<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

湊かなえ『夜行観覧車』長めの感想文

湊さんの作品を読むのは「告白」についで2作目。もしこの2作に共通するものが作風だとすれば、それがだいたい分かったような気がする。

読者の野次馬根性を喚起して小説に引きつけることが、非常に上手い。

各家庭・人間関係の暗部を、醜さをこれでもかと見せつける。こういう人間とこういう人間の関係は確かにこうなるだろうな、と思わせる絶妙の現実味。それがこちらの、小説にでもならなければ決して他人には分かることのないものをのぞき見ているような、ワイドショー的好奇心を引っ張り出す。登場人物は一様に人間的欠陥があり、利己的。その事も、「こいつよりは俺はマシだろう」という優越感を起こさせる。
特に遠藤家の彩花の描写が秀逸。このいかれた娘が切れた母親に首を絞められた時は、黒い爽快感さえ感じてしまった。
遠藤家の隣家のおせっかいなおばさん、ええと小島さんだったか、の腹黒い言動に顔をしかめながら、読んでいるいるこっちもおばさんと同じ興味で読んでしまっているという矛盾。苦笑させられるが、本当に上手い小説だと思う。

以下、不満。やはりあの結末には満足できない。この小説が単に読んでて面白いだけでなく、すごい小説と言われるためには、あれではいけないと思う。
彩花が口にした「坂道を転げ落ちる」(だったか)という言葉にみな目から鱗が落ちたような印象を受け、何となく解決を与えられたような雰囲気になってしまう。この言葉、大層なことを意味しているわけではない。単に、「不満が蓄積して切れる」を別の表現にしただけだ。こういう少々詩的な表現をしただけのことで、そのことを正当化し免罪してもらったような気になってもらっては困る。しかもそれを言うのが、3日に1回ほど「坂道を転げ落ち」ている彩花だ。お前が何でしたり顔で分析してんのか、という話である。
最後の小島家での会合以来、主要登場人物達は良心に目覚めたようになり、おこないを改める。これまで発生してきた問題の根本的な解決方法を与えられたわけでも何でもないのに、である。
我々読者が——と言って悪ければ、僕が——彩花に対して延々とためこんだストレスは解消されることなく、うやむやのうちに話は終わる。母親が首を絞めたことは、確かにある程度のストレス解消になった。しかし彩花のふてくされた態度は直らず、それどころか「おまえらみな坂道病だ」と他人に説教をする存在になってしまう。遠藤家母親の無力、父親の臆病、小島のおばさんの腹黒さ——それらのもの全てに対するストレスは行き場を失う。
こういう終わり方をするぐらいなら、希望のない結末であった方がよかったと思う。例えば、母親が彩花を殺して終わる。そうすれば、高級住宅街の住人が抱える空虚なプライドをもっと浮き彫りにできただろう。残酷話にはなっただろうが、そう思う。
[PR]
by sakichi_i | 2011-07-28 18:07 | その他 | Comments(8)

接骨院という奇妙なもの

しばらく前に腰を痛め、接骨院というものに行ってみた。3軒ほど行ってみた。
どうもおかしい。この接骨院(整骨院)という業界は。

とにかく異様に愛想が良い。
院に入った瞬間「こんにちわ!」と従業員全員が大声で迎える。奥のベッドで施術中の人さえも大声を出す。帰る時は「お大事に!」とまたいっせいに声を出す。店を挙げての送り迎えである。その他の受け答えも、全て愛想が良い。そして元気がいい。
つまり病院と逆だ。病院では患者は金を払う方=つまり客でありながら、基本的に低姿勢。医者や看護婦は、まあ別に「治してやる」というような傲慢な意識を持った人が多いとは思わないが、それにしても患者に対してへりくだるようなことはない。

その愛想の良さは、施術中も続く。とにかく、ずっと話しかけてくる。そのうち気がついた。これは治療のためではなく、客(患者)と人間関係を作るために話しかけているのだと。なぜそう思ったかというと、話が治療のことではなく脇にそれても、話がはずみさえすれば喜んでその話を続けるからである。医者と患者の会話という雰囲気ではない。
ベッド同士は薄いカーテンで仕切られているだけなので、他の施術中の人々の話はよく聞こえてくる。極めて和やかな雑談ばかり聞こえてきたような気がする。ある日僕の横で施術していた二人は、90年代アイドルについての話がものすごく盛り上がっていた。

