「はだしのゲン」問題

どうにも腹が立つ。自分でももう一つどういう言葉にしていいか分からないのだが、とにかく腹の虫が治まらない。

僕は広島の人間なので、長崎をのぞく他県の人々よりは多くの原爆に関する知識・教育を与えられてきた。「はだしのゲン」は確か、小学校高学年の時に読んだと思う。また原爆資料館にも、小学生の時に行った。

1)まず、「首をはねたり、女性を乱暴したりするなどの描写を問題視した」という松江市教育委員会の言い分について。
「はだしのゲン」という漫画の衝撃はすさまじい。僕はいまだに、いくつかの場面が脳裏に焼き付いている。しかしその衝撃のほとんどは、原子爆弾が引き起こした惨状の描写によるものだ。
松江市教委が問題にしているような場面は、言われてみればあったかとは思うが、この漫画全体の中ではほんの一部でしかない。そこだけ採りあげて子供に見せたくないというのは、極めてとんちんかんである。

2)もし松江市教委が上のように主張するのなら、問題とされる部分を塗りつぶせばいいだけだ。

3)上では「はだしのゲン」は衝撃だったと書いたが、それでもあくまでも漫画。作者・中沢啓治氏の絵は写真のようにリアルというわけではない。あえて言うが、それほど衝撃的であった「はだしのゲン」よりも、原爆資料館の写真の方がはるかに、はるかに衝撃は大きい。その意味で、よりリアルである写真や映像を問題にせず漫画だけ閲覧禁止にするのは、これまたとんちんかんな話だ。

4)僕の同級生を始め、多くの子供達が「はだしのゲン」と原爆資料館を見たが、それが悪い影響があったという話を聞いたことがない。


僕がさらに恐ろしいと思うのは、この問題に対する下村という文部科学相の発言だ。
「漫画の描写について確認したが、教育上好ましくないのではと考える人が出てくるのもありうる話だ」
松江市教委は一応、本音か建て前かは知らないが、僕の知る限り「教育上好ましくない」とは言っていない。「教育上好ましくない」ということは、年齢が上の人間もできれば読まない方がいいわけだ。この文科相は「はだしのゲン」をそう評価した。そして国民に対する検閲的意識があることを明らかにした。
一国の大臣である。このことの方が、一つの自治体の問題より、よほど恐ろしい。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2013-08-23 12:09 | その他 | Comments(0)

効果あり

b0054053_2216846.jpg

前回の記事以来、6勝4敗1引き分け
[PR]
# by sakichi_i | 2013-08-22 22:15 | その他 | Comments(0)

毎試合、絶句

ここまで連日、ゴミのような試合を見せられたことは記憶にない。
b0054053_1235515.jpg

[PR]
# by SAKICHI_I | 2013-08-10 12:35 | その他 | Comments(0)

ヒート優勝

PROBABLY
THE MOST INCREDIBLE COMEBACK
IN NBA HISTORY
b0054053_204284.jpg

負けたら終わりという試合で5点ビハインド、残り28秒という窮地に陥りながら逆転勝ち。そして次の試合も勝って優勝。
これほど追い詰められた所からの逆転優勝というのは、個人的には見たことがないし、知識としても聞いたことがない。
[PR]
# by sakichi_i | 2013-06-21 20:49 | NBA関連 | Comments(0)

囲い込んでも、美味ければ人が来るだろ

Yahoo!の記事
東京チカラめしブームに陰り?

東京チカラめしの客入りが頭打ちになったことを、松屋、吉野家、すき家という「牛丼御三家」が「チカラめし包囲網」を作って追い込んだからだ、と分析している。
なぜ、一番肝心なことを書かないのか。

チカラめしの牛丼は、大して美味くない。

どうもこういう、企業の業績を分析する記事には、事態の本質をごまかすことを目的に書かれているんじゃないかと疑うようなものが多い。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2013-06-15 12:11 | 雑記 | Comments(0)

なんで隠そうとした……?

