Boston 76, Cleveland 72

とんでもない貧打戦だった。勝率1位のチームと、昨季の東覇者の闘いとは思えん。西のNOH-SA、LAL-UTAとはえらい違いである。
レブロンは今日の試合、プロ入り以来最悪のゲームの一つだった。去年のファイナルだと「抑え込まれた」のだが、今日はレブロン自身が勝手に落とした。ディフェンスはもちろん厳しかったのだが、あの程度はいつものことだ。
現時点で、セルティックスは全然強くない。ホークスが3勝したのは彼らが健闘したこともあるが、やはりBOSの方がおかしかった。
ベン・ウォレスの健闘が印象に残った。ガーネットのステップに、彼だけがついて行っている。
いまのところ、両方とも弱い。今後はどうなるか、まったく予想がつかない。
[PR]
by SAKICHI_I | 2008-05-08 00:55 | NBA関連 | Comments(0)


<< Boston 89, Clev... 5/4までのNBA >>