とは言えない人間(僕を含めて)が知っているベストセラーは多分、「もしドラ」だけだろう。

●冲方丁 『天地明察』
史実考証が綿密で、文章は奇をてらわず丁寧で、好感の持てる小説である。好感は持つが、面白いか面白くないかで言うと、あまり面白くない。それと長い。
暦、数学、碁。とにかく題材が地味。その足かせをつけたまま話を盛り上げようと最大限の努力をしたけども、大成功はしなかった……という感じ。
ただまあ、こういう本もあっていい。すべての小説で、人が死んだり世界が滅んだりする必要はない。僕の好みではない、というだけだ。「天地明察」が売れるということは、世の中は僕が思うほどには殺伐としていないということか。

●夏川草介 『神様のカルテ』
全編ヒューマニズムにあふれた、いわゆる「臭い」作品なのだが、その臭さをあまり感じさせない。不思議な魅力をもった好編。しょっちゅう現れる冗談に「どうだおもしろいだろう」というドヤ顔感があり、それがちょっと鼻につく。

●湊かなえ 『告白』
久々に、単におもしろいのではなく「すごい」と思う小説に出会った。個人的には、東野圭吾のいくつかの小説以来である。
女性教師の娘の「事故死」。それが事故死ではなく、生徒による殺人であることを暴く「告白」。教師の告白に端を発し、次々と行われる主要人物の告白は、一方は過去へと向い、それぞれの家庭のゆがみと、そこで培われた悪意をあらわにする。そしてもう一方は現在進行していることを描き、登場人物たちはそこで悪意をさらに増幅させ、より凶悪な犯罪へとらせん状に向かっていく……。
壮絶だ。

●和田竜 『のぼうの城』
何かの能力が突出した特異なキャラとか、大げさなセリフ、少々無理な展開。この作者は漫画家か、漫画原作者になりたかったのではないか。それらの漫画的な表現は、画力によって強引に納得させられなければ、要するに漫画でなければ、やはり違和感がある。
あるいは見方を変えれば、荒唐無稽な娯楽小説にしたいのか、史実を重視したスリリングな歴史小説にしたいのか、迷っているようにも見える。
いずれにしても今のままでは、一言で言って嘘くさい。
(追記)いま知った。映画の脚本が土台だそうだ。納得。小説らしからぬ小説であることが、すべて腑に落ちた。
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-22 15:34 | その他 | Comments(0)

やはり決裂

現地火曜に行われた労使交渉は、予想された通りほとんど進展しなかった。選手会事務局長のハンターによると、「100離れていたのが99になった程度」だそうである。

YAHOO! SPORTSの記事一覧の見出しに、今回の会議でオーナー側が出した提案を選手側はbogus(いんちき)と言っている、と書いてある。記事を読んでみると、確かにそう言われても仕方のないものであった。
オーナー側は提案したその新制度を「フレックス・キャップ」と呼んでいる。言葉の響きからしても、ハードキャップよりは現行のソフトキャップによほど近そうな感じがする。

骨子は
「現行のバード例外条項やミッドレベル例外条項は存続。ただしある限度額を超えてはならない」
というもの。
内容自体が矛盾しているので、一読しただけでは意味不明だ。

バード例外、ミドル例外は、限度額を超えても良いことにその条項の意味がある。限度額を超えてはいけないのだったら、それは選手会が言っているように「事実上のハードキャップ」である。
さらにはこの限度額、オーナー側はまだ提示していない。「未定」だそうである。いったんこれを選手会が了承したら、現行サラリーの大幅減額となる限度額を設定される可能性も大いにあるわけで、選手会が呑むわけがない。

はなはだ姑息である。どうしてもハードキャップを導入したいなら、その必要性をデータと共に示し、堂々と正面から論じればいい。こんなやり方は選手側に、大きな不信感を与える。これからの話し合いにも悪影響を与えかねない。
100離れていた所からさらに50離れた、というのが実状でないことを祈る。
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-22 11:57 | NBA関連 | Comments(4)

