<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

消費税率アップ

昨日、一般家庭の一世帯あたり年間数万〜十数万円をぶんどる法律が、衆議院で可決した。
今からでも遅くはない。増税に反対する人は立ち上がろう!
消費税増税を参議院でつぶせ!!
[PR]
by SAKICHI_I | 2012-06-27 12:12 | その他 | Comments(0)

Reigning Finals MVP

b0054053_14164652.jpg

5月18日に書いた、レブロン・ジェームスは果たして優勝する資格のある選手なのか、という疑念は払拭された。
このプレーオフの中で、そしてファイナルという1シリーズの中でさえ、進化していったと思う。試合終盤での存在感を、どんどんと増していった。
とはいえ例えばデュラントのように4Qだけで15点獲るなど、終盤で驚異的な大活躍をしたわけではない。彼のレベルの選手としては普通に、存在感を消さず、他のクォーターと同じように働いただけだ。それでも、ゲームに大きな影響を与える。やるべきことは、これだけだったのだ。

レブロンがこうなった以上、来季からもヒートは不動の優勝候補であり続けるだろう。
レブロンにとって、NBAの史上にまだまだ越えるべき偉人は多い。この優勝はゴールではなく、出発点である。
[PR]
by sakichi_i | 2012-06-24 14:19 | NBA関連 | Comments(0)

おめでとう

嬉しいというより、「よかったね」という感じ。
b0054053_20384341.jpg

[PR]
by sakichi_i | 2012-06-22 20:39 | NBA関連 | Comments(0)

敵はクランプ?

ある意味サンダーより恐ろしい敵、「怪我」がレブロンの優勝の前に立ちはだかるのか――と思った。
b0054053_21125442.jpg

こむらがえり だそうである。
本当にそれだけの事であれば、今後の試合に影響が出る可能性は低い。

たかがこむら返りではあるが、現実問題それによってレブロンは非常に重要な時間帯にベンチに下がったのだから、甘く見ることはできない。
推測するに今日のレブロンの場合、ふくらはぎ近辺がつるという典型的なこむら返りのパターンではなく、足の甲など、脚の前側がつったのではないか。脚の裏側(背中側)のどこかがつったのなら、前屈運動をして直す。しかし今日のレブロンはそうせず、ベンチに下がってから脚をたたんで正座のような格好をしている。
こういう足のつり方をした時に困るのが、普通に立ったり歩いたりするだけで、こむら返りが再発することだ。つま先を伸ばすというような動作は、試合をしながらやることは不可能なのである。

ところで僕はこのこむら返りに、生まれてこの方ずっと悩まされてきた。しかし数ヶ月前からマグネシウムとビタミンEのサプリを摂るようになってから、その発生回数が激減した。
[PR]
by SAKICHI_I | 2012-06-20 21:12 | Comments(0)

ウェイドさん、勘弁して!

b0054053_22482327.jpg

2試合連続で、とんでもない薄氷……
全面にびっしりヒビの入った氷の上を、気の遠くなるほど遠くに見える対岸まで渡っていくような試合であった。

デュラントも、神にはあらず。今日の4QはFG1/5、FT0/2(!)の2点。レブロンのディフェンスが効いていた。
[PR]
by SAKICHI_I | 2012-06-18 22:48 | NBA関連 | Comments(0)

ファイナル第2戦の印象

b0054053_16474628.jpg

応援している方が勝った試合の中で、これほど恐ろしい思いをし続けた試合というのは記憶にない。
(もっとも、こういう試合展開でそのまま逆転されて負けたことはある)
第4Qだけの印象で言えば、
レブロン・ジェームス×4<ケヴィン・デュラント
デュラントがジャンプシュートを打った時の、敵として見たときの「またやられる」という絶望感は、かつてシャキール・オニールがペイント内でボールを持った時の気持ちに近い。

とりあえず、スウィープ負けの消滅めでたい。
[PR]
by SAKICHI_I | 2012-06-15 16:48 | NBA関連 | Comments(0)

ヒートがファイナル進出

これでようやく、
b0054053_07062.jpg

去年と同じスタートラインに立った。
NBA制覇への道は長い。

とてつもなく、長い。
[PR]
by sakichi_i | 2012-06-11 00:06 | NBA関連 | Comments(4)