読むのが苦役:有川浩『旅猫リポート』

世の中につまらん創作物は星の数ほどあるので、いちいち叩いても仕方ない。だがこの小説の場合、単に退屈なだけではなく読んでいてムカついた。

ラジオでDJが、この小説が非常に良かったと言っていた。それで読んでみた。売れた本なのかどうかは知らない。有川浩という小説家の本を読むのは初めて。後で調べると売れっ子作家の一人で、ドラマ化された作品も多いようだ。

まずは、ストーリーそのものがつまらない。主人公の「善人」エピソードをこれでもかとぎゅうぎゅうに詰め込み、その偽善臭が腐臭になるまで詰め込んだ後で最後は……となる。
陳腐。極めて陳腐。
「泣け泣け」という作者の意図がページの全面に塗られ、ギラギラと生臭い光を放っている。泣かせようという意図で書かれた物語で泣けないほど、白ける事はない。

もう一つは、ギャグがつまらない。だけでなく、これも作者の「さあ笑え」というドヤ顔が背後に大きく見えるのである。自信満々で繰り出したギャグが、ことごとく滑る。文章そのものに可愛げがない。

タイトルの通り、猫が登場する小説である。多分、猫や他の動物が好きだったり飼っていれば、僕よりははるかにこの小説に共感できるのだろう。僕自身は実家で犬を飼っていたり、小鳥を飼ったりした。猫は好きでも嫌いでもない。いずれにしてもこの小説が「分かる」という人の気持ちは分からないので、あまり考えても仕方がない。

猫小説といえば日本で最も名高い小説の一つ、漱石の『吾輩は猫である』がある。こっちの方は非常に好きなので、あまり猫が好きかどうかは小説の評価に関係ないような気もする。
先日ふと思い立ち、何年ぶりか何十年ぶりか分からないぐらい久しぶりにこの小説を読んだ。驚愕した。これほど一文一文に笑いが濃厚に凝縮されている文章は、現代も含めて他に無いのではないか。僕は読みながらたびたび、笑うよりも先にその文章の精巧さに感動した。
難癖をつけるなら、少々長すぎる。ストーリーに起伏がないので、後半は飽きてくる。『坊っちゃん』ぐらいの短さであれば、何の文句もなかったと思う。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2015-05-18 16:37 | 雑記 | Comments(0)

おめでとうございます

b0054053_12511190.jpg
今年のアカデミー賞で、『博士と彼女のセオリー』主演のエディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した。
日本ではまだ公開されてないこの映画、僕はすでに見た。アメリカで見たわけでも、ネットで違法の動画を見たわけでもなく、試写会で見た。
見たのは、「たまたま」であった。会場に行くまでどんな映画を上映するか分からないという試写会だった。行ったら、上映されたのがこの映画だったというわけである。
まず予告編が流れる。それを見て僕は、ハズレだと思った。映画のタイプとしても、あまり好きではない。予告編を見た感想を問われたアンケートでは、「あまり期待できない。若者が不治の病に苦しむ姿を見たくない」と書いた。
見終わった後、僕はそう書いたことを猛烈に反省していた。障害者の気の毒な姿を映し、同情と涙を誘う安っぽい映画ではない。難病により極めて困難な状態に陥った博士が、なんと不屈の闘志にあふれ、希望に満ちていることか。
エディ・レッドメイン、まさに主演男優賞にふさわしい。
おめでとう、ではなく、ありがとう、と申し上げたい。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2015-03-16 12:51 | 雑記 | Comments(0)

ドリップコーヒーの問題点

コンビニコーヒーの勢いが止まらない。僕もご多分にもれずハマり、レギュラーコーヒーの美味しさを改めて知った。しばらくすると、少しでも安くあげたいという気持ちが発生し、今度はドリップコーヒーを飲むようになった。
そして今に至る。今のマイブームはドリップコーヒーである。

先日、MAXIMのドリップコーヒー「ちょっと贅沢な珈琲店」を買った。それまで買ったことのない商品だった。
飲むためにカップのふちにフィルターの足を引っかけようとして、がく然とした。足が短くて、届かない。僕の使っているカップはやや大きめなので、今までもこれに近いことはあった。初めての商品の時は、いつも少し不安だ。しかしこれほど、「ちょっと贅沢な珈琲店」ほど完全に届かないことは今までなかった。
皮肉なことにこの「ちょっと贅沢な珈琲店」、パッケージに「セットしやすさ評価No.1」と書いてあるのである。僕自身、それを見てこの商品を買ったという面がある。フィルターの足の出来が悪いと、セットするのに非常に苦労する。
確かに「ちょっと贅沢な珈琲店」の形状であれば、もしカップにはまりさえすればセットしやすいだろうとは思う。しかし届かないのだからどうしようもない。カップの脇に寄せてなんとかはめようとしてみたが、無理だった。

b0054053_15252262.jpg

 これが理想型






パッケージの裏表天地左右まで全部見てみた。「カップ直径○cm以上不可」とはどこにも書いていない。これはカップにセットできるかどうかの、最も重要な基準だ。記載すべきだ。
ちなみに僕が会社で使っているカップは直径10.5cm。とんでもなく大きいわけではない。