ロックアウト開始、濃厚

現地火曜日の労使交渉で劇的な進展がなければ、ロックアウトは避けられないだろうとのこと。争点の中心であるサラリーキャップ問題で大きく離れている双方が、たった1日の話し合いで歩み寄るわけがない。6月30日に現行CBAの有効期間が終わり、7月1日からロックアウト開始となる。
とはいえ、現時点では大したことではない。来季の開幕はもちろん、プレシーズンゲーム、サマーリーグの開始までもまだだいぶ日にちがある。多分チームが管理するアリーナや練習場は一切使えなくなるので、独自に練習したい選手にとって場所を探すという手間が増えると思う。
近年NFLやNHLで、またかつてNBAでもあった「公式試合の削減とリーグへの大ダメージ」だけはなんとか避けてほしいものである。

この労使紛争について、選手やOBたちがちらちらとコメントを発している。そのなかでいちばん共感したのは、LALレイカーズのルーク・ウォルトンの発言。

SELFISH BATTLE between ALREADY RICH GREEDY OWNERS and GREEDY PLAYERS

オーナーはもちろん大金持ちだし、選手の方も我々庶民からすれば途方もない額の収入を得ている。そういう事はいちいちうらやましがっても仕方ないのだが、労使紛争が紛糾してくるとその事が思い出されてしまう。要は守銭奴同士がお互いの取り分を巡って争っているのであり、醜いことこの上ない。

僕が思うに、今回は選手側が譲歩するしかないのではないか。
リーマンショック以来の世界的不景気は、経済素人が見てもきわめて深刻だ。
それからNBA特有の制度のソフトキャップ制。サラリーキャップ額自体はリーグとチームの収入から計算され、それを守れば損はしないようになっている。逆に言えば、それを越せば損をするかもしれないということだ。2010-11シーズンに、30チーム中24チームがキャップをオーバーしている。これでは経営が危機に陥ると言われても仕方ない。

スポーツ選手は他の仕事と比べて働ける期間が短いし、いつ怪我をしてキャリアが終わるか分からないから、もらえるうちにもらいたいという気持ちは分かる。しかしそれは年俸の高騰ではなく、引退後の年金制度の充実によって対処するべきだと思う。

個人的には、サラリーキャップ額を大幅に下げた上での、ソフトキャップ制維持がいいのではないかと思う。ハードキャップは、選手の移籍が激しくなりすぎる。それからラグジュアリータックス額も下げ、金のあるチームから無いチームへの金の流れを大きくする。
それぞれどれぐらいの額が妥当なのか、よく分からない。現在ネットで見られるデータが全てではないだろうし、経営素人が算出しようとしても時間の無駄なので、やめといた。
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-20 14:42 | NBA関連 | Comments(0)

King without a ring

(タイトルだけYahoo!のコラムから拝借)

う~む、なかなか優勝できないねえ…………。
レブロン・ジェームスは現在のNBAで最も活躍の一貫性のある選手の一人だが、重要な試合で時々ふがいないことがある。精神的に弱い面があると考えざるをえん。そもそもキャブスを出てマイアミで他のスタート集結したことも、その弱さがさせたのだろうと思う。
ただまあ、対シカゴまでは獅子奮迅の活躍をしていたわけだし、「弱い」と言い切るのは気の毒ではある。しかしNBAは、優勝とその他に雲泥の差があるリーグ。しかもレブロンがMVPを獲得したあたりからこの選手はリーグのトップと目され、優勝することは半ば責務であるかのように言われている。MIA集合はそれに拍車をかけた。さらに、嫌われた。
「優勝できないから」という理由で叩かれるのは仕方がないのである。

さてこのファイナルは、ゲーム2の大逆転が転換点となった。
残り6分、MIA15点のリードをDALに逆転された。この間、おそらく残り2分あたりからレブロンがボールを持ちすぎ、しかもあまりいいシュートチャンスを作れなかった。
この事が、次の試合でレブロンをものすごく消極的にしたようだ。G3、得点は主にウェイドに任せ、自分は補助的な役割に徹しようとした。
しかしこの選手は、僕も初めて知ったのだが、ある程度オフェンスに積極的に関わらなければ、補助的役割さえも上手くいかなくなるようだ。普段やっていることがリバウンド・パスなどオールラウンドなので、ロールプレイヤーをやればいとも簡単にやってのけそうに思える。ところが実際はそうではなく、自分が中心でなければ、少なくとも中心の一人でなければ、補助的仕事さえもできなくなるタイプだったのだ。
多分だが、バスケを始めて以来そういう立場になったことがないのだと思う。
ファイナルという土壇場に来て、普段やり慣れていないことをやって成功するわけがない。レブロン自身も、チームもそうだ。ウェイドは大活躍し、G3は勝ったがG4は負けた。この両試合でMIAは86点しかとっていない。
レブロンもコーチも、それに気づいたのだと思う。G5は「普段」のMIAのオフェンスに戻った。
しかし今度は、DALのオフェンスがMIAをねじ伏せた。
マブスは強かった。精神面も。バスケットの実力も。

