男前

久々に「男前」を見た。

b0054053_1145920.jpg

試合の観戦を始めると、意外と緊張してない自分がいることに気がついた。「ここまで来たら、どっちが勝ってもええやん」というような気持ちである。
しかしそれでも、ピアースが怪我をした時のあの痛がり方と、人々にかかえられてコートを出て行くのを見た時は、ボストンの観客ほどではないだろうが絶望の淵に落とされた。これでLALの優勝が決まったのか、と思った。
だから、ピアースが数分後に歩いてコートに戻って来た時は驚いたし、そのまた数分後に連続3ptを決めた時は、ボストンの観客と同じように一人スタンディングオベーションをした。

ピアースの怪我と復活はドラマとなったし、その事がセルティックスのこの勝利をただの1勝ではなく、重みのある1勝とした。
だが単純に考えれば、この怪我はBOSにとって大きな不安材料である。
ピアースが早く戻ってきたことから、怪我は案外重くはないのではないか、という見方もある。しかしコートに戻った後のピアースは僕が見ても、脚の動きがおかしかった。足首の動きが硬いと思った。足首にガチガチにテーピングをしたのか、と思ったのだが、これは勘違いだった。故障をしたのは、膝だった。
あまりドライブインをしなかった。これも怪我の影響を示すものだと思う。

怪我によりドラマ性が増したなどということは、勝った後で初めて言えること。怪我がファイナルの楽しさを損なうことだけは、起こってほしくない。

Boston 98, LA Lakers 88 Celtics lead series 1-0
[PR]
by SAKICHI_I | 2008-06-07 11:46 | NBA関連 | Comments(4)
Commented by ドラ at 2008-06-08 01:01 x
ピアースはかっこ良かったですね。ロッピーに引っ込んだときは、いただきと思いました。それだけに、戻ってきた後の連続3ポイントは震えました。こういうシーが見たくてファンをやっているようなものだから。どちらも頑張れ!いいゲームを見せてくれ♪
Commented by SAKICHI_I at 2008-06-08 11:19
ドラさん、「ロッピー」て書いてます!PIとKAはかなりキーの位置が違うはずですが(笑)
怪我はない方がいいですが、これからも名シーンを見たいですね。土日に試合が一つもないことがちょっと腹立ってますが(^_^;)
Commented by ドラ at 2008-06-08 11:31 x
これはすいません&恥ずかしい。丁度友達とチケット取りの打ち合せをしてたから、ロを選ぶとロッピーが出てしまいました。コメントを読み返さないのが悪いですね。気を付けます。
Commented by SAKICHI_I at 2008-06-08 19:14
なるほど、予測変換でしたか(笑)
納得しました。


<< 6/9 ボストン×LA >>