僕が今まで飲んだ中では、ファミリーマートのオリジナル商品がよくできている。4点でなく3点でフィルターを支える形式で、かなり大きなカップにも安定してセットすることができる。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2015-03-10 15:25 | 雑記 | Comments(0)

黒田復帰

嬉しいことは嬉しいが、若干複雑な心境。今率直に思うことは

・日本で一流でも、MLBで通用するとは限らない。その逆のパターンで、黒田の場合MBLの使用球やストライクゾーンが異様に合っていた、という可能性はないか
・さすがに40歳。来年が急激な劣化の年であってもおかしくない。
・不調に陥ったとしても、黒田を二軍に落とすことができるのか。年俸、周囲の期待度から考えて、非常に難しいような気がする。となると、一軍の一枠が無くなることになる。
・もし活躍できなければ、4億円という日本人選手としては球界最高クラスの年俸だけが重くのしかかり、激しく叩かれることになる。
・それにしてもこの「4億円」が黒田にしてみれば大幅な「安売り」となってしまうのは、黒田の評価がアメリカで高いことも一因だが、根本的には日米プロ野球の途方もない年俸格差に原因がある。簡単に「どっちが悪い」とは言えないが、何とかならないものかと思う。

僕はベストシナリオを演じることになったとして、10勝だと思う。単純に考えて、その上積みだけでカープが優勝を狙えるわけではない。大瀬良、野村、中田、一岡など若手投手のさらなる成長と安定、外人選手が一年を通じて活躍することなど、必要な条件は多い。今はひたすら、それらの条件が一つでも多く満たされるよう、願うのみである。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2014-12-29 11:47 | Comments(0)

この世で最も、ありえない事の一つ

元阪神の新井とかいう選手が、広島カープに入ることになった。
数日前にそういう情報があった時も、まさか現実になることはあるまいと思っていた。

あの球団を運営している人間たちの脳みそと思考回路に、根本的な疑義が生じた。
弱い方が、百倍はマシである。

「市民球団」などと言ってもしょせんは「他人の経営する民間企業の一つ」にすぎない。
痛感した。
数十年カープを応援した中で、最も激しく痛感した。


[PR]
# by SAKICHI_I | 2014-11-11 10:59 | Comments(0)

人を踏みつけて殺した豚と、小倉智昭

9月27日、東京・田端のラーメン屋で、体重120kgの豚が人間を踏みつけて殺すという恐ろしい事件が起きた。被害者は生きながらにして顔や腹を踏まれ、内臓を破裂させられて死んだ。内臓は、簡単には破裂しない。また何かの拍子に腹を軽く打った時さえ、痛さにしゃがみこんでしまうほど痛い。その内臓を死ぬまで踏まれた被害者の激痛、恐怖、死んでいく無念さは想像を絶する。
しかもやったのは人間ではなく豚である。なぜこのような凶悪な豚が今まで放し飼いにされていたのか、まったく理解に苦しむ。土佐犬につけるような首輪を付けて飼われるべき存在だろう。

さて今日もう一つ腹が立ったのは、フジテレビの番組「とくダネ!」の司会・小倉智昭だ。

(豚について)「体の大きな人というのは、それだけで威圧感がある」
これは、威圧感があるだけで実際には悪くない人間についていう言葉だ。ここで、ちょっとおかしいと思った。

「(被害者が豚の)荷物を置いてある椅子を引かなければよかった。引くにしても穏やかに、トラブルにならないようにすべきだった」(一字一句は覚えていないので大意)

被害者の方が悪いかのような言い方である。ありえん。事実上、豚の擁護だ。
別に放送時間を使って、豚を延々と糾弾すべきだというわけではない。それにしても擁護するのはありえん。考えられない。
小倉が豚の事件についてコメントしたのは、以上の2回だけだったと思う。しかしこれだけでも、小倉の人間性を疑うには充分だ。
失言ではない。うっかり言ってしまったわけではない。小倉の思考回路はわからないが、小倉の考え方から発している。何回聞かれても、恐らく小倉は同じ事を言うに違いない。

小倉にアンチが多いことは知っていたが、今まで関心はなかった。今日から僕も、アンチ小倉の一人になろうと思う。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2014-10-01 12:13 | その他 | Comments(0)