この事だけで、すでに不信感を持った。治療する所(病院ではないし、何と呼んでいいか分からん)がなぜ、本来の職務、つまり関節痛などを治す能力以外の部分で患者を引きつけようとする必要があるのか。それは、つまり治療する能力が低いことの証ではないのか。
こっちは痛いから来ているわけで、それさえ治してくれればいくら愛想良くされても別にもう来たくない。患者と人間関係を作り、リピーターにしようとすること自体がおかしい。何回も来てくれということは、早く治すということと完全に正反対ではないか。

おかしいと思うことはもう一つある。こういう所を一番必要としているはずの、爺ちゃんと婆ちゃんがいない。

これらの事を考え合わせ、以下のような推測をするに至った。
接骨院というのは患者の疾病を完全に治そうとはせず、むしろ引き延ばしながら、患者がずるずると何回も来院することを目的にしているのではないか……と。

そしてそのメインターゲットになっているのは、中年女性である。
施術師(柔道整復師という)は9割方男。20代〜30代前半の男性が多いようだ。そしてどうも医者らしからぬ、といっても医者ではないが、そういう感じのチャラい人がちらほらいる。一度、茶髪でロン毛の男性整復師に当たった。
上で書いたように院内の会話は、ほとんど筒抜けで聞こえてくる。中年女性の組だけ、会話の雰囲気が違う。何というか、女性の声に常に「ウフ……」という感じの喜びが混じるのである。
接骨院のマッサージは微妙な所を触るわけではないが、お尻や脚はしょっちゅう触る。それを嫌がる女性がいてもおかしくない程度に触る。従って、2回以上行っている女性は間違いなく、それを承知で行っているのである。
皆が皆そうだとは言わないが、若い男に触られたり話したりすることを主目的に、あるいは主目的ではなくてもそれを楽しみに接骨院に行く女性は間違いなくいる、と思う。

下の会話は、ネットで検索して出てきた知らない方のブログより。無断引用すいません。

そこで治療を受けていた私の隣のベッドから何やらおかしな会話が聞こえて来ました。
先生「僕、来週の木曜日、誕生日なんですよ。だから来て下さいね!」
患者「プレゼントは何がいいの?」
先生「会いに来てくれれば、それでいいですよ!」
患者「え~!本当にそれだけでいいのぉ~ん(甘い声)」


ホストクラブの会話である。施術師の誕生日が、なんで客に関係あるんじゃという話。
それから、整骨院のホームページでこのようなものがあった。
b0054053_18243463.jpg
(目線は左吉が入れた)
完全に、「僕らイケメンが奥様をお待ちしています」という構図。ここはさすがに、行く気が起きなかった。入った瞬間、「なぜ来たんだ」というような空気になってはたまったものではない。

さて、接骨院にこういう「プチホストクラブ」の実態があるとしても、それだけで声高に非難するのは難しい。男性向けにはもっと前から、そういう店がある。それから、体を触っていると言ってもさすがに性的サービスをしているわけではないから、違法でもない。
困るのはそれに、保険が適用されることである。つまり平日の午後、時間の空いた奥様がそんなに腰が痛くもないのにマッサージで気持ちよくなることに、血税が使われている。

実はそれは、国が禁止している。

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
単なる肩こり、腰痛などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
(厚労省のホームページより)

明確な疾病がなければ、保険を適用してはいけないのである。ところが現実には、「なんとなく腰が痛い」という患者に対するマッサージにも全て保険が適用されている。なぜそう言えるかというと、僕自身がそうだったからだ。すべての通院時にそういう状況で、そして常に保険の適用を受けた。初診で1000円を超えたのみで、あとは数百円の請求しかされなかった。
ただでさえ、とんでもない巨額となっている医療費。ここに「ただのマッサージ」が加わり、さらに問題は深刻化する。
接骨院は、気をつけて歩いてみると驚くほど多い。一刻も早く、社会問題化した方がいいと思う。

ちなみに似たような名前の「整体」は、保険がきかない。間違えて行くと、数千円をとられることになる。
[PR]
by sakichi_i | 2011-07-12 18:33 | その他 | Comments(14)

何が真実なのか

b0054053_17533466.jpg

(上の画像は選手会サイトのトップページより)

