1/17雑記

年始からずっと体調が悪い……

年末年始に見たテレビとかDVDとか

■『トランスフォーマー』
あれだけすごいCGを使いながら、ここまでつまらん映画を作れるという見本。

■『十二人の怒れる男』
上の映画と逆。白黒。全編の99%が同じ部屋の中のシーン。派手な画面は一切無し。それでも、最初から最後まで一瞬も画面から目をそらすことができなかった。これぞ正真正銘の名画である。

■『武士の一分』
いくら何でも、話が地味すぎる。別にキムタクのファンではないが、ここまで地味な映画ならキムタクを使う意味がない。

■『篤姫』(NHK大河ドラマ)
宮崎あおいが日本髪にして可愛くないのが致命的にまずい。それこそCGを使って事前にチェックしておくべきだった。
[PR]
by SAKICHI_I | 2008-01-18 00:31 | 雑記 | Comments(2)
Commented at 2008-01-19 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2008-01-19 19:02
>鍵コメさん
そんな事があったんですかー。何はともあれ、体調が戻りつつあるとのことで、何よりです。僕の方は全くおおごとになりそうな事ではありませんので、気が滅入るとか言っている場合ではありませんね(^_^;)
いずれにしても完治されることを祈っております。

オールスターの投票、そうなんですよ、まだしてないんですよ。基本的に、アメリカの方々が見たい人を選べばいいじゃん、ぐらいに思っていまして。ダンクコンテストが今年はグダグダにならないか、それを心配しています。


<< 白ける話 戦慄 >>