くそサイト DAZN

今DAZNで広島×ヤクルト戦を見ているが、その使えなさに切れかけている。

3月なかばにうちのマンションの修復工事が始まった。工事の都合で、ベランダに置いてある物は撤去しなくてはならない。それでCSアンテナを外した。となると、スカパーは見られない。
工事の間、6月初めまでプロ野球を見る事は無理か……とあきらめていたが、幸運があった。DAZNで今年から、巨人主催を除く全試合を中継すると言う。早速加入した。以来、1ヵ月あまり、見られる時はDAZNでカープの試合を見ている。

結論から言うと、スカパーが健在である限りDAZNは二度と使わない。

1)遅い
ラジオ中継や地上波TV中継と比べれば分かるが、とにかく遅い。計ったことはないが多分2分ぐらいリアルタイムから遅れているのではないか。今起こっていることを見るという緊張感がはなはだしくそがれる。さらには、このことにより文字ライブが見られない。例えばいま登板したピッチャーの防御率はどれくらいか、何試合続けて登板か、といったことをチェックするためにYahoo!スポーツを見ると、「ライトスタンドにホームラン」と表示されていたりするからである。TV中継を見る意味がなくなるんで、事実上の「未来」になっているネットライブは見られない。

2)止まる
試合によっては、ひっきりなしに画面が止まる。紙芝居状態である。これを書いている今も、九里が投げたボールが空中にある状態で1分ほど止まっている。この事の何が悪いとか、書くのも馬鹿馬鹿しい。今画面が動き出したが、坂口が一塁にいる。止まっている間にヒットを打った。

3)画質が悪い。
全体的に色がくすんでいる。球場の芝生はあざやかではないし、人の顔は土気色だ。

以上は、うちのパソコンで見た結果である。このPCは確か5-6年前に買ったもので、機種のレベルは普通。ネット回線はやや速い契約にしていたと思う。正直細かいことは分からないが、とにかく間違いないのは、他のサイトでストリーミング放送を見た時にこんな状態になったことは一度も無い、ということだ。アメリカのサーバーを使っているであろうNBAのライブ放送でも、特に不満に思ったことはない。従って機器の要件は普通以上を満たしていると思う。

ちなみにスマホでWi-Fi接続で見た場合、パソコンよりはだいぶマシである。リアルタイムからの遅れは数十秒。画面もきれいだ。止まることも少ない。だがあんな小っさい画面で何時間も見ていられない。打球の行方を追おうと思ったら、目の前10cmにスマホをかざしていなくてはならない。

少し調べてみると、Windows10用ブラウザの何とかというやつを使えば快適、と書いてあった。うちはWindows7だが、一時的に見るサイトのためにOSをアップグレードする気はない。
「Windows10であればベスト」というのであれば許容範囲。だが、「Windows7では使えない」というのでは困るのである。
僕が願うのは、スカパーが永遠に永遠に存在してくれることだけ。DAZNがクソだろうが何だろうがどうでもいい、という状況であることだ。聞いた話だとイギリスのサーバーを使っているとかいうことだし、DAZNに期待するだけ無駄だと思う。
[PR]
by SAKICHI_I | 2018-05-06 19:08 | その他 | Comments(0)


<< 故郷の大災害 何はともあれ、興味深い >>