<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マイケル・フィンリーSA入りの件

hoopshypeによれば、初年度約260万ドルの3年契約らしい。
状況としてはカール・マローンがLAレイカーズに入った時と似ているが、あの時と比べるとあまり腹が立たない。

一つには、前年優勝したチームに低額の契約で入団することで名誉を失うのは選手本人だから、好きなようにすればよい。
それから、フィンリーがマヴスから切られてFAになった経緯。
周知のように、例の 『救済条項』 を適用された。
これも周知だが、この 『救済条項』 によってチームが節約できるのは、もし解雇していなければラグジュアリー・タックス免除額を越えていた部分の金額のみ。
サラリーキャップは空かないから、戦力的にはただのマイナス。
しかもその選手を他のチームに獲得される危険性をもこうむる。
……ということは、よほどの 「役立たず」 でなければこの条項を適用されない。
あるいは、この条項が別名 「アランヒューストン・ルール」 と呼ばれているように、サラリーと実際の働きの差が著しく大きい場合。
いずれにせよこのルールを適用されることは、選手への評価が地をはうほどに低いことを示す。

以前bergerさんが採りあげておられたが、フィンリーと同じく救済条項を適用されたNYKのジェローム・ウィリアムズは、まさにこのルールを適用されたことで引退を決意した、と語ったそうだ。
解雇のされ方としては、NBA史上でも類例がないほど屈辱的である。

フィンリーは一度チームから、背中に 「不要」 の刻印を鮮明に押された。
従って、これからキャリアを終えるまでの数年は、彼にとっては 「余生」 だ。
余生なら、自分の好きなようにすればいい。

ただしフィンリーの場合は必ずしも縁側で茶を飲んでいるだけではなく、少なくとも高額契約でなければ充分働ける機会がある。
僕としてはサンズに入って欲しかったが、残念ながらそうはならなかった。
[PR]
by SAKICHI_I | 2005-09-03 21:38 | NBA関連 | Comments(3)