プロ野球統一球、飛びやすくなっていた NPB認める

日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーから一任を受けたNPB事務局が製造するミズノ社に調整を指示したが、各球団と選手会には説明せず、ミズノ社に「混乱しないよう、調整したことは公表しないでほしい」と要請したという。

ボールが変わってないはずなのにカッ飛び始める方が、混乱するに決まってんだろ。
達川なんて、「バッターが飛ばないボールに慣れてきた」などと間抜けな解説しちまってたじゃねーか。
[PR]
# by sakichi_i | 2013-06-12 01:07 | その他 | Comments(0)

Rock'n'Roll “THE DARK SIDE”

ロックの個人的コレクション、「黒い曲集」、の一部

Tool:Stinkfist



Hole:Best Sunday Dress



Nine Inch Nails:The Frail/The Wretched

[PR]
# by sakichi_i | 2013-06-08 22:05 | Comments(0)

エリック・ゴードンの呼びかけ

ニューオーリンズ・ホーネッツのエリック・ゴードンが、なぜかツイッターで突然日本語を記入。
b0054053_1217235.jpg


言葉として多くの間違いがあるものの、下の方は意味が分かる。上の方は、ちょっと分からない。ツイッター的な省略した文章を英語で打ち、それを自動翻訳にかけたのではないかと推測する。
それにしても残念なのは、せっかくゴードンが「日本に私のファンはいるか」と呼びかけたこのつぶやきに対し、いまだに一件のリツイートもない事だ。僕がやってもいいのだが、僕の方のフォローなどがばれるとこっ恥ずかしいのでできない。
差し支えのない人は、ぜひ返事をしてあげてほしい。

それと興味深かったのは、ゴードンのプロフィール文章ですでにニューオーリンズ・ペリカンズ。ペリカンズ!になっていること。他球団との契約にマッチされてNOHに引き留められた時はブーブー言っていたゴードンであるが、今はペリカンズへの愛着が強くなっているのだろうか。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2013-05-10 12:16 | NBA関連 | Comments(2)

今村、お前のどこに怒る資格がある

100倍怒りたいのはこっちだっつーの

【広島】今村、ファンのヤジに一触即発「降りてこいや!」
スポーツ報知 4月26日(金)7時2分配信
ヤクルト8x―7広島=延長12回=(25日・神宮) 今村が、スタンドをにらみつけて怒りをあらわにした。2点リードの7回から登板し、1死一、二塁からバレンティンに一時逆転となる3ランを被弾。試合後、ファウルグラウンドを歩いてバスに向かう途中、三塁側から「しっかりしろ!」などと執ようにヤジを飛ばすファンに「降りてこいや!」と言い返し、一触即発の状態になった。

[PR]
# by sakichi_i | 2013-04-26 09:07 | その他 | Comments(0)

どうしたんですか、東野さん

と言うことさえすでにすっかり今さらの話なのだが、東野圭吾さんの話。
書く小説が、別人であるかのように面白くなくなった。しかもごく最近だけ、というわけではない。
最新作の2冊はまだ読んでないが、それ以外は全部読んだ。その印象では、2007年出版の作品あたりからだんだんと面白くなくなってきた。
僕はおぼろげながらそれを感じていたが、ファンとしてそれをはっきり認めるのは嫌だった。認めざるをえない、と思ったのは、2011年の「マスカレード・ホテル」を読んだ時だった。たまたま凡作がいくつか続いたのではなく、東野小説は劣化したのだ、と思った。

2009年、「新参者」を本屋で売り出していた時のことを思い出す。宣伝POPに書いてあった。
「東野圭吾は終わったなんて、とんでもない。今度はこう来たか、と思わせる一冊」
僕は「新参者」のことより、東野圭吾は終わったという評価があることに驚いた。驚いたが、信じなかった。しかしそれは、今思えば間違いではなかったのだ。「新参者」を読んだ印象も、それを裏付ける。

最近の東野小説の特徴は、「良い話」であること。とにかく読者を感動させたいという意図がある。作者の本心かどうかは知らないが、どの作品にも人間というものへの究極的な信頼がある。その「良い話」の出来がよければまだいいのだが、あまり泣けない。
読者を感動させられない「良い話」がどういう印象を持たれるかといえば、偽善だ。偽善は死ぬほど嫌いだ。
さらにはそれが、果たして東野圭吾が書くべき小説なのか、ということだ。東野小説は人間の恐ろしさを描き、それが強烈な印象を与えてきた。その毒と牙が、無くなった。

この変化がどうして起きたのか、僕には分からない。人間が丸くなったのかもしれない。あるいは、国民的作家として慕われたいのかもしれない。だとしたら、そのもくろみも失敗している。
今の東野さんは、膨大な数の読者を震撼させ、熱狂させたあの姿をしていない。なまくらになった牙を研ぎ、もう一度あの凶暴な姿になって現れることを、心から願う。
[PR]
# by SAKICHI_I | 2013-04-25 12:27 | 雑記 | Comments(0)