レブロンはジョーダンに匹敵する存在になったか

場所によっては、レブロンはジョーダンを越えたか、という表現になっている場合もある。
要は、レブロンとジョーダンの比較である。
レブロンが対DETシリーズで活躍した後、アメリカの主要メディアのサイトでも日本のNBAファンの掲示板でも、こういった論議が盛んにおこなわれている。

これ自体は特に不思議な事ではない。
少年時代から将来を嘱望され、意図的に背番号23をつけ続けてきた選手としては、常にMJと比較されることが当然と言っていい。
むしろ、比較に値するぐらいの活躍を続けてもらわねば困るのである。

レブロンだけが特別というわけではない。
SG-SFの選手が大活躍をするたびに、マスコミは必ず言っていいほどMJと比べる。
MJに匹敵する、MJを越えたと表現することが人々にとって最も分かりやすく、またセンセーショナルだからだ。
アリーナスが活躍すればアリーナスをとりあげるだろう。
それを考えると、比較対象となるのはSG-SFだけではなく、ビッグマン以外のすべてのポジションとなる。

MJとの比較論議が起こること自体は、まあ言ってみれば大したことではない。
ありふれている。
引退してからも常に比較の対象となることが、偉大な選手の宿命だ。

先日mixiのNBAコミュニティで、やや気になる書き込みを見つけた。
MJファンの方のものである。
ジョーダンのプレイ、成績、印象などすべての要素を挙げ、「レブロンよりジョーダンが上だ」と書いていた。
一言で言えば、「必死」であった。

こういう書き込みを見ることは、あまり嬉しくない。
旧MJファンとして、あまり嬉しくない。
僕は引退した選手のファンであるということをしないので、「旧」と書いた。
NBAファン歴を通じて僕が最も応援したのはマイケル・ジョーダンだ。

僕に言わせれば、レブロンはいまだMJの比較対象ですらない。
何回も優勝し、MVPを獲得し、得点王をとり(もっともこれは彼のプレイスタイルからして現実的ではない)、その後にようやく「どれ、少しはMJに近づいたか」と考え始めればよい。
僕は今、LBJを応援している。
だからこそ、こう思うのかもしれない。

MJは巨大だ。
途方もなく、巨大な存在だ。

米メディアがジョーダンの引退以来、MJ越え論議をしてきたことにもそれは示されている。
ジョーダンを越える選手がいないからこそ、ジョーダンは常に指標であり続けているのである。

日本のMJファンは、焦る必要はない。
ジョーダンはあなた方が思うよりもはるかに、はるかに高い壁だ。
[PR]
by SAKICHI_I | 2007-06-10 00:26 | NBA関連 | Comments(4)
Commented by ドラ at 2007-06-11 08:05 x
比べたくなるファン心理って言うのも分かりますけどね。両方とも凄い選手なので、プレーを楽しみたいですね。レブロンが引退したら色々と比較すればいい。ボクシングでもよくありますけどね。アリとタイソンはどちらが凄かったか、とか。居酒屋話なんですよね。
Commented by 佐吉 at 2007-06-11 11:22 x
>ドラさん
ボクシング界でもありますか(笑)。そうでしょうねえ。興味深い話題ではあります。
ただ、ちょっとした、と言うとなんですがMJと比べればちょっとした活躍をした時点でさかんに比較するのはMJファンの反発を招きますし、無用の混乱をまねくと思います。
Commented by しんかい at 2007-06-11 18:42 x
ほんとうに同感です。MJを選手として比べてるのを見るたびにゲンナリします。
時代を越えて1on1をコービやレブロンとすれば、もしかしたら負けるかも知れませんが、それがなんだという感じですね。
Commented by SAKICHI_I at 2007-06-12 00:15
>しんかいさん
何かあるたびに「さあ越えた」「越えない」という声が出てきますからねえ(笑)。1シーズンや2シーズンでどうこうできるものではありません。ゆったりと見ていきたいです。


<< NBA Finals Game... ファイナル1 >>