ヒートの自滅、という面は間違いなくあったと思う。しかしその有無に関わらず、マブスは優勝するにふさわしいチームであった。
少なくともLAレイカーズの優勝よりは、100倍はいい。
ダラス・マーヴェリクス優勝おめでとう。
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-14 22:15 | NBA関連 | Comments(0)

さらばゴール下の魔王

b0054053_17203.jpg

シャキール・オニールが引退する。
すごい選手だった。とにかく、ものすごい選手であった。
バスケットのみならず、僕が知っている限りあらゆるスポーツ選手のなかで、全盛期のシャックのように競技場を支配する選手を見たことがない。
選手としては、マイケル・ジョーダンの方が上だと思う。しかし、オフェンス支配力とそれがチーム全体に与える影響は、少なくとも見た目の強烈さではシャックが上回っていた。

それは僕にとっては非常に、嫌な強烈さだった。
2001年のプレーオフ、僕はNBAで最もすごい巨人:シャックと、最もすごい小人:アイバーソンの対決を見たいと思った。両チームは勝ち上がり、ファイナルで対決した。しかし実際には、シャック対アイバーソンの対決とはならなかった。
シクサーズのディフェンスをシャキール・オニールが粉砕するのを、そう文字通り「粉砕」するのを、ただぼう然と見るしかなかった。
それによって勝ち上がってきたと言えるほど強烈であるはずの、76ersのディフェンス。マッチアップ相手は、屈指のディフェンシブセンターであり、その年守備王タイトルさえとったムトンボだった。
……打つ手なし。
PHIは1勝したもののその後シャックに対する手だてなく、LALが4連勝して優勝した。それは僕には、絶望的な光景に見えた。

全盛期のシャックを象徴するのは、ローポストから相手ディフェンダーを押し込んでダンクまで持って行くプレイだ。これはもはや、バスケットではない。相撲である。相手センターがいかに高等なディフェンス技術を持っていようが、関係ない。
これを見た時、いや何回も何回も見せられた時、思った。我々の楽しんできたバスケットはこの男に蹂躙される……と。そして実際、そうなった。

だからシャックの全盛期、いや近年急激に衰えるまで、僕はこの選手のアンチだった。今でも別に、好きではない。
しかし僕のように嫌いな人間からしても、この選手がNBAにいてよかった、と思う。
偉大なボスキャラだった。強さと支配力を兼ね備え、これほど悪役として適性を備えた選手はいなかった。
この選手を倒すために小さい選手は走り回り、そして時々倒した。それは魅力的な構図だったと思う。
(もっとも、シャック優勝の合間に優勝したのはもう一人の偉大なビッグマン・ダンカンであることが多かった)

まさに不世出。シャックと同じような選手、いや同じような身体構造・運動能力を持った人間さえ、この先地球に現れないのではないか。そんな気さえする。
偉大なるビッグマンの、NBAへの貢献に感謝。
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-02 17:02 | NBA関連 | Comments(4)

NBAリーグパスBBが

めでたいことに、ファイナルを放送!
去年まではファイナルのみ配信されなかった。
生放送中は巻き戻し再生ができないなど、どういうわけか細かいマイナス点があるようだ。だが大きな問題ではない。
(6/3追記)今日の配信ではまったく問題なし。機能不備もなくシーズン中と同じように見られる。
先ほどリピート放送も、通常通り映ることを確認。喜ばしい事である。
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-01 14:57 | NBA関連 | Comments(0)

正直言いまして

MIAを応援してます
[PR]
by sakichi_i | 2011-06-01 14:50 | NBA関連 | Comments(2)