とるに足りない事 いろいろ

b0054053_23595411.jpgもう九月 なのに見事な 入道雲
 ええかげんにせいや 太平洋高気圧
                         佐吉

■イーバンク銀行の支店名

ネット決済専用の銀行、イーバンク銀行というものがあり、僕はここに一つ口座を持っている。
昨日この銀行から通知のメールが来た。
「支店名」 が変わると言う。
イーバンクはネット上のみに存在する銀行なので、店舗のある、普通の意味でいう 「支店」 というものは無い。
あくまでも便宜上、預金者を各 「支店」 に振り分けているだけだ。
今までの支店名は単なる数字だったが、それが以下のように変わる。

◆支店番号:101   支店名:「本店」
◆支店番号:201   支店名:「ジャズ支店」
◆支店番号:202   支店名:「ロック支店」
◆支店番号:203   支店名:「サンバ支店」
◆支店番号:204   支店名:「ワルツ支店」
◆支店番号:205   支店名:「オペラ支店」
◆支店番号:206   支店名:「タンゴ支店」
◆支店番号:207   支店名:「サルサ支店」
◆支店番号:208   支店名:「ダンス支店」
◆支店番号:209   支店名:「リズム支店」
◆支店番号:210   支店名:「ビート支店」
◆支店番号:211   支店名:「マーチ支店」

しつこいようだがイーバンクはネット上の銀行なので、銀行が通常おこなうような、銀行員と顧客とのやりとりは無い。
だから例えば銀行員が訪問してきて
「わたくしイーバンク銀行サンバ支店の山田と申しますが、このたび住宅ローンの金利が0.1%下がりましたのでこの機会にぜひ」
という説明をされて、 「プッ」 と吹き出すようなことはないわけだ。
それにしても、あまりにも支店名としてあり得なさ過ぎて、違和感を感じざるをえない。
それと、せっかく音楽ジャンルの名をつけたのだから各支店でその特色を打ち出すかもしれないという淡い期待をいだかせるが、現実問題としてそういう事はないだろう。
ウメ支店とかサクラ支店とかにしといた方が無難だったと思う。

■木村カエラ

J-WAVEで番組をやっていますが
ただのクソ生意気な素人ですね
以前 「可愛いと思う」 と書いたんすがあのキャラはちょっと

■ドラマ 『女系家族』 の米倉涼子

ドラマ自体は面白いが、ますます 「主役」 米倉の存在感は薄まるばかり。
脇役たちが活躍する方がおもしろいという皮肉。
実力派俳優を相手に回して主役を張るのは無理だったな。

■ドラマ 『女王の教室』 の和美ちゃん

カワ。.:*・゜(n・∀・)η゚・*:.。.イイ
いやほんと面白いあの子は。
それはそうとあのドラマ、少々ストーリー的に無理があったようだが、最後はどう整合性をつけるのだろうか。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-09-11 00:00 | 雑記 | Comments(0)


<< iPod miniの消滅は時期尚早 DJが来る >>