ついにロックアウトに至ったNBA労使紛争。果たして選手会の主張が正しいのか、それともオーナー側の主張が正しいのか。これは、それぞれの主張内容を見るだけでは分からない。
結局のところ、リーグ(30チーム)の経営状態はどうなのか。このことが決定的に重要な問題だ。赤字が巨額なら、オーナー側の言うようなサラリー大幅削減もやむを得ないということになり、巨額でないならそんな必要はない、ということになる。

で、当然のごとく労使は今この問題でもめている。オーナー側は「大損してますよ」と言い、選手側は「そこまで大損してないだろ」と言っている。例えばオーナー側は30チーム中20チーム以上が赤字だと言い、選手側は10数チームだと言っている。
先日はニューヨーク・タイムズに「NBAオーナー側の挙げる数字は嘘」という記事が出て、NBA事務局が早速それに反論するという出来事もあった。

この「リーグの経営状態を正確に把握する」という問題は、後回しにすべきではない。オーナー側、選手側とも納得できる数字をまず確立すること。むしろこれが出発点なのだ。

そうするためには、少なくとも早期にそれを実現するには、労使交渉にまかせておけない。双方とも、それぞれの主張を通すために数字を利用しようとしている。彼らにとって、真実を明らかにすることは必ずしも第一義的目標ではない。隠蔽すること、粉飾することもあるかもしれない。

だから第三者機関の介入をお願いしたい。会計監査の専門家に、まずNBAの経営状態を明らかにしてもらう。
裁判所でもいい。裁判だと、双方の会計士が異なる数字を出すだろうが、そこに少なくとも判事という第三者の判断が加わる。相手の出す数字が間違っていると思う方が、訴訟を起こせばいい。

バークリーのおっさんなどは、「来季は全部なくなる」などと不吉なことを言っている。そうならないためにも、一刻も早く正しいデータを共通認識にすべきである。
[PR]
by sakichi_i | 2011-07-07 17:54 | Comments(0)

松本とかいう奴の件

朝のニュースを見て仰天。宮城県庁にヤクザが乗り込み、多くの職員やカメラが注視するなかで知事を脅していた……!
と思ったら、松本とかいう現役の大臣だという。絶句。

【J-CASTニュース 7月4日(月)20時2分配信】
松本氏は、2011年7月3日に就任後初めて岩手・宮城両県を訪れた。
 東北放送のニュース番組によると、宮城県庁を訪れた松本氏は、村井嘉浩知事が自分を応接室で待たせたことに腹を立てた。数分後に村井知事が笑顔で現れて握手を求めると、松本氏は、「終わってから」と言って拒否。村井知事が水産特区を要望すると、県がコンセンサスを得ないと国は何もしないと突っぱね
(補足。松本氏の発言は「県でそれコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。ちゃんとやれ」)、応接室で待たせたことをこう非難したのだ。
 「お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか、長幼の序が分かっている自衛隊なら、そんなことやるぞ!」
(最後の「そんなことやるぞ」は意味不明だが、多分「そうはいかんぞ」というような意味だろう)
 村井知事が自衛隊出身なのを指して言ったらしい。松本氏が身を乗り出して同意を迫ると、村井知事は、年下であることを意識したのか、「はい」と答えた。しかし、顔は引きつり、苦笑いを浮かべていた。
 さらに、松本氏は、最後の言葉をオフレコとして、報道陣を見渡しながら、「書いたら、もうその社は終わりだから」と威嚇した。東北放送は、この場面さえ流しており、脅しには安易に屈しなかったわけだ。
 その後、次々に他のマスコミが報道し始め、松本氏は、岩手県庁訪問でもきわどい発言をしていたことが分かった。
 達増拓也知事が仮設住宅を要望したのに対し、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」と指摘。さらに、「知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないヤツは助けない」「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」と放言を繰り返した。


人間として間違っている点が多すぎて発狂しそうだ。マジに殴りてえコイツ。

この暴言は、東北放送がニュースで流して初めておおやけになったらしい。ということは他の放送局は、松本の恫喝に屈したのか? 松本がやろうとしたのは報道規制。憲法違反じゃないか。全メディアが真っ先に取り上げ、糾弾すべきだろうが。

それと総理大臣。こんな奴、辞職させてどうするよ。絶っっっ対更迭。クビにするしかない。

この国の政府、メディアともこのレベルなのかよしかし……。
久々に、暗澹とした気分になった。
[PR]
by sakichi_i | 2011-07-05 15:37 | その他 | Comments(0)