惨事

b0054053_11243054.jpg









深夜2時か3時ごろだったか。あの豪雨が発生した時、ずっと雨量情報サイトで広島の状況を見ていた。そのデータサイトを見てきた限りでも、あんな凄まじい雨は記憶にない。
そのサイトでは各地域のマップに、1時間5mmレベルの降雨の地域、1時間10mmレベルの降雨の地域という風に色で分けて表示される。その降雨最大レベル、1時間100mm以上のレベルを示す紫色の表示が1地域に表示され、ずっと動かない。
そもそも紫色自体が、ほとんど現れることがない。その紫が、今回被害を受けた広島市安佐南区の1地点にとどまったまま動かない。2時間も3時間も動かない。
実際に降雨を肌で感じるわけでも、音で聞くわけでもないのに、その画面を見て身の毛がよだった。

起きていたのは、たまたまだった。2ちゃんねるの広島カープスレを見ていた。午前2時ぐらいから、「雨がすごい」「雷がすごい」「恐ろしい」というレスが増えてきた。カープスレなのだから当然、広島在住の人が多い。まさに現地の、リアルタイムの声である。それで、雨量情報サイトを見た。あのレスをしていた方々の中に被害を受けた人がいたとしても、何の不思議もない。

うちの実家は今回甚大な被害を受けた安佐南区八木と、太田川を挟んだ対岸の地域にあった。直線距離にしてほんの2kmほどしか離れていない。今は引っ越して、別の場所にある。
JR芸備線に乗り、実家に戻ったものだった。その芸備線も、水浸しになった。

広島に限らず瀬戸内は全地域そうだが、平地が無い。非常に多くの住宅地が、山のふもとか斜面にある。
今回のような途方も無い雨を想定するのは、困難だったかもしれない。それにしても今回の事を教訓にし、できるだけ安全性を高める街作りをしてほしいと思う。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2014-08-21 11:19 | その他 | Comments(0)

珍作

b0054053_1938139.jpg
CSの映画専門チャンネルで、ゴジラの特集をやっている。
名作の誉れ高い第一作を頂点にしてクオリティは低下の一途をたどり、1970年代ごろからは『東映まんがまつり』の一部としてドラえもんやみなしごハッチと同時上映されていた……ということは僕も知識としては知っていたり、途中からは映画館で見て知っていた。しかしゴジラシリーズ初期の作品を見たことがなかったので、この特集を楽しみにしていた。
とりあえず第一作から順に何本か見て、分かったことがある。クオリティはゆるやかな曲線を描いて下がるのではなく、すでに第2作で垂直落下をするごとく急激に下がっていた。

第2作「ゴジラの逆襲」
ゴジラは大阪湾に出現。ゴジラは光を異様に敵視し、追いかけるというので、自衛隊の航空機が光を発して誘導(イカ漁のようだ)。見事成功し、ゴジラは沖へと去る。ここで突然強盗犯と、それを追いかける警察が出現。ゴジラがすぐ近くに迫って街が危機に瀕しているという時に、悠長なものである。その強盗犯が車の運転を誤り、石油タンクに激突。大爆発を起こす。その爆発の光にゴジラが気づき、大阪へとUターン。そこへゴジラのライバルの怪獣、アンギラスが登場。二匹はとっくみあいの大げんかを始める。その間中自衛隊の戦車や戦闘機が二匹に砲弾を撃ち込みまくっているのだが、完全シカトして延々とケンカを続ける。長いケンカはゴジラの勝利で終了。ゴジラは悠々と、大阪の街を破壊し尽くして去る。
焼け野原になった街を見て政府か役所の大物らしき人物たちが「なあに、復興して見せますよ」「頼みますよ。ハッハッハッハ」と談笑するのだが、何がおかしいのかまったく分からない。
その後主人公たちは戦友と会って宴会をしたりして、極めて和やかに過ごす(以下略)

細かい指摘をするのは面倒なのでやめておくが、とにかく見ながらハァ?と100回ぐらいは思う珍作であった。ある意味興味深い作品であることは確かだと思う。

追記
後で調べたら、事情が分かった。ゴジラ6まで本多猪四郎という人が監督をしているのだが、このゴジラ2だけ監督が違っていた。全部はまだ見ていないが、確か第4作の「モスラ対ゴジラ」は傑作だった記憶がある。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2014-07-22 19:38 | 雑記 | Comments(0)

LeBron James is heading back to Cleveland

…………絶句。

こんな移籍、あらゆるスポーツにおいて記憶がない。
そのそもあのオーナーがいるのにCLEが獲得の意志を示した時点で、冗談かと思った。
キャブスのファンはどういう気持ちでレブロン・ジェームスを迎えるのか?
[PR]
# by sakichi_i | 2014-07-12 12:10 | NBA関連 | Comments(3)

プロ野球オールスター投票

6/11発表の時点で、セリーグの全11ポジション中6ポジションをカープの選手が占めています。
多分パリーグのチームのファンと、特定の応援チームを持たない漠然とした「野球ファン」の人の票がほとんどでしょう。
このまま奴らが選出されると彼らも、俺らカープファンも大恥なんですか、どう責任をとってくれるんですか?

[PR]
# by SAKICHI_I | 2014-06-11 16:49 | その他 | Comments(0)