いらっしゃい

b0054053_2329847.jpgb0054053_23293292.jpgb0054053_23295471.jpgb0054053_23301514.jpg
ギブソンが6週間欠場するということを知ってはなはだテンションが下がったが、このトレードを知った時は喜んだ。
APの記事には、トレード締切の1分前にキャブスGMのフェリーがNBA事務局に電話した、てなことが書いてある。
ほんまかいなというような話だ。

IN
ベン・ウォレス(←ブルズ)
ジョー・スミス(←ブルズ)
ウオリー・ザービアック(←ソニックス)
デロンテ・ウエスト(←ソニックス)
OUT
ヒューズ、グッデン、シモンズ、ブラウン(→ブルズ)
ニューブル、マーシャル(→ソニックス)

わたしゃ嬉しい。
まさか………まさかあのヒューズを、シュートを10本打って7本外すことを毎日毎日、いや毎年毎年繰り返しているヒューズを。
引き取ってくれるチームが、この世にあったとは。
ヒューズがキャブスでの契約が切れる前に出て行くことが、現実になるとは。
万に一つも、無いと思っていた。
だから今季のプレーオフを考えると、気が重くなった。
今季のキャブスに、去年からの戦力増強は無い。
ヒューズは健康だが、この選手が出ない方がチームは勝つ。
従って健康なヒューズ、というマイナス要因さえあった。
それが、このどんでん返しのトレードである。

ベン:もと守備王の意地に期待したい。シカゴでのていたらくは、この選手がどのチームでも活躍するわけではないことを明らかにした。キャブスにフィットすることを祈る。
ジョー・スミス:期待外れのドラフト1位から堅実なロールプレイヤーになったという、割と珍しい選手である。グッデンよりリバウンドは弱いが、シュートの正確さと状況判断力は上。
ザービアック:不安要素。あまりボールを持たせると、この男のおかげで勝つ試合、逆に負ける試合が多発する。
デロンテ:才能のある選手だとは思うが、どっちかというとSG的プレイで貢献する選手なので、PG路線への変更を期待。

なぜブルズはヒューズを獲ったか?
いくつかのコラムを読んだところ、
(1)ゴードンと再契約する気がない(2)シカゴのオフェンスでは、ヒューズは活躍できる
というような事が書いてある。
それにしても、よりによってヒューズ獲得とは……。
あり得ん。

3年前ダニー・フェリーがヒューズと長期高額契約を結んだのは、とんでもない愚行だった。
その愚行はいま、他チームの愚行によりフォローされた。
ありがとう、ジョン・パクソン。
[PR]
by SAKICHI_I | 2008-02-22 23:31 | NBA関連 | Comments(4)
Commented by コウ at 2008-02-23 12:16 x
MIXIではこのトレード結構「失敗」って意見が多いみたいですよ

「なんでビビーやキッドじゃないの?」って。さすがにヒューズでそれは無理だろうと思うんですが。

僕は佐吉さんと同じで、今動くならこの結果は最高の部類なんじゃないの?って思うんですけどね。
とりあえずてザビアックとバレジャオの切れる再来年までこのメンバーでがんばって・・・ってレブロンがまだ若いからそういう悠長な動きでも何とかなりそう。

しかしこれでサラリ的にはあと2年完全に身動き取れなくなったのも事実。
もしもベンウォレスがベンチの癌となったらもうトレード不可、バイアウトしかないってのが怖いところでしょうか。
Commented by SAKICHI_I at 2008-02-23 18:13
>コウさん
mixiではそうですか。実は僕も一応メンバーになっているので、よろしければそれが話題になっているトピックを教えていただけないでしょうか。決して喧嘩を売ったりはしません(笑)
なぜキッドでないかは、断られたんでしょう(^_^;) これはチームとしてもレブロン自身も最も獲得を優先していたでしょうが、交渉相手があることですからねえ。
僕としてはとにかく、ヒューズを出せたことが嬉しくて嬉しくて。しかもZもギブソンも出さずにすんだ。交換相手にそんな贅沢は言っていられないです。ベンの不安材料としてはコウさんが書いているように、不満を口にしてチームの和を崩すのではないかと。シュート力0なのにオフェンスに参加させろとか、あの選手はいまいち自分を把握できてません。
サラリー総額は確かに莫大な額になっちゃいましたが、いま数百万ドル惜しんでも、どうせキャップが空くわけではないですからねえ。仕方ないと思ってます。
Commented at 2008-02-23 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAKICHI_I at 2008-02-24 01:22
ありがとうございます~。
本当に、否定的意見が多いですねえ。PGが欲しかったのは確かですが、そうでなければ全然だめだという考え方には同意できません。本来トレード交渉てのはものすごく厳しいもので、いい選手をとるためにはいい選手を出さないといけないし、その逆も同様。その中でヒューズを出しながら、貢献する可能性のある選手をとったことは評価されるべきだと思います。
西でああいうトレードがあったので、キッドでもビビーでもとれる、と思った人がいるのかもしれません。ビビーに関してはシュート不調が長すぎるので、ちょっと不安でした。
ヒューズはWASの最終年に活躍し、CLEと高額契約を結んだことは、本人にとっても不幸だったのかもしれません。あの額では点をとらなければ許されない。でCLEのオフェンスに合わないにもかかわらず打ち、落とすという感じで悪循環に陥りました。


<< プレーオフ直前。というかあと数十分 キッド→ダラスをディビアン・ジ... >>