<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おめでとうございます

b0054053_12511190.jpg
今年のアカデミー賞で、『博士と彼女のセオリー』主演のエディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した。
日本ではまだ公開されてないこの映画、僕はすでに見た。アメリカで見たわけでも、ネットで違法の動画を見たわけでもなく、試写会で見た。
見たのは、「たまたま」であった。会場に行くまでどんな映画を上映するか分からないという試写会だった。行ったら、上映されたのがこの映画だったというわけである。
まず予告編が流れる。それを見て僕は、ハズレだと思った。映画のタイプとしても、あまり好きではない。予告編を見た感想を問われたアンケートでは、「あまり期待できない。若者が不治の病に苦しむ姿を見たくない」と書いた。
見終わった後、僕はそう書いたことを猛烈に反省していた。障害者の気の毒な姿を映し、同情と涙を誘う安っぽい映画ではない。難病により極めて困難な状態に陥った博士が、なんと不屈の闘志にあふれ、希望に満ちていることか。
エディ・レッドメイン、まさに主演男優賞にふさわしい。
おめでとう、ではなく、ありがとう、と申し上げたい。
[PR]
by SAKICHI_I | 2015-03-16 12:51 | 雑記 | Comments(0)

ドリップコーヒーの問題点

コンビニコーヒーの勢いが止まらない。僕もご多分にもれずハマり、レギュラーコーヒーの美味しさを改めて知った。しばらくすると、少しでも安くあげたいという気持ちが発生し、今度はドリップコーヒーを飲むようになった。
そして今に至る。今のマイブームはドリップコーヒーである。

先日、MAXIMのドリップコーヒー「ちょっと贅沢な珈琲店」を買った。それまで買ったことのない商品だった。
飲むためにカップのふちにフィルターの足を引っかけようとして、がく然とした。足が短くて、届かない。僕の使っているカップはやや大きめなので、今までもこれに近いことはあった。初めての商品の時は、いつも少し不安だ。しかしこれほど、「ちょっと贅沢な珈琲店」ほど完全に届かないことは今までなかった。
皮肉なことにこの「ちょっと贅沢な珈琲店」、パッケージに「セットしやすさ評価No.1」と書いてあるのである。僕自身、それを見てこの商品を買ったという面がある。フィルターの足の出来が悪いと、セットするのに非常に苦労する。
確かに「ちょっと贅沢な珈琲店」の形状であれば、もしカップにはまりさえすればセットしやすいだろうとは思う。しかし届かないのだからどうしようもない。カップの脇に寄せてなんとかはめようとしてみたが、無理だった。

b0054053_15252262.jpg

 これが理想型






パッケージの裏表天地左右まで全部見てみた。「カップ直径○cm以上不可」とはどこにも書いていない。これはカップにセットできるかどうかの、最も重要な基準だ。記載すべきだ。
ちなみに僕が会社で使っているカップは直径10.5cm。とんでもなく大きいわけではない。

僕が今まで飲んだ中では、ファミリーマートのオリジナル商品がよくできている。4点でなく3点でフィルターを支える形式で、かなり大きなカップにも安定してセットすることができる。
[PR]
by SAKICHI_I | 2015-03-10 15:25 | 雑記 | Comments(0)